Just another WordPress site

スキンケアの問題別(乾燥肌・そばかす・シミ・しわなど)

  • HOME »
  • スキンケアの問題別(乾燥肌・そばかす・シミ・しわなど)

スキンケアの問題別(乾燥肌・そばかす・シミ・しわなど)摂りたいサプリメント

美肌

動物性たんぱく質を控えめにして(決して摂らないということではありません)、マルチビタミンとマルチミネラル、食物繊維、きちんと摂りましょう。
食物繊維は水溶性、不溶性をバランスよく摂ることを心がけてください 髪の毛の成分と、美肌スキンケアの成分は共通点が多いので、「ヘアケア」ページもご覧下さい

意識して摂りたいサプリメント

ビタミンB群、ビタミンC(ビタミンP)、ビタミンE、ベータカロチン(ビタミンA)、亜鉛サプリメント、アントシアニン 、食物繊維、大豆レシチン、ビオチン(ビタミンH)、スクワラン(スクワレン)外用、UVカットのPABA、グルコサミンとコンドロイチン、アルファルファ、プロポリス、EPAとDHA(オメガ3)、ホーステール(シリカでお肌ひきしめ)、MSMサプリメント

ニキビ

アメリカではレチノールというビタミンAクリームがニキビ改善に効果があるとして人気がありますが、ベータカロチンから作られたビタミンAにも同様の効果が確認されています。
ベータカロチン(ビタミンA)はニキビなどの肌荒れに悩まされている方には是非お摂りいただきたいサプリメントの1つです。
但し、ベータカロチンは効果の出る方と、逆に症状の悪化してしまう方がいます。
どちらかと言うと、若い方にはあまり効果が出ず、症状が悪化するケースも見られるようですので、摂取にはご注意ください。

意識して摂りたいサプリメント

ベータカロチン(ビタミンA)、ビタミンB群、ナイアシン、亜鉛サプリメント、アシドフィルス菌、ビオチン(ビタミンH)、食物繊維、ビタミンC(ビタミンP)
パントテン酸 ヨウ素(海草類)はなるべく控えてください。

吹き出物

ベータカロチン(ビタミンA)はニキビだけでなく吹き出物などの肌荒れに悩まされている方にも是非お摂りいただきたいサプリメントの1つです。
但し、こちらもベータカロチンは効果の出る方と、逆に症状の悪化してしまう方がいます。
どちらかと言うと、若い方にはあまり効果が出ず、症状が悪化するケースも見られるようですので、摂取にはご注意ください。

意識して摂りたいもの

ベータカロチン(ビタミンA)、ビタミンB群、ナイアシン、亜鉛サプリメント、アシドフィルス菌、ビオチン(ビタミンH)、食物繊維、ビタミンC(ビタミンP)
パントテン酸

乾燥肌

肌にきちんと油分を補ってあげないと、すぐに水分が蒸発して乾燥しやすい肌になってしまいます。
ヒアルロン酸でお肌の水分を、EPAとDHA(オメガ3)でお肌の油分を補ってあげることにより、外からのスキンケアだけでなく、体内からきちんと改善してあげましょう。

意識して摂りたいサプリメント

EPAとDHA(オメガ3)、ヒアルロン酸、スクワラン(スクワレン)外用、ベータカロチン(ビタミンA)、ビタミンB群、MSMサプリメント、ビオチン(ビタミンH)

かゆみ

意識して摂りたいサプリメント

アスタキサンチン、パントテン酸、ヒスタミンブレンド、ビオチン(ビタミンH)

あせも

意識して摂りたいサプリメント

EPAとDHA(オメガ3)、ヒアルロン酸、ビオチン(ビタミンH)、パントテン酸

やけど

意識して摂りたいサプリメント

亜鉛サプリメント、ビタミンE、ビタミンC(ビタミンP)、ビタミンP、ベータカロチン(ビタミンA)、ビタミンB群、MSMサプリメント

しみ

加齢と共に出て来るしみは、10代の頃などに浴びた紫外線の影響が、皮膚が薄くなると共にシミとして表面に出てきてしまうことにもよります。 ヒアルロン酸とEPAとDHA(オメガ3)で水分と油分のバランスの良い肌を作って、皮膚を厚くしてあげましょう!

意識して摂りたいサプリメント

L-システイン、UVカットのPABA、ヒアルロン酸、EPAとDHA(オメガ3)、アントシアニン

シワ

シリカ(ケイ素)はコラーゲンを束ねて、結合組織を強化します。
不足すると、爪が割れる、髪が抜ける、皮膚がたるむ、腱や血管が弱くなるなど、健康と美容の両面で大切な役割をしています。
肌の材料となるサプリメントなどを摂って、美肌を手に入れてください。 髪の毛の成分と、皮膚の成分は共通点が多いので、そちらもご覧下さい

意識して摂りたいサプリメント

アントシアニン 、EPAとDHA(オメガ3)、ホーステール(シリカでお肌ひきしめ)、MSMサプリメント、ヒアルロン

そばかす

意識して摂りたいサプリメント

UVカットのPABAを(10−20mg)、EPAとDHA(オメガ3)、ヒアルロン酸、アントシアニン 、L-システイン+ビタミンCサプリメント

青あざ

意識して摂りたいサプリメント

ホーステール(シリカでお肌ひきしめ)、MSMサプリメント

肌のトラブルの原因を知る

女性であれば、毎日化粧をされるので、ご自分の肌の具合を的確に把握されていらっしゃると思います。
日本人では肌のトラブルの原因として、最もポピュラーなものは、偏食、不規則な生活、乾燥、ストレス、といわれています。

偏食では、動物性たんぱく質の摂取過剰が、最も良くないといわれています(決して摂ってはいけないという意味ではありません)、野菜や果物とのバランスが大切です。
食物繊維には、水溶性(海草類に多い)と不溶性(野菜類に多い、動物性ではキトサンが有名)があり、イロイロな種類の食物繊維をバランスよく摂って下さい。
ビタミンやミネラルが豊富ですし、腸内の腐敗便を排出したり、生体のバランスをとる役割を担っています。

食物繊維を多く含む食べ物は、比較的硬いものが多いので、咀嚼が問題になる方は、煮てもすりつぶしても、効果は変わりません。
ぜひ、意識して食物繊維を多く摂ってください、特に年輩の方には食物繊維は必須です。

また、マルチビタミン剤には、スキンケアや健康に良いものが多く含まれ、それらが相乗効果で肌の具合を良くしてくれるはずです。
ぜひ、美肌スキンケアのためにもビタミンやミネラルについての知識を、深めてください。

アメリカでは、女性のためのサプリメントが豊富です。
その中には、美肌スキンケアを考えた商品も多く見受けられ、大変に人気があります。
偏食による女性ホルモンのバランスの乱れなどに効く、ハーブや漢方を中心としたサプリメントなので、安心してお使いいただけます。

不規則な生活(特に夜ふかしと夜食)は美肌の大敵です。
ヒトは夜中の1時から朝の5時までの間に、脳下垂体から成長ホルモンを分泌します。(若年層ばかりではなく、年輩の方でもです) この成長ホルモンが、細胞分裂を促し細胞や組織を新生させ、健康や美容に大いに役立っているわけです。
細胞や組織の新生は肌を蘇らせるだけでなく、細胞分裂にはエネルギーを必要としますので、ダイエット効果もあるわけです。

この成長ホルモンは、寝ている時、空腹時、強度の運動を行っている時に分泌されます。
つまり、夜中の3時まで起きていて、寝る前に夜食なんか食べていれば、もう最悪なことは言うまでもありません。
ただ、ヒトは25歳を過ぎると、成長ホルモンの分泌は徐々に衰えていきます、それを補うサプリメントもアメリカで、かなり人気があります。
細胞の新生など、スキンケアにも有効なビタミン・ミネラルは、別にレポートを設けておりますので、こちらをご覧下さい。

ストレスについては、ストレスを解消するための項目を設けています、「ストレス解消&疲労回復」またはストレスのトップページをご覧下さい。

美肌スキンケア

お気軽にお問い合わせください TEL 0120-077-273 平日 10:00~17:00
携帯からは03-6277-0346

PAGETOP
Copyright © Since 1999-2016 AMERICAN VITAMIN SHOP. All Rights Reserved.