Just another WordPress site

セルライトはスキンケアとダイエットの問題です

  • HOME »
  • セルライトはスキンケアとダイエットの問題です

セルライトはスキンケアとダイエットの問題です 1

最近は日本でも夏に食中毒が増えているそうですね。
( セルライトと繋がりが無いようですが、後々関係してきますのでチョットお付き合いください。)

どうも日本人の免疫力が落ちてきているようなんです。

20年ほど前ですが、やはりアメリカでも同様に免疫力の低下が問題になっていたそうです。
これには、たんぱく質の合成力の低下や、肝機能の低下が大きく影響していたようです。

その原因は、FDAの調査では、食事からの ビタミンや ミネラルの不足が関係していました。

栄養不足により免疫細胞を作るためのたんぱく質が、キチンと作られなかったり、弱い食中毒菌の出す毒素も肝機能の低下(やはりたんぱく質合成の低下で起こります)で、無毒化することができずに食中毒が起こってしまうそうです。

今の日本の平均的な食事を考えると、日本人のたんぱく質合成の低下は、栄養不足の可能性が高いのではないでしょうか?

次項も続きをお送りします。

セルライトはスキンケアとダイエットの問題です 2

マリンコラーゲンこのたんぱく質合成の低下は、健康や美容などの広い範囲で問題を起こします。

例えば、たんぱく質は1gで4キロカロリーあり、糖分(炭水化物)と同じカロリーなのです。

もし、たんぱく質の合成がスムーズにいけば、多くのたんぱく質はアミノ酸に分解されて体内で再度たんぱく質として組み立てられて体を作ったり、(細胞の新生= コラーゲンの合成)免疫機能をUPさせたりと、本来の使い方をされるのですが、たんぱく質合成がスムーズに行かない場合、たんぱく質は1gで4キロカロリーとしてエネルギーになってしまうのです。

通常は脂質と炭水化物がエネルギーとして使われ、たんぱく質は使われませんので1日の摂取カロリーのうち、たんぱく質分の1/3~1/4はエネルギーとして使われないわけです。

しかし多くの方がたんぱく質をうまく代謝できずにエネルギーになってしまっているために、脂肪や炭水化物が使われずに脂肪として蓄積されてしまい肥満の原因になるわけです。

次項も続きをお送りします。

セルライトはスキンケアとダイエットの問題です 3

たんぱく質の代謝異常は、その他にも スキンケアの問題や先ほどの免疫力の低下など様々な問題を引き起こします。
ご注意ください。

たんぱく質は細胞内組織のリボソームという組織で作られますので、たんぱく質代謝が弱いと感じる方は、 朝鮮人参(高麗人参)や ビタミンB群や 亜鉛( マルチビタミンも可)などの サプリメントで、十分な栄養補給をして体質改善を試みてください。

それでは前にお約束したとおりに、 セルライトについてアメリカのサイトで調べた内容を発表させていただきますね。

セルライトというと皆さんはダイエットの問題として捉えていますか?
それともスキンケアの問題として捉えているでしょうか?

日本では セルライトによって発生する問題は、ダイエットの問題として捉えられていることが多いようですが、アメリカでは スキンケアの問題としても、かなり重要なファクターを含んでいると判断されているようです。

次項も続きをお送りします。

朝鮮人参(高麗人参) ビタミンB 亜鉛 マルチビタミン

セルライトはスキンケアとダイエットの問題です 4

まずダイエットの問題ですが セルライトは取れにくい脂肪であると認識されていると思います。
確かに脂肪燃焼で使いきることが難しい脂肪であることは間違いありません。

皮膚は表皮、皮下組織(基底細胞、毛細血管)、真皮という構造になっており、その下に脂肪組織があります。

セルライトの合成は、基底細胞の下の毛細血管から滲み出した、水分や老廃物が真皮の下を通ってしまい、脂肪組織に漏れ出し、白色脂肪細胞に水分や老廃物が取り込まれることで起こります。

つまり血管から滲み出した水分がセルライトの原因となっていますが、多くの場合、それは むくみとして現れてきます。

セルライトの原因の1つがむくみであることを憶えておいてください。

次項も続きをお送りします。

ダイエットカロリーコントロール

セルライトはスキンケアとダイエットの問題です 5

白色脂肪細胞には、通常は脂肪だけが取り込まれていて、脂肪燃焼リパーゼというホルモンの刺激を受けて血液中に脂肪の放出を行っています。

しかし、 セルライト化した白色脂肪細胞には、純粋な脂肪以外に様々な老廃物が含まれますので、脂肪燃焼リパーゼの刺激を受けても通常の10%~30%ほどしか老廃物を含む脂肪を放出しません。
(ただし、これは運動などをチャンとしている方の数字です、セルライトができるタイプの方は、もともと脂肪燃焼リパーゼの分泌が非常に少ないので、この数字は出せません)

これがセルライトという脂肪がとれにくい原因なのです。

セルライトを起こす方はもともと脂肪が溜まりやすい方ですので、普通に生活していては益々 セルライトが増えてしまい、脂肪燃焼リパーゼによる脂肪の血液中への放出が困難になってしまいます。

次項も続きをお送りします。

セルライトはスキンケアとダイエットの問題です 6

セルライトを改善するには積極的な脂肪(老廃物を含む脂肪です)の放出しか方法がありません。

共役リノール酸アミノ酸ダイエット脂肪の放出のためには脂肪燃焼リパーゼの刺激が必要ですので、肩の部分にある褐色脂肪細胞を活性化して、脂肪燃焼リパーゼをたくさん作ってあげる必要があります。

褐色脂肪細胞の活性化には、 共役リノール酸( トナリン CLA)や アミノ酸ダイエットが高い効果を発揮しますが、それだけでは足りず、無酸素運動による 成長ホルモンや、有酸素運動による アドレナリンの分泌が必要です。

活性化した褐色脂肪細胞は、成長ホルモンとアドレナリンの刺激を受けて脂肪燃焼リパーゼを作りますので、 サプリメントによる褐色脂肪細胞の活性化と、成長ホルモンやアドレナリンの分泌は、 セルライトを減らすためには必須です。

次項も続きをお送りします。

セルライトはスキンケアとダイエットの問題です 7

セルライトができている方の大部分が、運動不足により肩の褐色脂肪細胞が不活発になっていて、脂肪燃焼リパーゼの分泌が鈍っているという報告があります。

そのため、それを活性化してくれるサプリメントは、十分にお役に立てるのではないかと思います。

脂肪燃焼リパーゼが脚の セルライトに届いてくれれば、とりあえず老廃物混じりの脂肪が、少ないながらも白色脂肪細胞から吐き出されますので、この方法で根気良く改善していくという方法が良いと思います。

もちろん、お風呂などで40分くらい温まってからセルライト部分を数10分間マッサージする方法もありますが、脂肪燃焼リパーゼの効果には遠く及びません。

やはり運動というものは必要だと思います。

次項も続きをお送りします。

ダイエットカロリーコントロール

セルライトはスキンケアとダイエットの問題です 8

上記の方法については所謂、 脂肪燃焼型ダイエットサプリメントの一部と同じですので同様のことを試されている方も多いのではないかと思います。

そういった方にお聞きしますが、 セルライトは本当に無くなっていますか?
(この質問は脂肪燃焼型ダイエットサプリメントを効果的に使用されていて、尚且つ、脚を中心にした運動をキチンとしている方に対してだけ行っています。
そういった努力(特に運動です、脂肪燃焼型ダイエットサプリメントは無くても可)をしていない方は、無視していただいて結構です)

実は正しい方法をもって脂肪燃焼リパーゼの分泌を行っている方の中には、セルライトがまったく取れないという方も多いのです。

今までこれ見よがしに提示してきた改善方法を、真っ向から否定するようなことを言って本当に申し訳ないのですが、これがセルライトがダイエットの問題だけに留まらず、アメリカでは スキンケアにも問題が及んでくると、冒頭で申し上げたことと関係してくるのです。

次項も続きをお送りします。

セルライトはスキンケアとダイエットの問題です 9

先に皮膚の構造について記していますが、実は皮下組織の毛細血管から水分が滲み出すのは、むくまない方でも常時起こっていることなのです。

詳しく説明しますと、動脈に繋がる毛細血管から水分その他が、皮下組織等に滲み出してきて皮膚の基底細胞に栄養を与えたり、基底細胞から排泄される老廃物を運び去っています。

これらの水分は、組織の間を通って今度は静脈側の毛細血管に集められて毛細血管から吸収されたり、リンパ管から吸収されたりして血液やリンパ液として環流します。

ですので、むくまない方、 セルライトにならない方でも、程度の差こそあれ水漏れの様なことは起こっています。

セルライトは むくみが大きな原因になっていますが、このむくみと水漏れはどこが違うのでしょうか?

むくみというのはひどい方だと、牛乳パック数本分の水分が脚の部分に溜まってしまい、夕方には脚がパンパンに張ってしまう現象ですね。

次項も続きをお送りします。

セルライトはスキンケアとダイエットの問題です 10

こういった方だと、朝起きると顔がパンパンになってしまっていることもよく起こります。

誰にでも起こっている水漏れというのは、滲み出した水分が組織の間を流れた後に、静脈側の毛細血管やリンパ管から吸収されて、キチンと循環している現象をいい、 むくみというのは滲み出した水分が、組織の間を重力によって行ったり来たりしているだけで、なかなか静脈側の毛細血管やリンパ管から吸収されない現象をいいます。

それではむくみをおこす方と、むくみをおこさない方はどこが違うのでしょうか?

それは血液を重力に逆らって上に押し上げる力があるかないかの違いです。

むくんだり セルライトになっている方は、脚を動かすことが少ないために脚への血流を上げる必要が無く、脚の動脈が細くなっている傾向にあります。

脚に降りてきた血液は、心臓のポンプだけの力で上に戻るのは難しいのです。

次項も続きをお送りします。

お気軽にお問い合わせください TEL 0120-077-273 平日 10:00~17:00
携帯からは03-6277-0346

PAGETOP
Copyright © Since 1999-2016 AMERICAN VITAMIN SHOP. All Rights Reserved.