Just another WordPress site

ビオチン(ビタミンH)と花粉症の関係

  • HOME »
  • ビオチン(ビタミンH)と花粉症の関係

ビオチンと花粉症の関係 1

ビタミンBビオチン基本的には アトピー性皮膚炎と アレルギー性鼻炎は別々の病気です。

しかし、 ビオチン( ビタミンH)が不足して起こる脂質代謝の異常も原因とされる非常に似通った病気と思って良いでしょう。

つまり、何れの病気にしても治し方はほとんど同じですので、それぞれの治し方を参考にできる訳です。

直し方が大きく異なる部分としては、アトピー性皮膚炎は皮膚を丈夫にしないといけないという部分がありますが、アレルギー性鼻炎の方の場合は、皮膚には問題がありませんので皮膚のケアは必要無いのですが、 花粉症症状を起こしてしまう粘膜が弱くなってしまうので、粘膜のケアをしてあげる必要があります。

ビオチン(ビタミンH)、あらゆる食物に含まれる ビタミンB群の1つですが、この食物に含まれるビオチン(ビタミンH)は、タンパク質と結合しているため、腸内で吸収されることはほとんどありません。

ビオチン(ビタミンH)が腸壁を通して吸収される条件は、ビオチン(ビタミンH)それ自体が遊離していることです。

次項も続きをお送りします。

ビオチンと花粉症の関係 2

ビオチン( ビタミンH)が不足すると、先の項で書いたように脂質の代謝に異常が起こり、免疫抗体であるグロブリンE(アレルギー性鼻炎の原因)の産出を抑制するTリンパ球の抑制細胞が不活発になり、大量のグロブリンEが産出され、 花粉症の症状が現れます。

アレルギー性鼻炎などの アレルギーの原因の1つといわれる、これら免疫抗体は、全部で4種類あり、グロブリンA、E、G、Mとよばれています。

このグロブリンEなどの産出を抑制するために、体内のシステムでは脂肪酸が使われます。

アレルギー性鼻炎治療によく使われるのでご存知の方も多いと思いますが、 EPAと DHA( オメガ3)や αリノレン酸(アルファリノレン酸)、 ガンマリノレン酸(γリノレン酸)という脂肪酸です。

「栄養学とサプリメントのアレルギーの 花粉症について1~14」でもご紹介していますが、粘膜の炎症を直接引き起こす炎症系プロスタグランジンという物質を抑制するための物質が、消炎系プロスタグランジンといわれ、これら脂肪酸から消炎系のプロスタグランジンが作られます。

次項も続きをお送りします。

花粉症のブロメライン

ビオチンと花粉症の関係 3

つまり整理していうと、 ビオチン( ビタミンH)が不足することによって、 EPAや αリノレン酸(アルファリノレン酸)などの脂肪酸が、消炎系のプロスタグランジンに換わることができずに、大量の免疫抗体グロブリンEが産出され、粘膜に沈着して、 アレルギー性鼻炎の症状が出てくるわけです。

ただ、 ガンマリノレン酸(γリノレン酸)などは大量に摂ってしまうと、それ自体が炎症系のプロスタグランジンの生成を促すことになるという実験結果もあり、摂取については詳しい知識を必要としますので、できましたら栄養学とサプリメントのアレルギーの「 花粉症について1~14」を精読してください。

また、最近のアメリカのアレルギー性鼻炎などのアレルギー抑制のための治療では、グロブリンEの産出を抑制するグロブリンGを増やすために、そのグロブリンGの材料となる 共役リノール酸( トナリン CLA)が使われることもあります。

EPAとDHA(オメガ3) αリノレン酸(アルファリノレン酸) ガンマリノレン酸(γリノレン酸) 共役リノール酸

お気軽にお問い合わせください TEL 0120-077-273 平日 10:00~17:00
携帯からは03-6277-0346

PAGETOP
Copyright © Since 1999-2016 AMERICAN VITAMIN SHOP. All Rights Reserved.