Just another WordPress site

ビオチン(ビタミンH)のアトピー性皮膚炎抑制効果

  • HOME »
  • ビオチン(ビタミンH)のアトピー性皮膚炎抑制効果

ビオチン(ビタミンH)のアトピー性皮膚炎抑制効果 1

ビオチン(ビタミンH)最近のアトピー性皮膚炎の研究では、ビオチン(ビタミンH)の脂質アレルギー抑制効果の研究が盛んに行われています。

アメリカでは多くの医師がアトピー性皮膚炎治療の臨床の現場で、ビオチン(ビタミンH)の大量処方で、かなりの効果を上げています。

以前は、このビオチン(ビタミンH)に関する効果については、皮膚の再生を促す効果が、その主たるものとして挙げられていました。

しかし、最新の研究では、ビオチン(ビタミンH)自身に脂質に対するアレルギー抑制効果があることがわかってきています。

アトピー性皮膚炎の場合、パッチテストなどでアレルゲンの特定をされている方が多いと思います。

そのアレルゲンの中に、脂質に対するアレルギーというテストがあれば良いのですが、してない場合も多いと思います。

次項も続きをお送りします。

ビオチン(ビタミンH)のアトピー性皮膚炎抑制効果 2

共役リノール酸(トナリンCLA)ガンマリノレン酸(γリノレン酸)アトピー性皮膚炎防止としてビオチン(ビタミンH)を試した方で、効果のある方は脂質アレルギーの可能性が高いのです。

つまり、リノール酸に対するアレルギーの一連の流れ
(リノール酸→ガンマリノレン酸→アラキドン酸→炎症性プロスタグランジン→発症)
によるアレルギー反応ではなくて、リノール酸そのものに対するアレルギーの可能性があります。

このリノール酸に対するアレルギーの場合、極力リノール酸を摂らないようにして、オレイン酸などの食用油を摂るようにして下さい。
しかし、リノール酸は食用油としては最も使われていますので、摂取を0にすることは、実際には不可能です。

そこで、共役リノール酸(トナリンCLA)というダイエットにも使われているサプリメントを摂取することで、リノール酸の脂質アレルギー効果を軽減することが可能です。

ビオチン(ビタミンH)と並行して共役リノール酸(トナリンCLA)を用いることで、より一層の効果が期待できます。

共役リノール酸(トナリンCLA)は最近になって研究が活発になってきたサプリメントで、アレルギー抑制の1つのキーとなると予想されるサプリメントです、詳しくはいずれ別のレポートで行いたいと思います。

アトピー性皮膚炎のビオチン(ビタミンH)

お気軽にお問い合わせください TEL 0120-077-273 平日 10:00~17:00
携帯からは03-6277-0346

PAGETOP
Copyright © Since 1999-2016 AMERICAN VITAMIN SHOP. All Rights Reserved.