Just another WordPress site

ビオチン(ビタミンH)の欠乏する原因

  • HOME »
  • ビオチン(ビタミンH)の欠乏する原因

ビオチン(ビタミンH)の欠乏する原因 1

善玉菌ビオチン(ビタミンH)アトピー性皮膚炎の方の血中のビオチン(ビタミンH)濃度を測って見ますと、健常者の半分ほどの濃度しかないという実験結果があります。

以前、栄養学とサプリメントのアレルギー対策の「なぜアトピー性皮膚炎患者は ビオチン(ビタミンH)が不足するか?」という項目で、ビオチン(ビタミンH)の不足する原因をご紹介しましたが、様々な生活習慣などによっても、ビオチン(ビタミンH)の不足が発生しますので、今回はそれらのご紹介をしたいと思います。

まず、薬品の摂取によって発生するビオチン(ビタミンH)の不足についてです。

様々な病気に効くとして、よく抗生物質が使われます、この抗生物質は悪い病原菌を体の中で退治してくれるわけですが、同時に、腸内に生息する善玉菌(乳酸菌 腸内細菌)等の腸内細菌を死滅させてしまう原因にもなります。

以前にも、ビオチン(ビタミンH)は食べ物から摂取することはできず、善玉菌(乳酸菌 腸内細菌)によって作られたビオチン(ビタミンH)を吸収して、体内で使っているということをご紹介しましたが、抗生物質が腸内でビオチン(ビタミンH)を作る腸内細菌をすべて殺してしまうため、抗生物質を摂っている方は、かなり高い確率でビオチン(ビタミンH)不足を発生させます。

次項も続きをお送りします。

ビオチン(ビタミンH)の欠乏する原因 2

食物繊維薬品の場合、抗生物質以外でも、腸内環境のバランスを崩す原因になるものがあります例えば、癲癇(てんかん)の薬を摂っている方も、ビオチン(ビタミンH)の不足が発生しますのでご注意ください。

下痢をしやすい方、または長い間下痢が続いている方も、善玉菌(乳酸菌 腸内細菌)が排泄されている可能性が高いので、ビオチン(ビタミンH)不足に陥る場合があります。

タバコも体内でニコチンなどの有害物質を代謝させるために、大量のビオチン(ビタミンH)を消費しますので、ヘビースモーカーの方などは常にビオチン(ビタミンH)不足に陥る可能性があります。

入院などによって長期間、食物を口にできない場合も、善玉菌(乳酸菌 腸内細菌)と悪玉菌のバランスが悪くなり、ビオチン(ビタミンH)不足を引き起こします。

脂っこい食事が好きな方も、ビオチン(ビタミンH)の不足を引き起こします。
その他の食事関係では、野菜などの食物繊維をあまり摂らない方も注意が必要です。
これらに該当する方は、サプリメントでの摂取をおすすめします。

アトピー性皮膚炎のビオチン(ビタミンH)

お気軽にお問い合わせください TEL 0120-077-273 平日 10:00~17:00
携帯からは03-6277-0346

PAGETOP
Copyright © Since 1999-2016 AMERICAN VITAMIN SHOP. All Rights Reserved.