Just another WordPress site

ビタミンやミネラルの補給による疲労回復

  • HOME »
  • ビタミンやミネラルの補給による疲労回復

ビタミンやミネラルの補給による疲労回復

マルチミネラルマルチビタミン食の西洋化によるビタミンやミネラルの栄養不足による 疲労回復の困難が問題となっています。
ヒトは体の機能を正常に保つために 多種類の ビタミンや ミネラルを必要とします。
これらの必須栄養素が欠乏すると 疲労を感じるわけですが、その欠乏の症状として一般的なものを以下に記します。
もし、疲労回復が難しく、しかもこれらの症状が見られない場合は、内臓疾患などの病気も考えられますので、一度病院で検査をしてみてください。

  • イライラする
  • 神経障害
  • うつ病
  • 無気力
  • 筋肉の痙攣
  • 筋肉痛
  • 皮膚疾患
  • 下痢
  • 腹痛
  • 食欲不振
  • パワー不足
  • 風邪などの感染症に頻繁に罹る
  • 爪に小さい白い斑点ができる

疲労回復の困難と共にこれらの症状がある場合は、時間はかかりますが、 マルチビタミンや マルチミネラルである程度の疲労回復は期待できます。
もし、半年~1年の摂取で疲労回復が見られない場合は、やはり病院で検査してもらうのが良いと思います。

疲労回復

エストロゲンと疲労回復

エストロゲンは、女性ホルモンといわれるホルモンの一種で、体内において400以上の作用を引き起こします。そのなかには疲労回復に関係する作用もあり、疲労回復においてはエストロゲンの存在は無視できないのです。
エストロゲンは、よく 更年期障害と結び付けられ、女性に特有の症状の多くがこのエストロゲンの減少が影響しているといわれています。更年期の女性の疲労回復困難などはこのエストロゲンが関係しているケースが多いようです。

DHEA大豆イソフラボンしかし最近の 疲労回復の研究では、男性もこのホルモンの影響を受けていることがわかってきました。( 女性ホルモンとはいっても、もちろん男性も分泌されています。ただ女性よりもその量が少ないだけです。)
中年期以降の男性の無気力感や疲労回復の遅れ、自殺願望などの多くが、このホルモンの分泌異常に起因するのではないかといわれています。
アメリカでは、女性だけでなく男性も 大豆イソフラボンを摂ることでこれらの疲労を改善する例が数多くみられます。ただし、通常女性の場合1日に最低40mgを摂取する必要がありますが、男性の場合はまだ症例が少ないため決まった数字が無いようです。
アメリカで行なわれている多くの実験をみる限りでは、10~40mgでの実験が多いようです。
また、 DHEAによる性ホルモンの分泌改善でもよい結果がでているようです。(現在では大豆イソフラボンよりもDHEAの方が男女ともに人気が高いようです。)

若年性更年期障害や生理不順と疲労回復

もちろん女性も、 エストロゲンの分泌異常で疲労回復の困難化を起します。

昔はエストロゲンの分泌異常というと、40~55歳の方に多く見られましたが、最近では無理な ダイエットや ストレスなどにより、若い方でも40%以上の方に生理不順や若年性更年期障害などのエストロゲンの分泌異常が多くみられ、疲労回復の遅れが起こっているようです。

生理不順などの問題を抱える方で、 疲労回復の困難を感じていらっしゃる方は、 エストロゲンの分泌異常によるケースが考えられます。
このようなタイプの方は、大豆製品を多く取り入れ、栄養バランスを考えた食事を摂ることで、生理不順が改善されたり、疲労回復がみられる場合が多いようです。
アメリカでは、大豆製品を食べる機会が少ないせいか、 大豆イソフラボンのサプリメントが非常に人気です。
大豆イソフラボンには 女性ホルモン様物質が高濃度で含まれ、1日40~80mgの摂取で女性特有の症状を改善したとのレポートが数多く存在します。
エストロゲンの分泌異常による疲労回復の遅れが疑われる方は一度試してみてください。

疲労回復

お気軽にお問い合わせください TEL 0120-077-273 平日 10:00~17:00
携帯からは03-6277-0346

PAGETOP
Copyright © Since 1999-2016 AMERICAN VITAMIN SHOP. All Rights Reserved.