Just another WordPress site

ビタミンAのアトピー性皮膚炎抑制効果

  • HOME »
  • ビタミンAのアトピー性皮膚炎抑制効果

ビタミンAのアトピー性皮膚炎抑制効果 1

ビオチン(ビタミンH)ビタミンA(ベータカロチン)ビタミンA(ベータカロチン)は最近のスキンケア商品として見直されてきています。

肌の基底細胞の分裂に関係し、分裂を規則正しく行うようにするため、肌のキメが細かくなるということで、レチノール(ビタミンA)入りのスキンクリームがニキビ対策などと称して人気を呼んでいます。

肌のトラブルの多くが、この基底細胞の細胞分裂異常から起こることが知られており、それらを正常にすることで、お肌のトラブルを解決します。

アメリカではベータカロチン(ビタミンA)を多めに摂る実験が行われ、アトピー性皮膚炎に効果を発揮しているとのレポートも存在します。

このベータカロチン(ビタミンA)の摂取は、扱いの難しいアトピー性皮膚炎の原因そのものを対象とせず、対症療法的な治療目的でこの実験が行われています。

他にはビオチン(ビタミンH)を大量に取ることも対症療法的な摂取といえます。
この方法は日本でも最近医師による処方が盛んに行われてきていて、アトピー性皮膚炎の改善に効果を上げています。

次項も続きをお送りします。

ビタミンAのアトピー性皮膚炎抑制効果 2

EPAガンマリノレン酸(γリノレン酸)と月見草オイルビタミンAは摂りすぎによる過剰症を引き起こすことが知られています。

ベータカロチン(ビタミンA)は体の中で必要量がビタミンAに換わるため、ビタミンAサプリメントを直接摂るよりも安全です。

アトピー性皮膚炎の皮膚炎は、細胞レベルで見てみると、痒みの元であるヒスタミンが活性酸素を使って細胞膜を攻撃し、細胞膜の脂質が酸化されて細胞そのものが壊されて、炎症を引き起こします。

そこで肌の基底細胞の細胞分裂を活発にすることで、炎症を起した細胞を早く表皮に押し出して、新しい細胞に換えていくことでアトピー性皮膚炎を予防します。

また、ベータカロチン自体にも、活性酸素を抑制し、アトピー性皮膚炎による肌の炎症を抑える働きがあります。

同実験を行った医師グループは、この方法は根本的なアトピー性皮膚炎の解決にはならないが、ガンマリノレン酸(γリノレン酸)と月見草オイルやEPAとDHA(オメガ3)などのサプリメントによる改善と並行して行うことで、お互いに良い方向に向かうのではないかと結論付けています。

アトピー性皮膚炎のビオチン(ビタミンH)

お気軽にお問い合わせください TEL 0120-077-273 平日 10:00~17:00
携帯からは03-6277-0346

PAGETOP
Copyright © Since 1999-2016 AMERICAN VITAMIN SHOP. All Rights Reserved.