Just another WordPress site

ビタミンA(ベータカロチン)の効果効能について

  • HOME »
  • ビタミンA(ベータカロチン)の効果効能について

ビタミンA(ベータカロチン)の効果効能について

ベータカロチン

通常の場合、ビタミンAの サプリメントに含まれるのは、動物由来のレチノールと、植物由来のカロチンとに分かれます。
レチノールは肝油やレバー、ウナギ、卵などに多く含まれ、カロチンは緑黄色野菜に多く含まれます。
皮膚や粘膜を正常に保つので、外部からのウィルスの侵入を防ぎ、 免疫力アップの効果が期待できます。
その他には、抗酸化作用があり、夜盲症を防ぎ色を見る力を強くします、たんぱく質の代謝に関係し、精子の形成( 不妊治療)にも効果が期待できます。

環境汚染下では、肺で ビタミンA(ベータカロチン)が多く酸化されます、 ビタミンEや抗酸化物質を補うなどして、ビタミンAの酸化を防止してください。

ビタミンAは アレルギー、関節炎、胃炎、胃潰瘍、緑内障、歯周病、ドライアイ、鳥目、肌荒れ、皮膚の角質化防止、脱毛などにも 栄養学の研究が進んでおり、効果が期待されています。
発育の遅れがある場合、ビタミンAの欠乏を疑ってみてください。
ビタミンAは過剰症があります。通常1日50000IU(国際単位)以上、妊婦は25000IU以上の摂取を数ヶ月~数年続けると起こる方が増加します。症状としては頭痛、吐き気、疲労感などが起こります。
ベータカロチンの摂取目安は10000IU~20000IU位が良いでしょう。
肝臓の悪い人や、幼児も摂りすぎにご注意ください。

お気軽にお問い合わせください TEL 0120-077-273 平日 10:00~17:00
携帯からは03-6277-0346

PAGETOP
Copyright © Since 1999-2016 AMERICAN VITAMIN SHOP. All Rights Reserved.