Just another WordPress site

ビタミンB1の欠乏症の症状について

  • HOME »
  • ビタミンB1の欠乏症の症状について

ビタミンB1の欠乏症の症状について

ビタミンB

アメリカのあるクリニックが行った、 ビタミンB1を不足させる実験では
1週間で精神状態に、異常( ストレスやイライラ)が生じ、共同生活を送ることが困難になり
3週間で脚気になり歩行困難になった、との報告があります。

ビタミンB1は精神のビタミン、神経炎のビタミンともいわれ、日本人に不足がちなビタミンといわれています。
豚肉、レバー、豆類、にんにく、玄米、小麦胚芽に多く含まれ、水溶性の性質を持つ ビタミンのため、比較的短時間(3時間ぐらい)で体外に排出されます。
ビタミンB1は、 サプリメントによるこまめな摂取を心がけてください。

糖代謝を正常にして、筋肉(特に胃腸と心臓)と神経組織を健康に保つ働きをします。
また、消化液の分泌を促進し、食欲を増進します、夏ばてにも有効です。
タバコやアルコール、コーヒーは ビタミンB1を消費します。
それ以外でも、運動量の多い方、お菓子の好きな方も不足しがちになりますので、ご注意ください。

適応症は
疲労回復、 貧血症状、 便秘、脚気、下痢、糖尿病、精神病、自律神経失調症、物忘れ、 ストレス、 むくみ、成長促進、乗り物酔い、です。
過剰症はありません。
サプリメントとして1日50~150mg位が良いでしょう。

お気軽にお問い合わせください TEL 0120-077-273 平日 10:00~17:00
携帯からは03-6277-0346

PAGETOP
Copyright © Since 1999-2016 AMERICAN VITAMIN SHOP. All Rights Reserved.