Just another WordPress site

ビタミンB12の欠乏症の症状について

  • HOME »
  • ビタミンB12の欠乏症の症状について

ビタミン&ミネラル

ビタミンB12の欠乏症の症状について

ビタミンB

ビタミンBの一種であるビタミンB12は、葉酸と協力してヘモグロビンの合成を助け赤血球を作ります。
ビタミンB12の欠乏症の症状については、貧血、疲労、神経過敏神経炎、記憶力減退、歩行障害、言語障害、筋肉痛、視力障害、胃腸障害、胃がん、インポテンツになることなどが知られています。

たんぱく質を合成し、神経組織の損傷を防ぎ、集中力をつけます。

睡眠を促すホルモンの分泌を促し、脳内時計を正常にしてくれます。

肝機能を強化し、生殖機能を高めてくれます。

体内でも少量合成されますが、水溶性の性質を持つ ビタミンで、比較的短時間(3時間ぐらい)で、体外に排出されますので、 サプリメントなどで1日数回に分けて摂取することをおすすめします。

ビタミンB12は、魚、肉、卵、牛乳、貝類に多く含まれます。

適応症は
悪性貧血、関節炎、ゼンソク、肝炎、低血糖症、アトピー性皮膚炎尋常性乾癬、アルコール中毒、ストレスです。

菜食主義者や飲酒をされる方
タバコやコーヒーをよく飲まれる方
高齢者
肝臓や消化器に障害のある方
抗生物質を飲まれている方
ビタミンCを大量に服用される方はビタミンB12が不足しがちです、ご注意ください。

1日50~150mg位が良いでしょう。

お気軽にお問い合わせください TEL 0120-077-273 平日 10:00~17:00
携帯からは03-6277-0346

PAGETOP
Copyright © Since 1999-2016 AMERICAN VITAMIN SHOP. All Rights Reserved.