Just another WordPress site

ビタミンB3(ナイアシン)の欠乏症の症状について

  • HOME »
  • ビタミンB3(ナイアシン)の欠乏症の症状について

ビタミンB3(ナイアシン)の欠乏症の症状について

ビタミンB

ビタミンB3はナイアシン(ニコチン酸とも言います)とも呼ばれ、糖質、脂質、たんぱく質の代謝に関係しています。
ビタミンB3(ナイアシン)の欠乏症の症状は、皮膚病(ペラグラ)になることが知られ、胃腸障害や精神障害も起きます。

ビタミンB3(ナイアシン)は、血行を良くし、脳神経組織の働きを高め、善玉コレステロールを増やします。
性ホルモンや、インスリンの合成に関わり、二日酔いの原因である、アセトアルデヒドを分解します。
飲酒はナイアシンを消費し、ペラグラにかかる人の多くが、アルコール依存症という報告もあります。

血行を良くすることで、冷え性や頭痛に有効とされ、1度期の大量投与(200mg以上)でコレステロールや中性脂肪を下げる薬理作用が確認されています。
ただし、やはり同じ ビタミンB3(ナイアシン)の大量投与で、糖質の処理を妨げるとの報告もありますので、糖尿病の方はご注意ください。

体内でも少量合成されますが、水溶性の性質を持つ ビタミンで、比較的短時間(3時間ぐらい)で体外に排出されますので、1日数回に分けて サプリメントなどで摂取することをおすすめします。

魚介類、牛肉、豚肉、緑黄色野菜、豆類、ブロッコリー、ジャガイモに多く含まれます。

適応症は。
ニキビ、高血圧、頭痛、関節炎、ぎっくり腰、口内炎、精神分裂症、うつ病、不眠症、下痢、消化器障害、脱毛、足のけいれん、口臭です。
過剰症は、 皮膚のかゆみ、ヒリヒリ感などです、ただし、ナイアシンアミドはそういった副作用の報告はありません。
1日50~150mg位が良いでしょう。

お気軽にお問い合わせください TEL 0120-077-273 平日 10:00~17:00
携帯からは03-6277-0346

PAGETOP
Copyright © Since 1999-2016 AMERICAN VITAMIN SHOP. All Rights Reserved.