Just another WordPress site

ビタミンB6の欠乏症の症状について

  • HOME »
  • ビタミンB6の欠乏症の症状について

ビタミンB6の欠乏症の症状について

ビタミンB

ビタミンBの一種であるビタミンB6は、糖質・脂質・たんぱく質の吸収と代謝に関係し、ビタミンB6の欠乏症の症状では
貧血やニキビ、口内炎、抜け毛、アレルギーの悪化、成長の遅れ、
筋力低下、肝臓病、糖尿病、肥満、神経過敏症になることが知られています。

ビタミンB6は、たんぱく質の利用効率を上げ、アトピー性皮膚炎や尋常性乾癬などのアレルギーを抑えます。

ビタミンB6は、神経伝達物質を合成する酵素の成分となり、ビタミンの吸収や免疫機能を促進します。

体内でも少量合成されますが、ビタミンB6は水溶性の性質を持つ ビタミンなので、比較的短時間(3時間ぐらい)で体外に排出されます。
そのため、サプリメントなどで1日数回に分けて摂取することをおすすめします

ビタミンB6は、魚・肉・豆類・卵・牛乳に多く含まれています。

適応症は
動脈硬化、高コレステロール症、膀胱炎、湿疹、低血糖症、うつ病、
ボケ予防、神経障害、関節炎、リュウマチ、インポテンツなどです。

過度の飲酒やタバコ、コーヒーはビタミンB6を不足させます。
過剰症は、手足の麻痺、抹消神経障害、歩行不安定などです。
1日50~150mg位が良いでしょう

お気軽にお問い合わせください TEL 0120-077-273 平日 10:00~17:00
携帯からは03-6277-0346

PAGETOP
Copyright © Since 1999-2016 AMERICAN VITAMIN SHOP. All Rights Reserved.