Just another WordPress site

ビフィズス菌はアトピー性皮膚炎に悪い?

  • HOME »
  • ビフィズス菌はアトピー性皮膚炎に悪い?

ビフィズス菌はアトピー性皮膚炎に悪い? 1

世界の長寿国(地域)の食事を見てみると、1つの大きな特徴があります。

食物繊維の摂取量が、他の短命国(?)と比べると圧倒的に多いのです。

店長は、このアメリカンビタミンショップの商品カタログに載せるサプリメント選択の基準として、重要と思っていることが3つあります。

マルチビタミン【1】マルチビタミンによる栄養補給
サプリメントに含まれる成分の生理作用を用いて、自己免疫機能を改善し、ホメオスタシスを正常化する。(ホリスティック医学といいます)
体細胞を活性化させ、組織の新陳代謝を活発にする。

【2】活性酸素対策
活性酸素」は老化やアレルギー、生活習慣病等を引き起こす主な原因といわれています。
生物は体内のさまざまな代謝活動において、化学反応を通じて「活性酸素」を発生させます、「活性酸素」には大まかに分けて5種類あり、それらを処理する抗酸化物質もさまざまです。

【3】腸内環境正常化
腸内は医学的には体外です、肺や皮膚と同じく外界と接し、さまざまな物質を吸収しています。
腸は害のある物質を吸収しにくくするため、さまざまな工夫をしています、不要物の通過を促す機能や腸内細菌のバランスがそれですが、これら腸内環境を正常化します。

次項も続きをお送りします。

ビフィズス菌はアトピー性皮膚炎に悪い? 2

善玉菌サプリメント先の項目の3つの基準を「キレイと元気を支えるための3本の柱」としているのですが、その中でも非常に重要であると思っているのが、腸内の善玉菌乳酸菌 腸内細菌)バランスを改善して、あらゆる病気を防ぐということです。

最近テレビなどでも、腸内環境を正常に保つために必要なものとして善玉菌乳酸菌 腸内細菌)、悪くするものとして悪玉菌などとよく耳にしますね。

善玉菌が少なくて、悪玉菌が優勢になると、体に不調が現れるというのが今の健康学の常識となっているのではないでしょうか?

次項も続きをお送りします。

ビフィズス菌はアトピー性皮膚炎に悪い? 3

では、善玉菌ってなんですか?

日本では、戦前の研究結果を元にして、ビフィズス菌飲料などが健康食品として人気が高いですね。

でも、ご存知でしょうか?、世界的にはビフィズス菌は善玉菌に分類されてはいないのです。

ビフィズス菌を善玉菌として扱っている国は日本とフランスだけです。

まだまだ追試が必要ですので、今の時点でビフィズス菌を悪玉菌と決め付ける事はできませんが、様々な実験でも、大腸ガンを誘発する物質をビフィズス菌が出しているのでは? という研究結果も報告されています。

但し、ビフィズス菌は30種類ほど存在しており、その多くは善玉菌です。
最近の日本のビフィズス菌関連商品には、悪玉ビフィズス菌はほとんど使われていません。
今ではビフィズス菌の研究が進んでおり、問題のある菌種は使われなくなってきています。

また、ビフィズス菌はビタミンB群の1つのビオチンビタミンH)を大量に消費して、アトピー性皮膚炎の原因を作っているのではないかという研究結果もあります。

今、ビフィズス菌などによってバランスを崩した腸内環境を、ビオチン(ビタミンH)をサプリメントで大量投与することで、アトピー性皮膚炎を治療する試みが、アメリカだけではなく日本でも成果を出しつつあります。

アトピー性皮膚炎

お気軽にお問い合わせください TEL 0120-077-273 平日 10:00~17:00
携帯からは03-6277-0346

PAGETOP
Copyright © Since 1999-2016 AMERICAN VITAMIN SHOP. All Rights Reserved.