Just another WordPress site

ブロメラインによる花粉症の改善

  • HOME »
  • ブロメラインによる花粉症の改善

ブロメラインによる花粉症の改善 1

以前にアレルギー性鼻炎の改善方法で、 活性酸素によって炎症を起こした箇所に効果あるハーブということで簡単にブロメラインをご紹介いたしましたが、ブロメラインの詳しい効果について今回はご紹介したいと思います。

ブロメラインは主にパイナップルの茎から取れる、たんぱく質を分解する消化酵素としての役割を持ち、口腔より侵入する感染菌などを死滅させる働きがあります。

カンジタ皮膚炎などの感染症などは、この消化酵素の不足でも発生するといわれています。

アレルギー性鼻炎の方の多くがたんぱく質の消化酵素(ブロメライン)の分泌が少なく、消化がうまくいっていないという報告があります。

たんぱく質がうまく消化されずに腸から吸収されると、腸を守っている免疫機構は、ウィルスや細菌が侵入してきたと判断します(ウィルスや細菌はたんぱく質です、たんぱく質は本来、消化されて アミノ酸の形で吸収されます)。

腸は外界に接する内臓ですので、非常に強い免疫機構を備えています。
この腸からの未消化たんぱく質の吸収があると、全身の免疫機構に対して警報が発せられ、警戒を強めるので、本来は無害な 花粉が侵入してきても過剰な免疫反応を引き起こしてしまうのです。

ブロメラインを摂ることで、きちんとタンパク質を消化し、腸での過剰反応を抑えることが出来ます。

次項も続きをお送りします。

花粉症のブロメライン

ブロメラインによる花粉症の改善 2

ブロメラインブロメラインはパイナップルから摂れる蛋白質を分解する酵素です。
1950年代から炎症を抑制するとして使用され、かなりの実績をあげています。

よく酢豚にパイナップルが入っていますが、これは肉を消化して柔らかくする効果を期待して入れるのですが、パイナップルの実よりも茎から取れるブロメラインの方が、より強力にたんぱく質を消化してくれます。

このブロメラインを食後に摂る事で、たんぱく質の消化を促し、腸の免疫機構を過剰反応させないことが、 アレルギー性鼻炎の改善につながります。

ブロメラインは濃縮度によって品質が分けられます。
一般的に市販されているブロメラインよりも3~4倍くらいは濃縮されていますので、十分な量のブロメラインを摂取することができます。

ただ、炎症をいくら緩和しても、免疫抗体のアレルゲンへの 活性酸素による攻撃は続けられますので、活性酸素を中和する抗酸化剤との併用が必要です。

ブロメラインによる花粉症の改善 3

花粉もタンパク質の一種なので、 ブロメラインの摂取により分解してあげることで、腸での免疫機構の過剰反応を抑える効果があります。

それ以外にも、ブロメラインには鼻や目の炎症部分に溜まるフィブリンというタンパク質を溶かし、 アレルギー性鼻炎の炎症部分の血流を上げて 花粉症の辛い症状を改善する効果が期待されています。

フィブリンが毛細血管を詰まらせると、血液中に存在する好中球という免疫細胞が大量の 活性酸素を発生させます。
この活性酸素が毛細血管に炎症を起こさせて毛細血管を傷つけて水漏れを酷くします。
傷ついた毛細血管の周りの組織は、毛細血管から漏れてきた液体により組織を壊され、炎症が更に悪化します。

アレルギー性鼻炎の炎症箇所は目や鼻などの粘膜と呼ばれる組織で、皮膚と比べると水分の多い組織なのですが、水漏れによって更に水分が増えてしまい 花粉症特有の鼻水や涙目などのグジュグジュとした不快感を起こさせます。

花粉症の方は、 花粉が飛び始めてからブロメラインを摂取するより、 花粉が飛び始める1ヶ月~半月前くらいからブロメラインを摂り始められたほうが良いと思います。

お気軽にお問い合わせください TEL 0120-077-273 平日 10:00~17:00
携帯からは03-6277-0346

PAGETOP
Copyright © Since 1999-2016 AMERICAN VITAMIN SHOP. All Rights Reserved.