肌荒れの方に肌質改善のご提案4(腸内環境と肌荒れの関係)

スキンケアはこちら
美肌 スキンケアに関するQ&Aはこちら
薄毛に関するQ&Aはこちら

その他のヘアケア、スキンケア、ネイルケアの基本は1つです、についてのページ
★ ヘアケア、スキンケア、ネイルケアの基本は1つです その1はこちら
★ ヘアケア、スキンケア、ネイルケアの基本は1つです その2はこちら
★ ヘアケア、スキンケア、ネイルケアの基本は1つです その3はこちら
★ ヘアケア、スキンケア、ネイルケアの基本は1つです その4はこちら
★ ヘアケア、スキンケア、ネイルケアの基本は1つです その5はこちら
★ ヘアケア、スキンケア、ネイルケアの基本は1つです その6はこちら
★ヘアケア、スキンケア、ネイルケアの基本は1つです その7(このページです)
★ ヘアケア、スキンケア、ネイルケアの基本は1つです その8はこちら

善玉菌(コッカス菌や腸内細菌)がスキンケアにしてくれること

善玉菌 乳酸菌 腸内細菌

便秘の方ならお判りいただけると思います。
便秘すると 肌荒れしませんか?
便秘ではない皆さん。自分には関係ないと思ってスキップしないでください。

便秘と 腸内環境の良し悪しは完全に一致するわけではありません。
便秘でないことは腸の筋力が強いことを証明するだけで、腸内環境が良いことを証明するものではないのです。逆に、便秘の方は腸内環境が悪いことは間違いありませんので、この「ハロー! ビタミン」の内容は精読してみるといいと思います。

実際には便秘ではなくても 腸内環境が悪い方は肌荒れしやすいという統計があり、スキンケアの内容において腸内環境を改善する善玉菌は欠かすことはできません。

善玉菌とはコッカス腸内細菌や乳酸菌などの総称ですが、悪玉菌と一緒に腸内に住んでいます。
アシドフィルス菌などを代表とする善玉菌は悪玉菌とテリトリー争いをしており、悪玉菌が増えると善玉菌が減り、善玉菌が増えると悪玉菌が減るという相関関係にあります。

アシドフィルス菌

腸内に定住する善玉菌(コッカス菌や腸内細菌)と悪玉菌を合計すると2kg~3kgの重さになると言われており、便の半分以上はコッカス腸内細菌や乳酸菌などの善玉菌と悪玉菌の死骸なのです。腸内環境なんて 美肌スキンケアに大した影響を与えないだろうという方は想像していただきたいのですが、2kg~3kgの肉の量というとかなりの大きさになります。
これが90%以上悪玉菌という腸内環境を考えてみると、結構怖いものがありますよね。
逆に 善玉菌が優勢の腸内環境なら、体にとって必要な ビタミンなどの栄養素が善玉菌(コッカス菌や腸内細菌)によって作られますから、食事からの不足分を補うことができるでしょう。

マルチビタミン

ちなみに一般的なヨーグルトでは既に悪化してしまった腸内環境を改善することは無理だと言われています。ヨーグルトに使われる菌の多くが、人の腸内に定住し難い動物由来の腸内細菌を使っていたり、人由来の腸内細菌でも胃酸に弱かったり、熱に弱かったりする腸内細菌が多いので、生きて腸内に定住できる率が非常に低いのです。
前述のように2kgほどの 腸内細菌が悪玉菌優勢に傾いている腸内環境では、定住が難しいヨーグルトを使った腸内改善は成功しません。ヨーグルトは良い状態の腸内環境を良い状態に保つのに適しており、悪い状態に傾いた腸内環境の改善には、人由来で胃酸と熱に強い善玉菌サプリメントの大量摂取による方法が適しているとされています。

例えば善玉菌(乳酸菌や腸内細菌)によって供給されるか主要な栄養素を挙げます。

  • ビオチン
  • パントテン酸(ビタミンB5)
  • PABA(飲む UVカットとしても人気)

PABA 飲むUVカットパントテン酸(ビタミンB5)

他にもたくさんの栄養素が供給されていますが、 美肌スキンケアに密接に関係する栄養素だけでも3種類もあるのです。
腸内環境の改善はスキンケアにおいても重要視され、善玉菌が役に立つことは多くの栄養学者が実証しており、アメリカ人の多くがサプリメントとして摂取することを続けています。

善玉菌が供給する栄養素がスキンケアに与える良い影響

ビオチン

ビオチンサプリとは、先の「ハロー! ビタミン」の炎症体質が起す肌荒れでご紹介しています。

善玉菌によって ビオチンが十分に供給されれば、炎症が原因の肌荒れを改善できます。
ビオチンはもともと皮膚炎を改善することができる物質として、100年以上前に発見され、今日まで使われ続けてきた栄養素です。

食事から摂れるリノール酸という油をビオチンが ガンマリノレン酸に変換し、このガンマリノレン酸(γリノレン酸)が炎症抑制のプロスタグランジンという、炎症を抑制する方に働くホルモンの材料になっているのです。

ビオチンは食事から摂取することができない栄養素で、体内で使用する全量を善玉菌(コッカス菌や腸内細菌)の供給に頼っています。
また、ガンマリノレン酸(γリノレン酸)も食事から摂ることが非常に難しい栄養素で、体内で使用するほぼ全量をリノール酸からの変換で補っています。
つまり、炎症抑制のホルモンを作るためにはビオチンが必要で、ビオチンは善玉菌(コッカス菌や腸内細菌)にしか供給できないという流れになります。

つまり炎症が原因の肌荒れにとっては 善玉菌サプリメントは欠かすことができないのです。

パントテン酸と PABA(飲む UVカットとしても人気)は前回の「ハロー! ビタミン」の中でも出てきています。
丈夫な皮膚を作るために必要な角質層間物質を酸素や紫外線から守る ステロイドホルモンを分泌する副腎皮質を正常に保つためにパントテン酸(ビタミンB5)とPABAが必要ですが、これらの栄養素の多くが 善玉菌によって供給されているのです。

腸内細菌

アトピー性皮膚炎や 掌蹠膿疱症や 尋常性乾癬などのアレルギーの方の様に、既に副腎皮質が弱ってしまっていて、十分な量のステロイドホルモンを分泌できていない様な場合は、副腎皮質を改善しなければなりませんので、パントテン酸(ビタミンB5)とPABAは大量摂取が必要です。

しかし、副腎皮質がそれほど弱っていない方(お肌にそれほどのトラブルを抱えていない方)は、 腸内環境を良い状態に保つことで、パントテン酸(ビタミンB5)やPABAが善玉菌から供給されていれば、ステロイドホルモンの分泌を良好に保つことは可能だと言われています。

アレルギーの研究でも、アレルギーの方は腸内環境が悪い方が多いことが判っています。
多くの栄養学者が、この腸内環境の悪さがビオチンの供給を減らして炎症体質を作り、パントテン酸(ビタミンB5)やPABAの供給不足が副腎皮質を徐々に弱らせて、ステロイドホルモンの分泌を下げてしまい、皮膚の薄さや炎症抑制できない体質を作ってしまうのだ。と結論付けています。

アレルギーの例は極端な例ですが、 スキンケアにおいても皮膚が薄くて炎症が起こりやすくて悩まれている方も多いようですので、パントテン酸(ビタミンB5)とPABAで皮膚を丈夫にする方法を採りいれてもいい方は多いはずです。

腸内環境の悪化がスキンケアに与える悪影響

美肌スキンケア

アメリカでの調査ではアメリカ人の90%近くが悪玉菌優勢の腸内環境を持っているそうです。
スキンケアや健康に影響が出るほど腸内環境が悪い方は50%前後であるとも言われています。
原因は食生活や ストレス、運動不足などが挙げられています。
日本人もアメリカ人と同じような生活習慣を持っていることを考えると、腸内環境が悪玉菌優勢になっている方は多いはずです。

悪玉菌はアンモニアやメタン、インドールなどの体に悪い物質を出していて、これらの悪い物質は肝臓で デトックスされたり、細胞に取り込まれたりして体にとって悪い影響を与えます。
例えば、インドールという物質は血液によって全身の細胞に運ばれ、細胞内に取り込まれてリポフスチンという物質に変わり蓄積されます。
リポフスチンが溜まった細胞は細胞分裂が起こる頻度が減ることが判っています。

新陳代謝の鈍化が皮膚を作る基底細胞で起こった場合、新陳代謝が活発な基底細胞の細胞分裂が鈍りますので、お肌のキメが粗くなって肌荒れして見えたり、皮膚が薄くなってしまい皮膚炎を起こしやすいお肌が作られてしまいます。
これは 美肌スキンケアを行ううえで根本から治していかなければならない問題です。

悪玉菌が出す悪い物質は数1000種類とも言われ、 肌荒れだけでなく様々な健康被害や病気を引き起こす可能性のある物質も多く発見されています。
これらの物質は次回の「ハロー! ビタミン」でご紹介する、肌荒れを防ぐためのターンオーバーなどの内容に深く関わってきます。

腸内環境の改善はスキンケアに欠かせない要素の1つです。腸内環境の改善には 善玉菌のサプリを使い、半年くらいの時間がかかることと思いますが、肌荒れを起こしている方ほど、腸内環境の デトックスで肌荒れが改善してしまうことが多いようです。
外側をケアするよりも腸内環境の改善を行い、体の中から肌荒れの原因を追い出すスキンケア方法を強くお奨めします。

腸内環境の改善方法

腸内環境

腸内環境の改善に関しては、基本的には悪玉菌を減らすという方法を採ります。
悪玉菌を減らすにはいくつかの有効な方法を重ねていくのが最も効果的です。
有効な方法はたくさんありますが、大きく分けると以下の2つがあります。

  • 善玉菌の補給
  • 食物繊維の補給

悪玉菌は善玉菌(コッカス菌や腸内細菌)が分泌する乳酸が苦手です。
乳酸に触れると悪玉菌は死んでしまいます。
つまり、悪玉菌を減らしてスキンケアを行おうと思えば、 善玉菌サプリメントを補給するのが一番なのです。

ただし、悪玉菌を減らすための善玉菌の補給にはコツがあって、このコツを無視すると 腸内環境の改善は遅々として進まなくなります。
スキンケアで行う腸内環境の改善には、通常は善玉菌の摂取で3ヶ月~1年ほどかかるのですが、やり方が悪ければ何年経っても腸内環境の改善は行えません。
時間とお金をかけるのですから、できるだけ効果的なやり方で改善していくのが良いでしょう。

効果的な腸内環境の デトックスには、まず、善玉菌(コッカス菌や腸内細菌)は胃酸や熱に弱い菌が多いので、気を付けなければなりません。
一般的なヨーグルトに使われている善玉菌は摂取しても、胃酸によって99%以上死滅してしまうと言われています。
よって選ぶ善玉菌(コッカス菌や腸内細菌)は胃酸に強い アシドフィルス菌などの善玉菌か、特殊なカプセルに守られている 善玉菌のサプリメントを選ぶべきでしょう。

アシドフィルス菌

また、善玉菌は熱に弱い菌も多いので配送などで死滅してしまわない菌を選ぶべきです。
アシドフィルス菌は熱にも胃酸にも強い大きな善玉菌で、乳酸を分泌する量も多く、腸内環境の改善には非常に適しています。
また、アメリカンビタミンショップ取り扱いの 善玉菌はカプセルが特殊で胃の中で溶けないだけではなく、熱に強い善玉菌だけを選りすぐってサプリメントにしていますので、効果的な腸内環境の改善にお奨めです。
このサプリメントに使われている菌は大きさが大きく、分泌する乳酸の量も多い善玉菌が使われています。
善玉菌サプリメントは多くの種類がありますが、大きさが小さい善玉菌や、乳酸をあまり分泌しない善玉菌を使っているサプリメントは腸内環境の改善にはお奨めできません。

ただし、胃酸や熱によって死滅してしまった善玉菌もまったく無駄という訳ではありません。
死んでしまった善玉菌は腸内で定住している善玉菌のエサとして使われます。
ヨーグルトなどは善玉菌(コッカス菌や腸内細菌)を腸内に増やす能力は非常に低いものが多いのですが、死滅した善玉菌がエサとなり、また、ヨーグルトに含まれるオリゴ糖などの様々な栄養素が腸内に定住している善玉菌のエサとなっています。
つまり、ヨーグルトは腸内環境の デトックスには非常に優秀な食品です。

善玉菌(コッカス菌や腸内細菌)のサプリメントを補給して効果的に腸内環境を改善する時の注意点です。

摂取した善玉菌(コッカス菌や腸内細菌)は全て腸内に定着するわけではありません。
実際に性能の高い善玉菌を使っても腸内への定着率は1%を超えることはありません。
通常の定着率は0.1%とか、0.01%とか、これ位の数字が一般的なのです。
そのため 善玉菌のサプリメントを摂取する方法を採っても、腸内環境の改善に時間がかかるのです。

例えば人由来の善玉菌でない場合、定着率が0%ということもあります。
ヨーグルトに使われる善玉菌の中には羊由来や牛由来などの人由来でない善玉菌が使われているものもあります。
これでは腸内環境の改善はまったく進みません。ご注意下さい。( アシドフィルス菌と 善玉菌はすべて人由来の善玉菌です。)

それでは摂取しても腸内に定着しなかった善玉菌は無駄に排泄されてしまうだけなのでしょうか?
そんなことはありません。
腸内に定住できなかった大部分の善玉菌は腸内を通過するときに、乳酸を大量にばら撒きながら通過します。

定住した善玉菌が住んでいる善玉菌フローラから分泌される乳酸の量はそれほど多くなく、腸内環境をユックリと改善する働きしかありません。
悪玉菌は悪玉菌フローラという粘液で固まった巣窟に守られているので、善玉菌フローラから分泌する乳酸による攻撃が効果を発揮し難いのですが、腸内を通過する定住できなかった 善玉菌が分泌する乳酸菌は多いため、善玉菌フローラよりも効果的に悪玉菌フローラ及び悪玉菌を死滅させてくれます。
定住善玉菌と非定住善玉菌の相乗攻撃が、悪玉菌を減らし腸内環境を効果的に改善するコツです。

悪玉菌が出す悪い物質を絡めとって便と一緒に排泄させる働きを持つのが 食物繊維です。
体内に悪い物質が摂り込まれる前に働くので、スキンケアやデトックスでは欠かせません。
食物繊維は 善玉菌を悪玉菌から守ったり、善玉菌のエサになるので、腸内環境の改善にも必要な要素です。

肌荒れ改善なら細胞のデトックスもしておきたい

デトックス

次回の「ハロー! ビタミン」に詳しく書きますが、肌のトラブルを抱えている方の大部分が、お肌のターンオーバーが乱れていると言われています。
お肌のターンオーバーを悪化させる原因に、悪玉菌が分泌する様々な物質があるのです。
腸内環境の悪化はお肌のターンオーバーの正常化を最も妨げる要因であると指摘する栄養学者が多いのです。

また、体外から入ってくる添加物や農薬や重金属など、新陳代謝に悪く働きかけるものも多くあります。
お肌のターンオーバーは45日が理想と言われていますが、ターンオーバーが遅れてしまっている方の基底細胞ほど、細胞分裂を遅れさせる悪い物質が溜まっている傾向にあるようです。

例えば、インドールという悪玉菌が出す物質が細胞に溜まるとリポフスチンという細胞老化物質になりますが、このリポフスチンが多いほどターンオーバーが遅れると言われています。
リポフスチンは ビタミンEの大量摂取(800IU~1200IU/日)で細胞の外に排泄し デトックスすることができますので、お肌の新陳代謝が悪いと感じている方は試してみるのもいいでしょう。
腸内環境が悪いと感じている方なら 美肌スキンケアには必須の項目です。

ビタミンE

スキンケアのための デトックスには様々な方法がありますが、主なものをご紹介します。
lシステインや アルファリポ酸による肝臓の機能強化はインドールや添加物、農薬などの有機物を細胞に取り込む前にデトックスするために使われると良いと思います。
細胞内に取り込んだ重金属のデトックスは 亜鉛や ケルセチンがお奨めです。
腸内環境の改善によるデトックスと平行して、様々なデトックス手法を用いて、肌荒れ改善などのスキンケアを行ってください。

次回の「ハロー! ビタミン」の予告

今回の「ハロー! ビタミン」はここで終わりにしたいと思います。
腸内環境とスキンケアは直接に結びついていると言って良いほど、お肌のコンディションに影響を与えます。肌荒れを起こしている方は半年~2年くらいの間、じっくり腰を据えて腸内環境の デトックスを行ってみるといいと思います。
次回の「ハロー! ビタミン」はお肌の新陳代謝をアップして肌荒れを改善するという内容で書いてまいります。スキンケアの基本がたくさん盛り込んでありますので、お楽しみに。

スキンケアにおすすめのバーゲン商品

★★★ 今回のバーゲン品のご説明1 ★★★
~本気でスキンケアするなら 善玉菌をお奨めします。

善玉菌 乳酸菌 腸内細菌

美肌スキンケアで善玉菌にできること。

  • 悪玉菌を減らし皮膚の新陳代謝を下げる原因を改善
  • 悪玉菌を減らし皮膚炎の原因を改善
  • 悪玉菌を減らしくすみの原因を改善
  • 善玉菌を増やし皮膚の血流を改善
  • 善玉菌を増やし副腎皮質を強化し炎症を改善
  • 善玉菌を増やしビオチンを作って炎症抑制
  • 善玉菌を増やし様々な栄養素を供給
  • 善玉菌を増やし皮膚の新陳代謝をアップ

細かく挙げていけば、何10項目にもなってしまうのが善玉菌サプリメントなのです。
肌荒れを起こしている方、 乾燥肌、 敏感肌、皮膚炎、皮膚が薄い、シミが増えた、皮膚がくすんで見える、etcetc。

スキンケアと 腸内環境の改善は密接に結びついています。
皮膚にトラブルを抱えている方はじっくりと腸内環境改善するつもりがあれば、その多くが改善されてくるだろうと指摘する栄養学者も多いのです。
便秘ではなくても腸内環境の悪い方は多いと思われますので、善玉菌(コッカス菌や腸内細菌)で腸内環境の デトックスをお奨めします。

「ハロー! ビタミン」のバーゲン品は以下のリンクをクリックして、そのページからご注文下さい。
——————————————————————–
★『 善玉菌サプリ』
この善玉菌サプリメントは12種類の性能の高い善玉菌をブレンドしているサプリメントです。胃酸で死なないように特殊なカプセルを使っているので、腸内改善効果を高くすることができます。
——————————————————————–

★★★ 今回のバーゲン品のご説明2 ★★★
~ 食物繊維で善玉菌(コッカス菌や腸内細菌)をフォローして肌荒れ改善を効果的に。。。

食物繊維

現代の日本人の多くが食物繊維が足りていないという統計があります。
食物繊維が不足して腸内環境が悪化してしまい、スキンケアにトラブルが発生している方も多いことが想像できます。

便秘でないから腸内環境は悪くないと断言できないのが腸内環境の怖いところで、気付いた時には腸内環境が非常に悪化していて、 善玉菌による改善に数年を要するなんて事態になりかねないのです。

そんなことを避けるために食事に野菜を増やし、足りない分をこの 食物繊維サプリメントで補うというのはどうでしょうか?。
有機栽培したアルファルファというハーブを乾燥したサプリメントですが、アルファルファの食物繊維バランスの良さはアメリカの栄養学でも証明されていますし、安価なところが更に魅力的です。
善玉菌の好む食物繊維をたっぷり含む食物繊維サプリメントで腸内改善を更に効果あるものにしてください。

「ハロー! ビタミン」のバーゲン品は以下のリンクをクリックして、そのページからご注文下さい。
——————————————————————–
★『 アルファルファの食物繊維』
善玉菌(コッカス菌や腸内細菌)だけを摂取するよりも、この食物繊維サプリメントを加えた方が絶対に腸内環境改善効果は高まります。安価な食物繊維が高価な善玉菌サプリメントを助けるという図式に魅力を感じます。
——————————————————————–