肌荒れの方に肌質改善のご提案5(新陳代謝と血流で肌荒れ改善)

スキンケアはこちら
美肌 スキンケアに関するQ&Aはこちら
薄毛に関するQ&Aはこちら

その他のヘアケア、スキンケア、ネイルケアの基本は1つです、についてのページ
★ ヘアケア、スキンケア、ネイルケアの基本は1つです その1はこちら
★ ヘアケア、スキンケア、ネイルケアの基本は1つです その2はこちら
★ ヘアケア、スキンケア、ネイルケアの基本は1つです その3はこちら
★ ヘアケア、スキンケア、ネイルケアの基本は1つです その4はこちら
★ ヘアケア、スキンケア、ネイルケアの基本は1つです その5はこちら
★ ヘアケア、スキンケア、ネイルケアの基本は1つです その6はこちら
★ ヘアケア、スキンケア、ネイルケアの基本は1つです その7はこちら
★ヘアケア、スキンケア、ネイルケアの基本は1つです その8(このページです)

お肌のターンオーバーを正常にして肌荒れを防ぐ

肌荒れ

お肌の角質細胞が生まれてから垢となって皮膚から脱落するまでの期間をターンオーバーと言います。
このターンオーバーは肌荒れを研究するときに必ずチェックされる項目で、 肌荒れの改善にとって重要な項目です。
肌荒れの起こりにくいターンオーバーは45日とされ、それよりも早いと皮膚が薄くなり肌荒れや皮膚炎などのトラブル肌になりやすく、それよりも遅いとやはり皮膚が薄くなり肌荒れや皮膚炎を起こしたり、艶の無い肌やシワ、シミ、くすみなどの老けて見える肌の原因となります。

つまり、肌荒れなどのトラブル肌に悩むアメリカの多くの女性に支持される、 美肌スキンケアの1つがターンオーバーの正常化なのです。
できるだけターンオーバーを45日に近づけることで健康的で美しい肌荒れなどのトラブルの無いお肌ができるようになります。

お肌のターンオーバーに関係する 美肌スキンケアは以下の通りです。

  • ベータカロチンや アントシアニンや で基底細胞を刺激する。
  • 亜鉛サプリメントで基底細胞を細胞分裂させる。
  • ビタミンB群でタンパク質を効率よく使えるようにする。
  • ビオチンで皮下の血流を高める。
  • EPAで角質細胞の剥がれるスピードをコントロールする。
  • ヒアルロン酸で角質層の剥がれるスピードをコントロールする
  • パントテン酸(ビタミンB5)で角質層の剥がれるスピードをコントロールする

上記の 美肌スキンケアは全て摂る必要はありません。
肌荒れで困っている方は自分の肌荒れの原因になっている栄養素を突き止めて、それに合うスキンケア商品を摂取することをお奨めします。

スクワランオイル

EPAや ヒアルロン酸が皮膚で十分に分泌して、副腎皮質で ステロイドホルモンが十分に分泌できていれば、本来は角質層が薄くなったり、厚くなりすぎたりということは防ぐことができます。
加齢に伴うお肌のトラブル(肌荒れやシワ、シミ、皮膚炎、 乾燥肌、 敏感肌など)の多くは、EPAやヒアルロン酸やステロイドホルモンの分泌がうまくできていないから、角質層の剥がれるスピードをコントロールできずに、ターンオーバーが乱れて起こる、と言っても過言ではありません。
ただ、自分で油分などを分泌するまでには時間がかかります、その間は スクワランオイルを塗って、外から油分を補ってあげてください。
スクワランオイルはもともと皮膚で分泌されている成分のため、安全性にも優れていますし、角質層への浸透もいいため、即効性があります。また皮膚の深くまで浸透してくれるので、頻繁に塗る必要が無いため、皮膚のケアも楽になると思います。

お肌の新陳代謝を上げて肌荒れを防ぐ

皮膚のかゆみ

  • ベータカロチンや アントシアニン
  • 亜鉛サプリメント
  • ビタミンB群
  • ビオチン

先のお肌のターンオーバーの正常化の項目でご紹介した上記の5つのサプリメントは、お肌の新陳代謝を高める 美肌スキンケアでもあります。
お肌のターンオーバーが正常になるためには新陳代謝が遅くてはいけませんので、この項目で特別にお話したいと思います。

お肌の角質層を作る基底細胞は細胞分裂が活発な組織の1つです。
常に新しい角質細胞を生み出して角質層が薄くなるのを防いでいるのです。しかし、 肌荒れを起こしているお肌の多くは新陳代謝の鈍いお肌でもあるのです。

お肌の新陳代謝を活発にする栄養素は非常に多くあり、できるだけそれらの栄養素が揃っている方が新陳代謝が活発になる傾向があります。
よって、栄養のバランスがとれた食事をすることと、それだけでは補いきれない栄養素を上記の 美肌スキンケアで補うという方法が、新陳代謝の活発化には効果的ですので、肌荒れの改善にはお奨めです。

お肌の血流改善で肌荒れを防ぐ

ビオチン

健康なお肌にとって 血流は重要です。
お肌に必要な酸素や ビタミンとミネラルや アミノ酸などの栄養素は血流によってお肌の基底細胞に運ばれ、基底細胞の細胞分裂を促したり、角質細胞を構成します。
EPAや ヒアルロン酸などの角質細胞間物質も血流によって運ばれます。

また、血流は基底細胞の活動で作られた老廃物を運び去り、老廃物によって基底細胞が不活発になってしまうのを防ぐ効果も重要です。

皮下の血流を上げるためには(と言いますか、全身の血流を上げるには。

  • 血管を太くする。
  • 血流を良くする。
  • 心臓のポンプ機能を高める。

上記の方法を必要なだけ重ねて実行します。

まずは血管を太くする 美肌スキンケアです。
昔からスキンケアに使われてきた ビオチンは皮膚炎や 皮膚のかゆみを改善するサプリメントですが、実は基底細胞の下の毛細血管を太くする効果もありますので、皮下の血流を高めるには最高のサプリメントなのです。

特にビオチンが優秀なのは全身の毛細血管を太くするのではなく、皮下の毛細血管だけを太くするのです。
女性は概ね筋力が弱い方が多いため心臓のポンプ機能が弱く、送り出す血液量が少ない方が多いのです。
こうした体質の方が全身の血管が太くなると、皮膚に回る血液量が減りますので、サプリメントとしてはビオチンのように皮下の毛細血管だけを太くする 美肌スキンケアが理想的です。

血液をサラサラにするスキンケア商品には EPAがお奨めです。
特に中性脂肪やコレステロールなどの血中脂質が多い多い方や、太り気味の方には効果的に血液をサラサラにしてくれます。
更に効果を高めるのであれば、水を多く摂ることを心がけると良いでしょう。

心臓のポンプ機能を高めて、一回の鼓動で送り出す血液の量を増やす 美肌スキンケアは、皮下だけでなく全身の血流を良くする効果が期待できます。
例えば女性の場合、冷え性や肩こりの問題なども自律神経などの問題よりも、心臓のポンプ機能を高めるだけで改善してしまう例も少なくありません。
先にも書いていますが、女性は筋力が弱い方が多いため、心臓が送り出す血液量が少なく血流が悪い方が多いのです。
これでは皮膚に血液を供給する場合でも不都合なことが多くなってしまいます。

心臓のポンプ機能を高めて血流を高めるには、 タウリンがお奨めです。
タウリンは筋肉に多く存在するアミノ酸ペプチドで、筋肉の収縮力を高める効果が期待できます。
つまり筋肉に力が付くので筋肉の塊りである心臓の収縮力を高めて血流を良くします。
もともと心臓には多くのタウリンが必要なのですが、低血圧の方や血流が悪い方の多くが、心臓にあるべきタウリンが不足していることが判っています。

タウリン

血流から話が逸れますが、アメリカでは腸の筋力が弱いために便を押し出すことができない便秘の方が、 タウリンを摂取して便秘を改善したり、日本でも 疲労回復でタウリンが使われていますね。
これらはタウリンの筋肉に対する効果が現れた結果なのです。

また、心臓は最も動きの激しい筋肉組織なので、非常に多くのエネルギーを必要としています。エネルギーはブドウ糖と遊離脂肪酸が使われますが、ブドウ糖と遊離脂肪酸を心臓の筋肉が使える形のエネルギー(ATP)に変換する物質が不足しても、心臓のポンプ機能は低下し血流が悪くなります。

エネルギー(ATP)を作るのに必要な物質とは、 カルニチンと コエンザイムQ10と アルファリポ酸ですが、特にお奨めなのがコエンザイムQ10(CoQ10)とカルニチンです。
コエンザイムQ10(CoQ10)などはお肌の基底細胞の細胞分裂にも必要な物質で、サプリメントとして補給することでお肌の新陳代謝を高めるスキンケアができるとして非常に人気のある 美肌スキンケアです。

次回の「ハロー! ビタミン」の予告

今回の「ハロー! ビタミン」はここで終わりにしたいと思います。
肌荒れの改善には、炎症体質やお肌の構造、抗酸化剤などの栄養学で十分に対処できることは、アメリカ人女性が体の中からのスキンケアを実践してきて証明されていると言って良いでしょう。
肌荒れに関するスキンケアは、今回の「ハロー! ビタミン」で終わりにしたいと思います。
美肌スキンケアについては読者様からの反応も多く、日本人にも体の中から行うスキンケアが浸透してきたのだなと感じました。
これからもスキンケア商品の情報をもっと集めて、「ハロー! ビタミン」で発表していきたいと思います。

次回の「ハロー! ビタミン」は、夏に向けてのダイエット特集をお届けします。まだまだ間に合う ダイエットの手法について書いていきますので興味を持っていただける内容になっていると思います。
お楽しみに。

スキンケアにおすすめのバーゲン品

★★★ 今回のバーゲン品のご説明1 ★★★
~ ビオチンはお肌の血流を上げて新陳代謝を高める 美肌スキンケアの中心的存在です。

ビオチン

ビオチンは炎症抑制に働くホルモン(消炎系プロスタグランジン)の生産量を高めるため、 肌荒れの改善に多く使われてきました。
しかし、ビオチンの肌荒れ改善効果は炎症抑制だけではないのです。

ビオチンはお肌の基底細胞という組織に酸素や栄養素を運び、お肌の老廃物を運び去る働きを持つ、皮下の毛細血管を太くし血流を高める効果が確認されています。
つまり、ビオチンはお肌の 血流を良くして健全な組織を作るため、お肌の 新陳代謝を高める効果や、お肌のむくみを改善する効果や、お肌の血色を良くする効果や、お肌を丈夫にする効果などが期待できるのです。

日本では ビオチンといいますと、もともとは皮膚炎を治療する医薬品として使われてきた歴史があり、最近では アレルギー改善で使われることが多いのでアレルギー用サプリメントのイメージがありますが、アメリカではビオチンは 美肌スキンケアとして定着した感があります。
女性が選ぶスキンケア商品の人気ランキングでは毎年のようにビオチンがランクインしており、 基礎化粧のためのスキンケア商品としてビオチンは使われてきて20年近く経っています。

ビオチンは食品中にも含まれますが、タンパク質と結合している非遊離型ビオチンのため、体内で使われることはありません。体内で使うビオチンはすべて 善玉菌によって作られて腸から吸収されていますので、本来は自家生産しているのです。

しかし、最近の日本人は 食物繊維の少ない食生活や、 ストレスの多い生活習慣のため、善玉菌が減ってしまい、ビオチンの生産量が落ちていることが多いようです。
ビオチンが不足すれば肌荒れなどのトラブルが多くなり、お肌の血流も悪くなりますので、 基礎化粧にも悪影響が出ることが多くなります。

ビオチンは体内で生産している栄養素ですので、サプリメントとして摂取しても問題が起こる率は非常に低くゼロに近いので、安心してお使いいただける 基礎化粧のサプリメントです。

もちろん、ビオチンが不足しているということは 腸内環境の改善が必要ですので、善玉菌サプリメントの摂取は効果的ですが、サプリメントによる腸内環境の改善には普通、半年~2年ほどかかりますので、その間はビオチンをサプリメントとして摂取し供給量を増やしてあげれば良いわけです。
善玉菌による改善が終わればビオチンは体内で十分な量が生産できるようになりますので、ビオチンを止めることもできますし、摂取量を減らして摂取し続ける方法もあります。

「ハロー! ビタミン」のバーゲン品は以下のリンクをクリックして、そのページからご注文下さい。
——————————————————————–
★『 掌蹠膿疱症のビオチン』
美肌スキンケアとして摂取するなら1日1錠~2錠で十分ですので、2ヶ月間~4ヶ月間使うことができる大容量のビオチンです。
——————————————————————–

★★★ 今回のバーゲン品のご説明2 ★★★
~ アントシアニンでお肌の基底細胞を刺激して細胞分裂を活発にしてお肌の新陳代謝を高めましょう。

アントシアニン

ブドウ種子エキスに含まれる アントシアニンやOPCは活性酸素対策で有名ですが、お肌の角質層を作る基底細胞を積極的に刺激して、お肌の生まれ変わりを活発にする 新陳代謝アップのスキンケア商品としても効果が期待されています。

基底細胞の細胞分裂は28日周期が理想とされていますが、25歳を越える頃から周期が延びてしまいお肌の細胞の生まれ変わりが遅くなります。
アントシアニンとOPCには基底細胞の細胞分裂を活発にして細胞分裂の周期を28日に近づけるとして 美肌スキンケアとしても非常に人気があるのです。
基底細胞の細胞分裂の周期が28日よりも遅れることがお肌の老化の始まりであると、多くのスキンケア専門の栄養学者が言っていますので、 アントシアニンとOPCをサプリメントとして補給してみてください。

また、 美肌スキンケアにはターンオーバーという考え方も存在しています。
ターンオーバーとは角質細胞が基底細胞から生まれて、垢となって皮膚から脱落する期間のことを指し、45日間が理想であるとされています。

角質細胞は角質層となってお肌の表面を覆うわけですが、最終的には垢となって剥がれていくのです。
ターンオーバーが45日より増えると、古い角質細胞が長期に亘って皮膚を覆いますので、キメの整わない荒れた感じを抱かせるお肌になってしまいます。
40歳代~60歳代の女性を対象にターンオーバーを測定してみると、平均として70日~80日のターンオーバーを示すことが多いようです。

また、ターンオーバーが45日よりも短いと、皮膚が薄くなってしまいます。
アトピー性皮膚炎などの方に多いのですが、ターンオーバーが15日くらいしかなく、ドンドン角質層が剥がれ落ちてしまうので、常に皮膚が薄く、刺激に弱いお肌になってしまいます。
アトピー性皮膚炎で皮膚が赤黒くなったり、青黒くなっているような場合はターンオーバーが短すぎることが考えられます。
この場合、角質層が簡単に剥がれないようにするために EPAや ヒアルロン酸を摂取して、角質層を繋ぎとめる糊(ノリ)を十分に角質層に分泌させてあげると同時に、 アントシアニンとOPCで基底細胞を刺激して、お肌の生まれ変わりを早めてあげるとより効果的です。
即効性を求める場合はサプリメントだけでは難しいので、 スクワランオイルを塗って、外から油分を補ってあげてください。スクワランオイルはもともと皮膚で分泌されている成分のため、安全性にも優れていますし、角質層への浸透もいいため、即効性があります。また皮膚の深くまで浸透してくれるので、頻繁に塗る必要が無いため、皮膚のケアも楽になると思います。

基底細胞の細胞分裂を活発にして28日周期を維持し、45日のターンオーバーを維持するのが、健全なお肌を作るための秘訣なので、自分のお肌の状況に合わせた美肌スキンケアをピックアップして、必要であれば重ねて摂取していくことで、美しいお肌を長く保つことができるようにしていくのが、アメリカでのスキンケア方法です。
ちなみに、 アントシアニンにプラスして摂取することでお肌の新陳代謝を活発にさせる相乗効果が得られるスキンケア商品は、以下の通りです。

  • 亜鉛サプリメント
  • ベータカロチン
  • ビタミンB群

上記のサプリメントは比較的安価な割には高い効果が期待できる 美肌スキンケアですので、できるだけ併用することをお奨めします。

「ハロー! ビタミン」のバーゲン品は以下のリンクをクリックして、そのページからご注文下さい。
——————————————————————–
★『 アントシアニン』
お肌の新陳代謝を活発にするだけではなく、お肌を老化させる活性酸素もやっつけてくれますので、スキンケアにはお奨めです。
——————————————————————–