Just another WordPress site

ベータカロチンの効果効能について

  • HOME »
  • ベータカロチンの効果効能について

ベータカロチンの効果効能について

ビタミンA(ベータカロチン)

ベータカロチンはビタミンAの前駆体で、体内で必要量がビタミンAに変わり、残りはベータカロチンとして作用し、活性酸素を抑制します。

人参やかぼちゃ、ほうれん草、海草類に多く含まれます。
ただし、吸収が良くないので、これらを調理する時は、油を使うと良いでしょう。

ベータカロチンは、抗酸化作用があり、悪玉コレステロールを減らす効果があります。
また、 免疫力アップや アレルギー体質改善の効果が期待されています。

ベータカロチンは、ビタミンCと協同して、紫外線に対する抵抗力を高めるため、美肌効果もあります。
サプリメントで摂取する場合、両方をお摂りになることをおすすめします。

タバコやアルコールは、ベータカロチンを消費します、ご注意ください。

適応症は
動脈硬化、脳血栓、心筋梗塞、老化防止、ボケ防止、日光過敏症、腎腫瘍、です。

ベータカロチンは 過剰症があります、1日30mg以上、又は、50000IU以上です、肌が黄色っぽくなります。

6~20mg位が良いでしょう。

お気軽にお問い合わせください TEL 0120-077-273 平日 10:00~17:00
携帯からは03-6277-0346

PAGETOP
Copyright © Since 1999-2016 AMERICAN VITAMIN SHOP. All Rights Reserved.