Just another WordPress site

ベートーベンにはデトックスが必要だった

  • HOME »
  • ベートーベンにはデトックスが必要だった

ベートーベンにはデトックスが必要だった 1

かの有名な作曲家、ベートーベンの毛髪検査をしていた研究グループの発表ですが、ベートーベンの毛髪に含まれる鉛の量が、通常の濃度の100倍以上だったそうです。
ベートーベンは難聴だったことで有名ですが、この難聴も鉛中毒の症状の1つである可能性があるそうです。
もし彼がデトックスの知識を持っていたら、難聴にならなかったかもしれませんね!

鉛中毒は多くの場合、慢性的な腹痛、吐き気、高血圧などを引き起こします。
また、成長期にある子供については、成長遅延、学習能力低下、難聴などを引き起こします。

普段、口にする水道水も鉛管を通って運ばれてきますし、最も体内に吸収されやすい経路としては、車の排気ガスが挙げられます。
都市部においてはこれらの経路から体内に吸収される量もバカにならず、デトックスの専門家なども懸念を表明しています。

その他にも、体内に吸収されることで害になるミネラルは多く存在しますので、ぜひ皆さんサプリメントでデトックスしてください。

デトックス

ベートーベンにはデトックスが必要だった 2

鉛以外のデトックスが必要な、有害ミネラルにアルミニウムがあります。
アルミニウムについては、まだ確実な結論は出されていないのですが、認知症の1つであるアルツハイマー症の原因ではないかと疑われています。

日本ではアルミニウムに関する法的な使用制限がなく、缶ジュースや食器、スプーン、アルミホイルなど、様々な形でアルミニウムが使われています。
中には食品添加物などで着色料として認められているものまであり、アメリカの法的な使用制限からみるとだいぶ立ち遅れているようです。

アルツハイマーに関しては、詳しく「栄養学とサプリメントの老化防止」にその記事を記していますのでそちらをご覧いただくとして、アルミニウムの体内における害を防ぐデトックスのミネラルとしては、カルシウムとマグネシウムが有効です。

マルチミネラル カルシウムサプリメント マグネシウム

ベートーベンにはデトックスが必要だった 3

WHOが1992年に発行した「環境保健クライテリア134(Environmental Health Criteria 134)」では、1本のタバコは約1~2μgのカドミウムを含み、その約10%が吸入されるとしています。
喫煙者の場合は特に、タバコに含まれるカドミウムも注意しなければならない、つまりデトックスしたほうが良いミネラルの1つとなります。

日常生活に於いて接するカドミウムの量はたいしたことは無いのですが、他の有害物質と同様、体内に取り込まれた有害ミネラルは、内臓や脳、骨、脂肪層などに蓄積され、長い間かかって症状を発症させます。

カドミウムはガン、特に前立腺ガンを引き起こすものとしてデトックスの分野では扱われています また、極端なカドミウムの摂取は骨の代謝異常を引き起こし、あの有名なイタイイタイ病のような骨に関する異常を引き起こします。

有害なミネラルは他にもたくさんありますが、それらは内臓に多く蓄積されれば、ガンの危険性もかなり高くなりますから、体内に溜まってしまった有害ミネラルは、できるだけ早急にデトックスする必要がありますし、体内に入ってこようとする有害ミネラルは体内に取り込まれないようにする必要があります。

お気軽にお問い合わせください TEL 0120-077-273 平日 10:00~17:00
携帯からは03-6277-0346

PAGETOP
Copyright © Since 1999-2016 AMERICAN VITAMIN SHOP. All Rights Reserved.