Just another WordPress site

低インシュリンダイエット

  • HOME »
  • 低インシュリンダイエット

低インシュリンダイエット 1

食物繊維

最近のアメリカでは、 食物繊維ダイエットの進歩型のダイエットが注目されてきています。

そのダイエット方法の名称は、 低インシュリン・ダイエットといい、運動を伴なわないダイエットに最適とされています。

ご飯や砂糖などの消化の良い 炭水化物を一時に摂ると、食後1時間くらいで体内の血糖値が急激に上昇します。
その時に大量の糖分を処理するために、すい臓からインシュリンが分泌されます。
この時に、運動など体を動かしていれば、そのインシュリンに導かれて、糖分が筋肉に運ばれ易くなり、そこで大量に使われるため、高いダイエット効果を生み出します。

しかし、運動をしていない場合、大量に分泌されたインシュリンによって、糖分が遊離脂肪酸に換えられるという、化学反応が起こります。

この遊離脂肪酸は、筋肉が直接使うことのできる脂肪酸で、1個1個のカロリーが高いため、長距離走の運動選手などが、スタミナ確保のために、体内に溜め込もうと頑張っている物質です。

次項も続きをお送りします。

低インシュリンダイエット 2

食事によって急激に高くなった血糖値を下げるために すい臓からインシュリンが大量に分泌され 使われずに余った糖分が遊離脂肪酸に換えられるという仕組みは 前回にお話しました。

この遊離脂肪酸は 運動中であれば筋肉に取り込まれ エネルギーとして使われるのですが 運動をしていなければ 一定時間血液に乗って体内をめぐった後 脂肪細胞に取り込まれて 脂肪として蓄積されてしまいます。

低インシュリン・ダイエットは 運動していない時のインシュリンの分泌を低く抑えることで 遊離脂肪酸を作られにくくし 脂肪の蓄積を防ごうというダイエット方法です。

運動をする時は クロムサプリメント(クロミウム)などによって インシュリンの分泌を促して 糖分を筋肉に導き エネルギーとして使いきり 運動をしていない時は インシュリンの分泌を低く抑えることで 余った糖分が脂肪として蓄積されるのを防ぎます。

ダイエットにおいては こういったインシュリンの分泌にメリハリをつけることで 効率よくダイエットを成功に導こうというのが このダイエット方法の基本的な使い方です。

次項も続きをお送りします。

ダイエットカロリーコントロール

低インシュリンダイエット 3

ダイエットリバウンドや途中挫折などを引き起こさずに、ダイエットを成功に導くには、運動を取り入れて筋肉を付け、基礎代謝カロリーを引き上げるのが、最も良い方法であるのは間違いが無いのですが、ダイエット中にずっと運動を続けることは、事実上不可能なことです。

つまり、この 低インシュリン・ダイエットは、ダイエット中の食事の後、運動をしていない時に、食事が脂肪に換えられるのを防ぐ意味で非常に重要です。

ダイエットの基本として、食事制限はできるだけ回避するのが鉄則です。

食事を消化するときのカロリー消費については以前にレポートしましたが、1日の消費カロリーの中でも、非常に大きなウェイトを占めるため、食事を抜くことは、1日の消費カロリーを減らすことに繋がります。

確かに食事を抜けば、入ってくるカロリーが減りますので、食事の消化に使う消費カロリーを差し引いても、摂取カロリーが減ることは間違いありません。

しかし、食事を抜くことで、筋肉が糖分に換わる糖新生が起き、間違いなくダイエットは失敗に終わるでしょう、もし、例え目標体重に落ちたとしても、 ダイエットリバウンドを引き起こす体質になっていることは間違いありません。

次項も続きをお送りします。

低インシュリンダイエット 4

食事を抜かずに、取り込んだカロリーを脂肪にも換えない方法、これが 低インシュリン・ダイエットです。

今まで、長々と 低インシュリン・ダイエットの必要性について話してきましたが、それでは、その方法は?

そうですね、先にも書きましたが、 低インシュリン・ダイエットは 食物繊維ダイエットの進歩型です。

食事後の急激な血糖値の上昇を避けるため、ギムネマ・シルベスタや 食物繊維、 ビタミンB群が使われます。

食事の15~30分ほど前に、 食物繊維のサプリメントを摂取します。

食物繊維は消化に時間がかかるため、、食事中に胃で消化された炭水化物が、腸に送り出されるのが非常にユックリになります。
そうすれば、腸でのブドウ糖などの吸収が緩やかになり、急激な血糖値の上昇を低く抑えることが出来ます。

食物繊維自体にも、糖分をからめ取って、腸からの吸収をゆっくりにさせる性質があります。

次項も続きをお送りします。

低インシュリンダイエット 5

次に、腸から吸収されてしまった糖分を、 ビタミンB群を摂取することで、糖代謝のスピードを上げて、血糖値が上昇する前に使い切ってしまいます。

そのために、食事の直前か食後すぐに ビタミンB群のサプリメントを摂取します。

ビタミンB群は、体が糖質を使うのを助ける働きがあり、 ビタミンB群を摂ることで、各細胞内での糖質を使う工程がスムーズになり、血糖値が急激に上昇することを防ぎます。

血糖値さえ急激な上昇を示さなければ、糖質を脂肪に換えるインシュリンは、それほど大量に分泌されないのですから、摂った栄養が、脂肪として溜め込まれることも少なくなります。

また、食事の内容についても、消化の良いものは出来るだけ避けて、海藻などの消化の悪いものをたくさん取り入れれば、それだけ血糖値の上昇が避けられます。

特に、海藻に含まれる アルギニンという水溶性の 食物繊維は、糖分を包み込んで、そのまま腸での吸収を行わせずに、排泄する働きもあります。

次項も続きをお送りします。

ダイエットサプリメント

低インシュリンダイエット 6

しろいんげん豆のファセオラミンは 、この 低インシュリン・ダイエットというダイエットの中心的なサプリメントです。

ご飯や砂糖などの消化の良い炭水化物を一時に摂ると、食後1時間くらいで体内の血糖値が急激に上昇します、その時に大量の糖分を処理するために、すい臓からインシュリンが分泌されます。

この時に、運動など体を動かしていれば、そのインシュリンに導かれて、糖分が筋肉に運ばれ易くなり、そこで大量に使われるため、高いダイエット効果を生み出します。
しかし、運動をしていない場合、大量に分泌されたインシュリンによって、糖分が遊離脂肪酸に換えられるという、化学反応が起こります。

次項も続きをお送りします。

低インシュリンダイエット 7

クロムサプリメント(クロミウム)

この遊離脂肪酸は、運動中であれば筋肉に取り込まれ、エネルギーとして使われるのですが、運動をしていなければ、一定時間血液に乗って体内をめぐった後、脂肪細胞に取り込まれて、脂肪として蓄積されてしまいます。

運動をする時は クロムサプリメント(クロミウム)などによって、インシュリンの分泌を促して、糖分を筋肉に導き、エネルギーとして使いきり、運動をしていない時は、 しろいんげん豆のファセオラミンや 食物繊維、 ビタミンB群などによりインシュリンの分泌を低く抑えることで、余った糖分が脂肪として蓄積されるのを防ぎます。

ダイエットにおいては、こういったインシュリンの分泌にメリハリをつけることで、効率よくダイエットを成功に導こうというのが、このダイエット方法の基本的な使い方です。

つまり、 しろいんげん豆のファセオラミンは食事炭水化物の吸収を防ぐ意味で非常に重要です。

低インシュリンダイエット 8

運動を伴なわないダイエットを行っている方は、食事の方法として、この 低インシュリン・ダイエットをお奨めします。

また、運動を伴なうダイエットを行っている方も、普段の食事で、この 低インシュリン・ダイエットを取り入れれば、食事のカロリーが脂肪に換わることが避けられますから、夕食時に実行すれば、寝ている間に使われないカロリーが脂肪に換わることを防ぐことができます。

生活習慣として夜食を召し上がる方や、夜遅くに食事をされる方は、特に寝ている間に脂肪が付いてしまいますので、非常にお奨めです。

運動前には クロムサプリメント(クロミウム)でインシュリンを分泌させてやり、筋肉の糖質の吸収を上げてやることで、筋肉の持久力が増し、カロリー消費が大幅に上がります。
この、インシュリンのメリハリのある分泌を制御することで、より効率良くダイエットを実践することが出来るでしょう。

次項はこの 低インシュリン・ダイエットに向いている サプリメントをご紹介します。

低インシュリンダイエット 9

低インシュリン・ダイエットに向いていると思われるサプリメントを ご紹介します。

しろいんげん豆のファセオラミン

ビタミンB群

スピルリナ

タンポポの根

りんごペクチン(アップルペクチン)

オオバコ

雑穀と果物と野菜の食物繊維

クロムサプリメント(クロミウム)

霊芝(レイシ) マイタケ シイタケエキス

ファセオラミン 低炭水化物ダイエット オオバコ クロムサプリメント(クロミウム)

次項も続きをお送りします。

低インシュリンダイエット 10

クロムサプリメント(クロミウム)と しろいんげん豆のファセオラミンと ビタミンB群を除くサプリメントは、 食物繊維を主体としたサプリメントですが、できるだけ様々な種類のサプリメントを、一緒にお摂り下さい。
食物繊維は、様々な種類を摂ることで、より効率よく作用する性質があります。

厚生労働省も 食物繊維の摂取を奨励しています。

食物繊維には 低インシュリン・ダイエットなどのダイエットを行うためだけでなく、食事と一緒に入ってくる、防腐剤や有害な着色料、有害なミネラルなどの吸収を阻害し、ガンなどの生活習慣病を予防し、お肌の調子を整えるなど、様々な効果が期待されています。

健康や美容のため、普段から是非摂っておきたい サプリメントです。

お気軽にお問い合わせください TEL 0120-077-273 平日 10:00~17:00
携帯からは03-6277-0346

PAGETOP
Copyright © Since 1999-2016 AMERICAN VITAMIN SHOP. All Rights Reserved.