各サプリメントを商品番号順に紹介していくコーナーです~

今回は PABAパラアミノ安息香酸です。

UVカットのPABA

名前は厳ついですが ビタミンB群の1つで昔から経口摂取されている安全なサプリメントです、またアメリカ食品医薬品局(FDA)が唯一認める飲むタイプの UVカットアイテムでもあります。

PABAは今でも塗るタイプの UVカットクリームで紫外線を吸収する素材として使われています。

紫外線を浴びることで皮下にメラニン色素が作られて日焼けやシミなどになるわけですがその紫外線が皮膚に届かないようにPABAが紫外線を吸収しているのです(塗るタイプの UVカットクリームにはもう1種類、紫外線を反射させて皮膚に届かないようにする素材もあります)、PABAは ビタミンB群の1つですから飲むこともできるわけですね。

ビタミンB

そこで誰が考えたのか体内で PABAを使って紫外線を吸収できないかと実験をしてみたところ、水溶性の性質を持つPABAはうまい具合に表皮の下に溶け込んで紫外線を吸収してくれたそうです、PABAがメラニン色素が作られる層の手前で紫外線を吸収してくれる効果はFDAでも確認しており、飲む UVカットサプリメントとして認めてくれたのです。

秋から冬にかけては紫外線が増える季節ですので、従来の塗るUVカットクリームやSPF効果を謳ったファンデーションに加えて PABAによって体の中から紫外線対策を行って美白を試みてはいかがでしょうか?
より高い効果を期待して L-システインや ビタミンB群のサプリメントと併用してみてください。

サプリメントで体の中から改善するのとあわせて、外からの改善も同時にやると、効果的です。
アルファアルブチン美白化粧品は医薬品指定の美白成分、ハイドロキノンにブドウ糖をα結合させた、ハイドロキノン誘導体で、メラニン色素を生成するチロシナーゼに作用して、メラニン生成メカニズムを阻害する働きがあります。新たなメラニンを作らせないように、αアルブチン(アルファアルブチン)美白化粧品をサプリメントの摂取とあわせてご使用いただくのもいいと思います。

美白化粧品には興味が無い方でもオゾン層の破壊により高エネルギーの紫外線が増えて皮膚ガンの危険が高まっていることには興味を持っていただけると思いますし、 ストレスを感じている方や 葉酸不足で 貧血になっている方などにもPABAはお勧めです。

ここにお載せした情報は、数年前に商品カタログを作るときに調べた栄養学の情報に最新の情報を加えたもので、 アメリカンビタミンショップの商品カタログの商品説明に反映させていただきます。

UVカットのPABA

● 美白を心がけている方は近所にチョット買い物に行くにも帽子と手袋は欠かせないそうです。
PABAとしてもお奨めです)はそんな方の UVカットのプラスアルファになれるサプリメントだと思います、防止と手袋にPABAをプラスしてより高いUVカット効果を実感してください。

↓ ↓ ↓をクリック!! 読者様限定

PABA

●日本でもおなじみになってきていますが 美白サプリメントとして一番売れているのは、やはり L-システインでしょうね、 ビタミンCと一緒になって肝臓に働きかけて作られてしまった黒色メラニンを白色メラニンに変えていって シミを目立たなくさせるものとしては非常に高い効果が認められています。

L-システインは アミノ酸が何個か集まってできたペプチドで皮膚や髪の毛を構成する成分の1つでもあります。

L-システイン

美白にはターンオーバーの正常化が必須です、 亜鉛サプリメントや ベータカロチン、 ビタミンB群の併用で皮膚の基底細胞の細胞分裂を活発にさせて、 コラーゲンの材料となる MSMサプリメントを補給してお肌の 新陳代謝を活発にすることをお勧めします。

↓ ↓ ↓をクリック!! 読者様限定

L-システイン