Just another WordPress site

便秘解消とヨーグルト

  • HOME »
  • 便秘解消とヨーグルト

便秘解消とヨーグルト

ヨーグルトに含まれるコッカス腸内細菌や乳酸菌は、そのほとんどが胃酸によって死滅してしまうことは、前にレポートさせていただきました。では、ヨーグルトにはまったく価値が無いのでしょうか?
実は、あります。

ヨーグルトの発酵過程では、コッカス腸内細菌や乳酸菌が、自らが増えるために必要な物質を自ら製造しています。
ですから、ヨーグルトに含まれる乳酸菌がほとんど死滅してしまっても、腸内に定住しているコッカス腸内細菌や乳酸菌を活性化させる物質を多く含むヨーグルトを食べることは、便秘解消に非常に必要なことなのです。

しかし、一口にヨーグルトといってもイロイロな種類があり、中には、せっかくヨーグルトの発酵中に作られた腸内に定住しているコッカス腸内細菌や乳酸菌を活性化させる物質のほとんどが失われているヨーグルトもあります。
最近は日本のヨーグルトも進化してきて、プロバイオティクスを謳った製品も多数売られていますが、通常のヨーグルトを買う際は、まずは砂糖などの味付けがされていないものを選ぶのが上策です。
甘味が無いと食べづらいという方は、コッカス腸内細菌や乳酸菌が好むオリゴ糖などをかけて食べるか、果物などの食物繊維を多く含むものと一緒に食べると良いと思います。

便秘

便秘解消における食物繊維の実力

食物繊維は不溶性と水溶性に分けられます。
不溶性食物繊維は主に植物の細胞壁から取られるセルロースやヘミセルロース、ペクチン、リグニンと、甲殻類(カニなど)の殻から取れるキチンやキトサン、イヌリンに分けられます。

水溶性食物繊維は主に植物細胞内に貯蔵される多糖類の海藻多糖類と、植物ガムやペクチンなどにわかれます。
ちょっと特殊なところでは、コンドロイチンやヒアルロン酸なども食物繊維として扱ってもよいと思います。

これまでにも便秘と食物繊維の関係を証明するための実験は数多く行われてきていますが、とうもろこしなどに含まれるリグニンを毎日摂取したところ、便秘症の被験者の内、2/3の方達の便秘が改善しました。セルロースやリグニンなどの不溶性食物繊維は、水に溶けず腸壁を刺激します。また、便の主要構成物となり便のカサを増やしてお通じを良くします。

食物繊維を摂った場合と摂らない場合では、食物摂取から排便までの時間が大きく変わります。
アメリカで行なわれたある実験によると、たくさん食物繊維を摂った方が、摂らなかった方の半分の時間で排便できたそうです。
腸を通過する時間が短ければ、それだけ腐敗便やそこから発生する有害物質を吸収しなくて済みます。
便秘解消のみならず、「デトックス」という意味においても、食物繊維はできるだけ多く摂ってください。

善玉菌サプリメント 食物繊維 りんごペクチン コンドロイチン

お気軽にお問い合わせください TEL 0120-077-273 平日 10:00~17:00
携帯からは03-6277-0346

PAGETOP
Copyright © Since 1999-2016 AMERICAN VITAMIN SHOP. All Rights Reserved.