Just another WordPress site

便秘解消マッサージ1

  • HOME »
  • 便秘解消マッサージ1

便秘解消マッサージ1

ここでは、アメリカで実績のある便秘解消のためのマッサージ方法をご紹介します。この便秘解消マッサージ方法は簡単で効果が高いため、アメリカの健康雑誌などでは十年以上にわたって繰り返し繰り返し紹介されています。便秘にお悩みの方は、ぜひお試しください。

まず、リラックスした状態で仰向けに寝ます。その時、手足は思いっきり伸ばした状態にしてください。
次に、へそ下5cmの部分から左右に10cm位の所を、腸を刺激するように意識して押してください。
それを数分続けたら、押す場所を多少ずらして、同じように腸を刺激してください。
それが終わったら、今度はうつ伏せになり、先ほどの場所のちょうど真裏あたりを同じように刺激してください。

背中側の刺激が終わったら、もう一度仰向けに戻ってください。
次に両方の手のひらを胸の前で思いっきり合わせ、その状態から、指同士はくっつけたままで手のひらを離し、人差し指をお互いにクルクル廻してください。
そのクルクルを20回したら、次は中指をクルクル、その次は薬指をクルクルします。
このクルクルは、真剣に集中してやるのがコツです。「便秘解消~!!」と念じながら行なうのも良いと思います。

お腹と背中のマッサージは直接腸を刺激し、指回しは脳を刺激して自律神経を活発にすることで腸の動きを正常に戻します。
この便秘解消マッサージは、毎日繰り返し行うことが大切です。

便秘とウコンの関係

マルチビタミンクルクミン小腸から分泌される消化液のひとつに胆汁があります。
この消化液はアルカリ性で、主に脂質の消化や脂溶性の性質を持つビタミンなどの吸収を良くするために分泌されます。

実は、この胆汁の分泌量が、便の水分の含有率と密接な関係にあることが判ってきました。
胆汁が多く分泌されるヒトの便は、非常に水分を多く含み、柔らかくなるのです。
つまり、排便時にカチカチの便をするヒトは、水分の補給が足りないか、胆汁の分泌量が少ないわけです。
便がカチカチであれば、当然腸内を便が移動するのが困難になります。便秘解消には 水分によって便のかさを増やして軟らかくしてやることが肝心です。
逆にいうと、便秘の方は胆汁の分泌量を上げてやればいいわけです。

アメリカで行なわれたある実験では、クルクミン(秋ウコン)を摂ることで、胆汁の分泌量が3倍になったそうです。
ウコンは昔から、消化器系の疾患を回復させるハーブとしても使われてきました。
便秘の方は、是非一度お試しください。

便秘

便秘と腸の長さの関係

一般的に日本人の腸は西洋人の腸よりも長くできています。
それは長年にわたる食生活の影響であるといわれています。

雑穀と果物と野菜の食物繊維食物繊維日本人は昔から植物性の食材を多く食べてきました。
それらは難消化性の食物繊維を多く含むため、雑穀の食物繊維を消化するためには長い腸が必要だったのです。
それに比べて、動物性の消化の良い食品を食べてきた西洋人は、腸の長さが日本人よりも短かくなっています。
消化が良く早いため、どんどん便が作られるのに、排泄までに長い腸を通らなければならないのは非効果的な上、老廃物が長時間体内に留まるのは身体に良くないからです。

肉食中心の生活をした場合、腸が正常に働いていれば長さはそれほど影響は無いのですが、腸が弱っている場合、やはり長いほうが便秘になりやすいといわれています。 それぞれの民族にはそれぞれの食習慣があり、それを長い間続けてきています。体がそれに順応しているということは、おわかりいただけると思います。
日本人は日本食に慣れていますので、ここ数十年でおきた食生活の急変には、未だ順応できていません。長くこの食生活を続けていれば、西洋人のように腸が短くなり、肉食中心の生活もできるようになるのでしょうが、現時点であまりにも洋食一辺倒に走るのは、便秘をおこすモトになります。

特に便秘気味の方は、雑穀や野菜で食物繊維を多目に摂るなど、食生活に充分気をつけてください

お気軽にお問い合わせください TEL 0120-077-273 平日 10:00~17:00
携帯からは03-6277-0346

PAGETOP
Copyright © Since 1999-2016 AMERICAN VITAMIN SHOP. All Rights Reserved.