Just another WordPress site

冷え性の方のダイエット

  • HOME »
  • 冷え性の方のダイエット

冷え性のダイエット 1

冷え性は、様々な弊害を伴なう現象です。

今までに判っていることでは、肝機能の低下、風邪をひき易い、腰痛の原因になる、免疫力の低下などがあります。

冷え症の方は、ホルモンの分泌が悪く、それが原因で新陳代謝が低くなっている方が多いようです。

ダイエットとして最も大切な新陳代謝が鈍ることで、1日の消費カロリーが低く抑えられてしまいますので、痩せにくい体質になっているともいえます。

そのため、まずダイエットを行う場合、 ダイエット・サプリメントを摂ると同時に、 冷え症に対する働きかけも必要です。

体のエネルギーレベルを引き揚げ、熱産生を活発にさせれば、より効率よく、成功へ近づくのではないでしょうか?

次項も続きをお送りします。

冷え性のダイエット 2

冷え症の方のエネルギーレベルをATP(生物の生命活動を司るエネルギーで、各細胞のミトコンドリアで、ブドウ糖から作られます、筋肉を動かす、脳が思考する、細胞分裂をする時など、生物の生命活動には、必ずこのATPが使われます)の産生ということでみてみると、やはり通常よりも低いことが判っています。

コエンザイムQ10( CoQ10)は生命のエネルギーサイクルのなかで、各細胞に含まれる、ミトコンドリアを活性化し、ATPの産生を促します。

各種様々な実験でも、コエンザイムQ10(CoQ10)を摂ることで、ATPの産生が高まり、エネルギーレベルが上昇することがわかっています。

体調をみながら コエンザイムQ10( CoQ10)を30~50mg摂ってみると良いかもしれません。

また、甲状腺を刺激してやることで、ある程度、体の熱産生を増やすことができます。

甲状腺を刺激するのに良いサプリメントは、 ホワイトウィロー(西洋シロヤナギ)があります。
ホワイトウィロー(西洋シロヤナギ)を取ることで、体の熱産生が10%ほど引き上げられることが判っています。

次項も続きをお送りします。

コエンザイムQ10 CoQ10 コエンザイムQ10(CoQ10) ホワイトウィロー(西洋シロヤナギ)

冷え性のダイエット 3

海藻(ケルプ)抽出ヨウ素ヨードは海藻に多く存在するミネラルで、日本人は比較的、 海藻を多く食べる民族ですのでヨードの不足はあまり無いと言われていますが、食生活においてキャベツやナッツ類を多く食べる方で、ヨードの活性が低くなっていることはあるようです。

ヨードは必須ミネラルの1つで、甲状腺に働きかけて、体の熱生産を行います。

熱を作るためにはエネルギーが必要ですので、1日の基礎代謝カロリーが引き上げられることで、ダイエット効果を生み出します。

その機能を薬として使用したものが、メタボ・ダイエットなどのマオウを使用したダイエット薬です。
この薬は、副作用などがありますので、医師の指示のもとで使用する以外では、個人使用は控えた方が良いでしょう。

冷え性のダイエット 4

以下に書かれていることは 冷え性の方に限らず、すべての方の ダイエット方法として使えますので、ご活用ください。

冷え性は手や足などの末端の 血流が悪くなって引き起こされます。

冷え症の方の多くは新陳代謝が不活発で、太りやすい体質であることが、多くの実験によって確かめられています。

最近ではおフロでの半身浴によって、汗をかくことで水分代謝を良くし、 冷え症を改善しようという方法がよく使われます。

浴槽にお腹くらいまでのお湯を張ります、その時、お湯の温度は38度くらいとし、できるだけ長くおフロに入ります。
最低で30分くらいはお湯に浸かっていてください。

次項も続きをお送りします。

ダイエットサプリメント

冷え性のダイエット 5

今、おフロに長く浸かる習慣を持つ人が増えたため、おフロで見れるテレビやラジオなどが売られていますので、そういったものを使い、できるだけ長く浸かってみてください。

また、冷え性の方の多くが水分を摂ることを嫌われますが、実は、水分を多く摂る習慣をつけることで、汗をたくさんかき、 新陳代謝が良くなるという実験もありますので、おフロにペットボトルを持ち込んで、十分な量の水分を補給することも忘れないでください。

水分をたくさん摂ることで、おフロに長く浸かる苦痛を和らげることができるということで、アメリカではミネラルウォーターなどを持ち込む習慣ができてきています。

なぜ汗をかくことで冷え性が治るのでしょうか?

次項も続きをお送りします。

冷え性のダイエット 6

十分な量の水分を摂り、たくさんの汗をかくことで、細胞などの中の老廃物が排泄され、細胞の 新陳代謝が上がり、それにより活発な細胞分裂が起こりますので、1日の基礎代謝カロリーが引き上げられ、ダイエット効果を生み出すのです。

また、 冷え症の方は水分が溜まりやすくなっていますので、その水分により体が冷やされ、冷えることによって脂肪の燃焼が悪くなり、太るという悪循環に陥りがちです。

そのためにも十分な量の水分を摂り、たくさんの汗をかくことで、水分代謝が良くなり冷え性が治り、ダイエット効果を生み出します。

アメリカでは、その入浴時に 発汗作用を促すためのサプリメントを摂ったり、 血液循環を良くするためのサプリメントを摂ったりして、より効率の良い冷え性の改善を行っています。

次項も続きをお送りします。

ダイエットサプリメント

冷え性のダイエット 7

この章では半身浴を行うときに摂ると、より効果的に 冷え性を改善できる サプリメントをご紹介します。

まず、 発汗作用を促すものには、 カプサイシンがあります、半身浴の前の食後に摂ることをお勧めします。

その他にも、体内からの発熱による 発汗作用を促すとして人気があるのが、 ピルビン酸です。

アメリカではよくワークアウトなどの運動の前に摂って、脂肪の燃焼効率を引き上げるために使いますが、半身浴でも脂肪の燃焼を促し、体内からの発熱により、より活発な発汗作用を促します。

このサプリメントはおフロに入る30~60分前くらいに摂られることをお勧めします。

次項も続きをお送りします。

冷え性のダイエット 8

この章では半身浴を行うときに摂ると、血流を良くする働きで 冷え症を改善する サプリメントをお勧めします。

まず最初にご紹介したいのが、 ビタミンEです。

この ビタミンEは トコフェロールと呼ばれ、天然のものが人工のものより20%ほど効力が高いといわれています。

このビタミンEは血流を上げると同時に、ホルモンの分泌を促します。

血流が良くなり、ホルモンの分泌が正常化しますと、自律神経の働きが活発になり、毛細血管の血流が更に良くなり、ホルモンの分泌を促します。

つまり、良い意味での循環が作られ、 冷え症が改善されるとして、アメリカのダイエットを専門とする医師やコーディネーターは、冷え性が原因で太りやすくなっている方に、このビタミンEの摂取を勧めることが多いようです。

冷え症の方は ビタミンEを400~1200mg(1日1回~3回、お互いに時間を開けて)摂取してみてください。

次項も続きをお送りします

お気軽にお問い合わせください TEL 0120-077-273 平日 10:00~17:00
携帯からは03-6277-0346

PAGETOP
Copyright © Since 1999-2016 AMERICAN VITAMIN SHOP. All Rights Reserved.