Just another WordPress site

動脈硬化予防

  • HOME »
  • 動脈硬化予防

動脈硬化予防

動脈硬化予防で大切なことは、肥満防止と軽い運動、ストレスをためない、喫煙しないなどがあります。
動脈硬化は他の 生活習慣病と深く関わっていて、それらの生活習慣病が動脈硬化を引き起こしますし、動脈硬化が他の生活習慣病を引き起こす原因ともなります。

食生活では、塩分を控えめにして、 カリウムの豊富な野菜類を多く摂りましょう。
また、動物性脂肪とコレステロールの摂取を控え、お酒や甘いものなども極力控えてください。

最近の研究では、老化と病気の原因の90%に 活性酸素が関係しているとの報告があります。
活性酸素の生成抑制や活性酸素の中和を行なうのが、抗酸化物質( 抗酸化剤)とよばれるものです。
活性酸素にはいくつかの種類があり、それぞれの活性酸素に効く抗酸化物質は決まっていますので、 ビタミンや ミネラルなど、活性酸素の種類によってさまざまな抗酸化物質が使い分けられます。

自然治癒力をUPさせるためには、食事の改善と マルチビタミン等の栄養補給が有効との報告があります。

動脈硬化が進行した人の動脈には、健康な人の1/14しか シリカ(ケイ素)が含まれていないとの報告もあります。
ペクチンは植物性の 食物繊維で、シリカ(ケイ素)を多く含みます。
シリカ(ケイ素)は コラーゲンを束ねて結合組織を強化します。  シリカ(ケイ素)が不足すると、爪が割れやすくなる、髪が抜けやすくなる、皮膚がたるむ、腱や血管が弱くなるなど、健康や美容の上で様々な問題が起こります。

動脈硬化予防が期待出来るサプリメントとしては、アメリカでは コエンザイムQ10( CoQ10)や 大豆レシチン、 食物繊維、 カルニチン、 ペクチン、 ググル(血中脂質抑制ハーブ)などに人気があります。

コエンザイムQ10 大豆レシチン カルニチン ググル(血中脂質抑制ハーブ)

生活習慣病のために意識して摂りたいサプリメント

マルチビタミン
ビタミンC(ビタミンP)
ビタミンB群
カリウム
マグネシウム
カルシウム
大豆レシチン
ビタミンE
ベータカロチン(ビタミンA)
アントシアニン
アシドフィルス菌
タウリン
EPAと DHA( オメガ3)
アルファルファ
イチョウ葉エキス
クルクミン( 秋ウコン)
キトサン
コエンザイムQ10( CoQ10)
ガンマリノレン酸(γリノレン酸)(月見草オイル)
リコピン
亜鉛
セレン(200−300mcg)
亜麻仁油(フラックスシードオイル)
キノコエキス(霊芝(レイシ)やマイタケ、シイタケなど)
シリカ(ケイ素)
ヨード(ヨウ素)
朝鮮人参(高麗人参)
食物繊維
カルニチン
ペクチン
ググル(血中脂質抑制ハーブ)

ガンマリノレン酸(γリノレン酸) リコピン 亜鉛サプリメント 亜麻仁油(フラックスシードオイル)

高血圧予防

高血圧予防で大切なことは、動脈硬化を防ぎ、食塩を摂りすぎないことです。

マグネシウムと カルシウムには血管を弛緩させる効果があり、摂取したナトリウムを排泄するためには カリウム(1日2g−10g位)が有効との報告があります。
ただしカリウムは、肝臓や心臓、腎臓、副腎皮質に疾患をお持ちの方は摂取を控えてください。

また、最近の研究では、老化と病気の原因の90%に 活性酸素が関係しているとの報告があります。
活性酸素の生成抑制や活性酸素の中和を行なうのが、抗酸化物質( 抗酸化剤)とよばれるものです。
活性酸素にはいくつかの種類があり、それぞれの活性酸素に効く抗酸化物質は決まっていますので、 ビタミンや ミネラルなど、活性酸素の種類によってさまざまな抗酸化物質が使い分けられます。

ストレスは血圧を上げるので、ストレス耐性をつけるための栄養補給も重要でしょう。「精神のビタミン」と呼ばれる ビタミンB群をおすすめします。

自然治癒力をUPさせるためには、食事の改善と マルチビタミン等の栄養補給が有効との報告もあります。

マグネシウムサプリメント カルシウムサプリメント ビタミンB マルチビタミン

生活習慣病のために意識して摂りたいサプリメント

マルチビタミン
ビタミンC(ビタミンP)
ビタミンB群
カリウム
マグネシウム
カルシウム
大豆レシチン
ビタミンE
ベータカロチン(ビタミンA)
アシドフィルス菌
タウリン
EPAと DHA( オメガ3)
イチョウ葉エキス
クルクミン( 秋ウコン)
キトサン
コエンザイムQ10( CoQ10)
ガンマリノレン酸(γリノレン酸)(月見草オイル)
リコピン
アルファルファ(食物繊維)
カルニチン
ペクチン
ググル(血中脂質抑制ハーブ)

生活習慣病

糖尿病予防

糖尿病予防で大切なことは、過食を避けることと肥満の防止です。
また、 ストレスや不規則な生活は大敵です。食事の量は腹八分目に、たんぱく質と脂質と糖質のバランスに気をつけて、十分な ビタミンや ミネラルを摂りましょう。
食物繊維は 生活習慣病予防の鍵を握りますので、多めに摂ってください。
運動も糖尿病予防の重要なファクターのひとつです。
軽くて良いですし、どうしてもイヤな日はお休みしても良いので、とにかく継続的な運動を、日常生活に取り入れるようにしましょう。

最近の研究では、老化と病気の原因の90%に 活性酸素が関係しているとの報告があります。
活性酸素の生成抑制や活性酸素の中和を行なうのが、抗酸化物質( 抗酸化剤)とよばれるものです。
活性酸素にはいくつかの種類があり、それぞれの活性酸素に効く抗酸化物質は決まっていますので、 ビタミンや ミネラルなど、活性酸素の種類によってさまざまな抗酸化物質が使い分けられます。

ストレス耐性をつけるための栄養補給も重要です。「精神のビタミン」と呼ばれるビタミンB群をおすすめします。

自然治癒力をUPさせるためには、食事の改善と マルチビタミン等の栄養補給が有効との報告があります。

糖尿病予防が期待できるサプリメントとしては、アメリカでは 大豆レシチンや 食物繊維、 カルニチン、 クロムサプリメント(クロミウム)、 タウリン、 コエンザイムQ10( CoQ10)などに人気があります。

大豆レシチン カルニチン クロムサプリメント(クロミウム) タウリン

生活習慣病のために意識して摂りたいサプリメント

マルチビタミン
ビタミンC(ビタミンP)
ビタミンB群
カリウム
マグネシウム
カルシウム
大豆レシチン
ビタミンE
ベータカロチン(ビタミンA)
アシドフィルス菌
タウリン
EPAと DHA( オメガ3)
イチョウ葉エキス
クルクミン( 秋ウコン)
キトサン
コエンザイムQ10( CoQ10)
ガンマリノレン酸(γリノレン酸)(月見草オイル)
リコピン
アルファルファ(食物繊維)
カルニチン
クロムサプリメント(クロミウム)

ビタミンE ベータカロチン(ビタミンA) EPAとDHA(オメガ3) クルクミン

お気軽にお問い合わせください TEL 0120-077-273 平日 10:00~17:00
携帯からは03-6277-0346

PAGETOP
Copyright © Since 1999-2016 AMERICAN VITAMIN SHOP. All Rights Reserved.