Just another WordPress site

善玉腸内細菌でスキンケア

  • HOME »
  • 善玉腸内細菌でスキンケア

善玉腸内細菌でスキンケア 1

善玉菌サプリメント美肌スキンケアとはちょっと関係ない気がする方も多いのではないかと思いますが、読み進んでいただけるとスキンケアにも関係していくことがわかると思いますので、最後までお付き合いください。

最近、善玉菌(乳酸菌 腸内細菌)を体のために役立てようという、プロバイオテックスという考え方が多くの識者や企業によって広められつつあります。
某乳酸菌系飲料企業でも、プロバイオテックスのCMを流してますね。

プロバイオテックスと聞くと何となく新しいと思ってしまいますが、実際は1930年代にある医学者によって提唱されているんです。

日本の厚生労働省は今でも、その戦前の理論によって国民の健康事業を推し進めていますが、世界のプロバイオテックスの流れはだいぶ変わってきているようです。

善玉腸内細菌でスキンケア 2

善玉菌といって、皆さんがすぐに思い浮かべるのは、ビフィズス菌ではありませんか?
でも、実際ビフィズス菌を善玉菌として取り扱っている国は、日本とドイツしかないということをご存知でしょうか?
まだまだ多くの実験が必要な段階ですが、ビフィズス菌は大腸ガンを引き起こす物質を産生しているのではないか、という疑いがあります。

ビフィズス菌などの仲間を乳酸菌といいまして、乳酸を分泌して腸内環境を正常化するとして昔から善玉菌として取り扱ってきました。
実際に乳酸によって腸内環境を正常に保つ働きに関しては間違いありませんし、そういう意味では善玉腸内細菌といっても良いのだと思います。
しかし、前述したように大腸ガンを引き起こす疑いのある物質を出す腸内細菌を、世界の各国は善玉菌から外しました。

美肌スキンケア

善玉腸内細菌でスキンケア 3

今現在、世界的に認められている善玉腸内細菌は、乳酸桿菌(にゅうさんかんきん)の仲間であるアシドフィルス菌が代表的です これらアシドフィルス菌などの善玉菌(乳酸菌 腸内細菌)は食物繊維を摂ることで増えることが知られていますが、最近の日本人の洋食化傾向が、健康のために必要な十分な量の食物繊維を摂ることを妨げているようです。
戦後から現在まで、日本人の摂取する食物繊維の量は減少の一途をたどっています。

これらアシドフィルス菌などの善玉菌(乳酸菌 腸内細菌)とバランスの取れた食物繊維の摂取によって、永い年月をかけて悪玉腸内細菌優勢となった腸内を、再び善玉腸内細菌優勢にかえることができますので、サプリメントでの摂取をおすすめいたします。
善玉腸内細菌と悪玉腸内細菌は、ちょうどシーソーのような関係にあります。
善玉菌(乳酸菌 腸内細菌)が増えれば、悪玉腸内細菌が自然と減ってきますので、善玉腸内細菌を増やすことを考えましょう。

美肌スキンケアまでもう少しです、次ページに続いておりますので、今しばらくお付き合いください。

善玉菌サプリメント アシドフィルス菌 食物繊維サプリメント

善玉腸内細菌でスキンケア 4

善玉菌サプリメント前ページで善玉菌(乳酸菌 腸内細菌)についてはお判りいただけたと思います。

それでは、悪玉腸内細菌とはいったいなんでしょうか?

悪玉腸内細菌は、食事で摂取したタンパク質(主に肉類です)を元に硫化水素やアミン、スカトール、インドールなどの有害物質を作り出します。
これら有害物質が、肌のトラブルを引き起こすことが知られています。
(やっと美肌スキンケアに関係することが出てきましたね、ここからが本題です)

これら、悪玉腸内細菌の産生する有害物質は、腸壁から体内に吸収されると、肌の基底細胞の細胞分裂のスピードを遅くしたり、不ぞろいにして肌のきめの細かさを失わせたりします。
また、肌のくすみの原因になったり、肌の老化を早めたり、腸のコンディションが直接スキンケアに影響を与えます。
つまり、美肌をキープしたいとか、お肌の改善を望まれている場合、腸内改善は外せないと言うことなのです。

善玉腸内細菌でスキンケア 5

今回は、スキンケアにも重要な、善玉菌(乳酸菌 腸内細菌)を増やす方法についてお届けします。

以前にも書かせていただきましたが、食物繊維の摂取が善玉腸内細菌優勢の腸内を作る鍵になることは間違いありません。

アメリカのミネソタ大学で便秘解消を目的とした実験を実施しました。
実験の内容は、食物繊維だけを摂るグループ(1日10g)と、ビタミンC(ビタミンP)だけを摂るグループ(1日3g)と、食物繊維とビタミンCの組み合わせでサプリメントを摂るグループ(各同量)とに分かれて、8週間の実験を行いました。

結果は
1位 食物繊維とビタミンC(ビタミンP)の組み合わせを摂るグループ 改善率52%
2位 食物繊維だけを摂るグループ 改善率41%
3位 ビタミンCだけを摂るグループ 改善率22%

ということになりました。

美肌スキンケア

善玉腸内細菌でスキンケア 6

食物繊維サプリメントビタミンC(ビタミンP)先の実験を行った医師グループが実験を補完する意味で、先の実験に善玉菌のサプリメントをプラスして、後日また実験を行いました。

食物繊維だけを摂るグループと、ビタミンC(ビタミンP)だけを摂るグループと、食物繊維とビタミンCの組み合わせを摂るグループという前と同じ条件ですが、それぞれにアシドフィルス菌などの腸内細菌のサプリメントを摂ってもらいました、実験期間は8週間でした。

結果は
1位 食物繊維とビタミンCの組み合わせを摂るグループ 改善率68%
2位 食物繊維だけを摂るグループ 改善率39%
3位 ビタミンCだけを摂るグループ 改善率37%

ということになりました。
今回は、腸内細菌の量を計測するため、便における腸内細菌の死骸の量を計測しています。

この実験で、ビタミンC(ビタミンP)と善玉菌の相性のよさがハッキリしています。
実験自体はスキンケアではなく、便秘解消を目的として行われていますが、善玉腸内細菌を増やすということでは、スキンケアにも十分応用してよい結果だと思います 。

お気軽にお問い合わせください TEL 0120-077-273 平日 10:00~17:00
携帯からは03-6277-0346

PAGETOP
Copyright © Since 1999-2016 AMERICAN VITAMIN SHOP. All Rights Reserved.