ダイエットはこちら
ダイエット法に関するQ&Aはこちら

★その他の夏季痩身計画要綱についてのページ★
・ お正月太りを防いで夏に向けてダイエット  夏季痩身計画要綱 その1はこちら
・ お正月太りを防いで夏に向けてダイエット   夏季痩身計画要綱 その2はこちら
・夏に向けてお正月太りからの脱出!      夏季痩身計画要綱 その3(このページです)
・ 痩せない体質って?ダイエットに意外な盲点! 夏季痩身計画要綱 その4はこちら
・ 痩せない体質って?ダイエットに意外な盲点! 夏季痩身計画要綱 その5はこちら
・ 基礎代謝カロリーをUPして楽々ダイエット  夏季痩身計画要綱 その6はこちら

こんにちはー、アメリカン、ビタミンショップ店長の阿部好和と申します。

申し訳ありません!
今回のメルマガは アレルギー性鼻炎関係の情報で原稿を用意していたんですが、メーカー都合で花粉症関係の商品の入手が困難で(アメリカでも季節なので花粉症関係の商品が売れていてメーカーが欠品してしまっているそうです)内容を変更させていただきます。
とりあえずハワイの事務所には花粉症関係の商品の在庫がありますから アメリカンビタミンショップとしては欠品はしていないのですが、バーゲンで出せるほどは在庫が無いため、今回は苦渋の選択で次回に発行予定だったメルマガを少し加筆して急ピッチで仕上げて繰り上げてお届けします。

もうそろそろ結果がでている頃ですね。

え?何がって?

正月太りですよ(笑)、皆さんどうでしょうか?
去年の夏の終わりの体形を維持できていますか?(店長はダメです)、これから夏に向けて ダイエットをしなければならないと考えている読者様も多いのではないでしょうか?(店長みたいに(笑))

お正月が終わって半月以上経っていますが店長はみごとに太りましたよ~
3kgも太ってしまいました、あれだけ痩せるのに苦労したのに太るときはわずか2~3週間で太っちゃうんですよね。

だいたいにおいて以前よりも痩せにくく太りやすくなっている体質を実感しますね、こういった現象がおこると・・・・

20代の頃は痩せようと思えば結構簡単に体重が落ちたものですが、30代の半ばを過ぎると 新陳代謝が鈍るんですかね?なかなか体重が言うことをきいてくれません。

それから非常に悲しいことですが昔にうまくいった ダイエット方法がなかなか効果を発揮しませんね。

店長が20代の中頃に使って サプリメントに本当にハマルきっかけになったのは アミノ酸ダイエットなのです。

アミノ酸ダイエット

学生と社会人でやっていたアメフトを辞めてから筋肉がおちてかなりの脂肪体質になってしまいました、その時に友人のアメリカ人(アメフトのチームメイト)からもらって半信半疑で飲んだのが アミノ酸ダイエットでした。

その時は、ナ、ナ、ナント!
わずか3ヶ月の間に、食事制限や運動など何もしていないのに10kgも痩せたのです。

飲み始めてから体重が見る見る減っていくのをみて、最初はガンかな?って疑ったくらいでした。(でも未だに生きているところをみるとガンではなかったのですね(笑))

でもその時は アミノ酸ダイエットが恐ろしいくらいに効果を発揮したのです。

まさにあの時の衝撃が店長をしてサプリメント教信者に仕立てあげたのだと思います。

しかし!それから10年を経て去年に再び アミノ酸ダイエットを使って ダイエットをしてみたところ、ナ、ナ、ナント!
まったく体重が落ちませんでした~

今回も10年前と同じ商品を使っていますので サプリメントの内容の違いということは考えられず、愚考するに、これは体質が変わったとか、太る原因が変わったということなんですよね(イロイロなダイエット実験でも証明されていることですが、このことが ダイエットを非常に難しいものにしているのです)。

10年前のダイエットの時はアメフトを辞めて太ったとはいっても、今よりも筋肉はありましたから アミノ酸ダイエットが作った脂肪燃焼リパーゼが遊離脂肪酸を作り出し、それを筋肉が十分に消費していたので ダイエットに成功したのだと思います。

またダイエットアミノ酸によって 成長ホルモンの分泌が行われたはずですが、分泌された成長ホルモンに反応して 新陳代謝(例えば細胞分裂が早まるとか)も活発になる素地があったのだと思います。

実際、 ダイエット方法というのは非常にたくさんありまして、アメリカでも日本でもすごい数のダイエット本が出版されていて、それぞれに売れているようですが、これで絶対という方法が無く ダイエットをしたいヒト達がそれぞれの体質によってダイエット方法を変える必要があるのです。

先の店長の アミノ酸ダイエットの事例でも判っていただけると思いますが、体質とは個人の体質においてさえ10年前と比べると変わってしまうくらいに微妙なものなのですね。

ですからご友人やご家族がうまくいった ダイエット方法( ダイエットサプリメント)を実践しても効果が出ない可能性も高く、ガッカリされた方も多いのではないでしょうか?

やはりお客様の中には ダイエットサプリメントが全然効果を発揮しないのだけれども、どういうことですか?というご質問をいただくこともあります(全員に効くサプリメントをご紹介したいのですが、難しい問題です)。

店長自身の場合はイロイロとダイエットサプリメントを試していますから アミノ酸ダイエットが効果を発揮しなかった理由が勘ながら何となく判ります。

ですので現在は、まず先にも書いたように筋肉がかなり減っているというのが第1の原因だと考えて、筋肉が付きやすくなるようなサプリメントを摂取して、無酸素運動を中心に運動をしております。

しかし正月太りを経験して判りましたが、運動をして少し筋肉がついてきた割には簡単に太ってしまうということを考えると、筋肉不足だけが原因ではなく、もしかすると アドレナリンや 成長ホルモンの分泌が落ちている可能性も否定できないため、 カプサイシンや アルファルファなどの摂取を始めています(結論を出すには3ヶ月くらいはかかりますね、でもダイエットサプリメントを選ぶときの考え方は少しご理解いただけると思います)。

カプサイシンアルファルファ

何か店長のダイエット話ばかりで恐縮ですが、要するに ダイエットに関しては全員共通の「これ!」という方法はありません。
自分で生活習慣を考慮してイロイロと試してみて太る原因を探り、それにあった ダイエットサプリメントや ダイエット方法を試してみるしかないのです。

もちろん多くの方が抱えている可能性の高い太る原因というものは存在します(算数で言う最小公倍数みたいなものです)。

皆さんは「これから夏に向けて ダイエット!」と考えられている方も多いと思います。

しかしダイエットにおいてサプリメントを使用した場合、良い結果を得られない方も少なからず出てくるでしょう。

アメリカでしたら新聞や雑誌、学校での栄養学の教育などによって、サプリメントというモノがどういうモノであるかを勉強していますので、例え使用した ダイエットサプリメントが効果を発揮しなくても自分の体質に合ったサプリメントを探すということで気持ちの切り替えができるのですが、日本では栄養医学の情報が普及する下地が無いため、サプリメントというモノ自体がまだよく判っていない方も多く「飲めば効く」的な考え方を持っている方も多いと思います。

日本でもここ数年でサプリメントがだいぶ普及してきていますが、情報という意味ではまだまだ普及しているとは店長は考えておらず、「飲めば効く」と考えている方が ダイエットサプリメントを摂って効かなかった場合、「やはりサプリメントなんて効かないんだ」となってしまうことに店長は(敬虔なサプリメント教信者として)憂憤を感じてしまうのです。

「これから夏に向けて ダイエット!」と考えられている方々にダイエットを始める前に、これだけは言わせてください。

ダイエットサプリメントはある体質を改善する栄養素で、それがたまたま ダイエットの効果を生み出すだけなのです。
自分の体質を見極め(これが難しい!!)、自分の体質に合ったサプリメントを摂ってはじめて痩せることが可能なのです(筋肉が少ない方は筋肉がつくサプリメントを・・・ 成長ホルモンの分泌が少ない方は成長ホルモンの分泌を促すサプリメントを・・・肩の部分にある褐色脂肪細胞が不活発な方は褐色脂肪細胞を元気にするサプリメントを・・・脂肪燃焼に必ず必要な カルニチンの分泌が少ない方はカルニチンを・・・ 血流が悪くて遊離脂肪酸が全身に届かない方は血流を上げるサプリメントを・・・というように)。

カルニチン

ですからたまたま摂ったダイエットサプリメントが効いてくれた場合(店長の アミノ酸ダイエットの例がそうですね、でもこれでハマってしまうんですよね)は良いのですが、3ヶ月ほど使用してまったく変化が起こらなかった場合、諦めないで次のダイエットサプリメントを探してください。

アメリカ人が自費で買ってテストして(笑)、それなりの体質改善効果を発揮できたものだけがアメリカンビタミンショップの全商品カタログに載っています(ダイエットサプリメントとして毎年の販売数を誇るサプリメントと販売されてから長期にわたる販売実績を持っているサプリメントだけを商品化しています)。

ただしうまくいかなかった場合、その摂取方法や摂取量が正しいのかを再度検討してみてくださいね、サプリメントは正しい量を正しい方法で摂らないと効果を発揮しません。

アメリカンビタミンショップの商品カタログにはメーカー推奨の摂取方法や摂取量ではなく、アメリカで行われた様々な実験から店長が得た方法と量を記載しています。

多くの栄養学者が推奨する一般的な範囲の方法や量なので、難しい摂取量も、難しい摂取タイミングも簡単に判るようにしています、どうか参考にしてみてください。
(摂取量に関しては体重が60kgを基準にしています、30kgでしたら半分、120kgでしたら倍というような摂取量になります、基本的には体重45~75kg以内でしたら60kgの摂取量でよろしいかと思います)

無数にある ダイエット方法(サプリメント)の中から闇雲に試してみても結果は出にくいと思いますから、生活習慣と体質を考慮して最小公倍数的なダイエット方法から試してみるのがよろしいと思います。

以前にも書いていますが以下のことに気をつけて ダイエット方法を選んで ダイエットサプリメントを使用していけば、多くの方が無駄道を通ることなく ダイエットの成功に辿り着くことが可能ではないかと思います。
(様々な体質に合った ダイエット方法を アメリカンビタミンショップのホームページではご用意しております、店長が10年かけて調べた様々な実験を翻訳・要約して載せていますので参考にしてください )。

とりあえず最小公倍数的な ダイエット方法です( ダイエットが必要となるような方が陥りやすい体質の落とし穴です)。

改善方法と効果的なダイエットサプリメントを列挙してみます。

コリンとイノシトール

【1】肩の褐色脂肪細胞の活性化で脂肪燃焼リパーゼを作り脂肪燃焼の流れを正常化する。

・効果が期待できるサプリメント
共役リノール酸、 アミノ酸ダイエット、 コリンとイノシトール

【2】ミトコンドリアへのブドウ糖と遊離脂肪酸の取り込みの活性化で脂肪燃焼の流れを正常化する。

コエンザイムQ10EPA

・効果が期待できるサプリメント
カルニチン、 コエンザイムQ10、 EPA、 ビタミンB群

【3】筋肉をつけて脂肪を燃やす組織(ミトコンドリア)を増やす。

・効果が期待できるサプリメント
クロムサプリメント(クロミウム)、 共役リノール酸、 アミノ酸ダイエット。

夏へ向けての ダイエットを成功に導くために、上記のサプリメントによって体質改善を行うと同時に無酸素運動と有酸素運動を行ってください。

脂肪の燃焼には 成長ホルモンか アドレナリンの分泌が必須ですが、最も効果的に分泌を行うには運動が必要です。

脂肪燃焼の流れの始まりを作り出すのが成長ホルモンとアドレナリンだということを考えれば、 ダイエットにおいて運動は欠かすことができない要素であることはご理解いただけると思います。

今回の「夏に向けてお正月太りからの脱出! 夏季痩身計画要綱3」は終わりにさせていただきますね。

2月10日は(多分商品も入っているので) アレルギー性鼻炎関係の情報を掲載させていただきますが、今回の議題である「夏季痩身計画要綱」ということでは1ヶ月おきくらいに「夏季痩身計画要綱4」、「夏季痩身計画要綱5」というように夏へ向けてのダイエットを成功するための情報を夏前になって慌てないように(正しいダイエットで ダイエットリバウンドを防ごうと思えば今頃から ダイエットを始めないと手遅れになってしまいます。

時間をかければ成功しやすいですしラクですしね)お届けして参ります、ご期待ください。

●夏へ向けての ダイエットを成功させる大きなポイントは筋肉質の体をいかに手に入れるかにかかっていると言っても良いと思います。

いくら サプリメントと運動で脂肪燃焼リパーゼをたくさん作って脂肪を遊離脂肪酸に変えても脂肪燃焼器官の筋肉が少なければ、せっかく作った遊離脂肪酸も全部使われること無く、また元の脂肪に変換されて白色脂肪細胞に蓄積されてしまいます。

元々はアメリカ西海岸のボディービルダー達が使用していて、今ではアメリカで売られている ダイエットサプリメントの中で毎年確実にBEST3以内に入っている人気のダイエットサプリメント・ 共役リノール酸をバーゲンしたいと思います。

共役リノール酸

ボディービルダー達が愛用するだけあって長期摂取で筋肉が付きやすくなるだけでなく、短期摂取でも高い脂肪燃焼リパーゼ産生能力がありますから溜まった脂肪を減らすのにも最適です。
(ボディービルダー達の至上命題は筋肉を付けることと体脂肪を減らすことです、それって当にダイエットの基本ですよね)
多くの栄養学者が研究している 共役リノール酸の人気の秘密は、単なる ダイエット効果に留まらず、 アレルギー性鼻炎や アトピー性皮膚炎を含む アレルギーを予防したり、 生活習慣病なども予防してくれる多機能な栄養素です。

↓ ↓ ↓をクリック!! 読者様限定

共役リノール酸

●カロリーは脂肪とブドウ糖として体の中に入ってきます、 共役リノール酸は脂肪に対して効果を発揮します。
それではブドウ糖を体が上手に使う方法は?

ブドウ糖はインシュリンというホルモンによって筋肉に導かれる性質があります、筋肉で使いきれないブドウ糖が脂肪に変換されてお腹の周りを厚くすることはご存知ですね(笑)。

インシュリンは膵臓から分泌されますが、最近の洋食を中心とした食習慣ではこの膵臓が弱りがち!だからブドウ糖がうまく使えずに脂肪として蓄積されてしまうのです。

ブドウ糖を脂肪に変えないためにはインシュリンの分泌を活発にして筋肉でエネルギーとして使ってしまうに限ります。

アメリカでは膵臓を元気にしてくれるとして クロムサプリメント(クロミウム)が人気です。

クロムサプリメント(クロミウム)は筋肉にブドウ糖を導くことで食事制限中のカロリーが足りない状態の時にも筋肉にブドウ糖を運んで筋肉が減ることを防ぎます。

筋肉が減ることが ダイエットリバウンドの最大の原因と言われていますので、ダイエットリバウンド防止としても非常に人気の高いダイエットサプリメントです。

クロムサプリメント(クロミウム)

無酸素運動を伴う ダイエットでしたら、より一層に筋肉を付ける働きが高まります。

共役リノール酸で脂肪を退治して、 クロムサプリメント(クロミウム)でブドウ糖を退治してください。

↓ ↓ ↓をクリック!! 読者様限定

クロムサプリメント(クロミウム)