夏に向けて栄養素がお肌に与える影響力について
★その他の夏に向けて栄養素がお肌に与える影響力についてのページ★
・ 夏に向けて栄養素がお肌に与える影響力について その1はこちら
・ 夏に向けて栄養素がお肌に与える影響力について その2はこちら
・ 夏に向けて栄養素がお肌に与える影響力について その3はこちら
・夏に向けて栄養素がお肌に与える影響力について その4(このページです)
・ 夏に向けて栄養素がお肌に与える影響力について その5はこちら

こんにちは、 アメリカンビタミンショップ店長の阿部と申します。

ここ最近、雨が多いですねー

梅雨ですから当たり前なんですが、休日は外に出るのが好きな店長は毎週末の雨模様にはいい加減ウンザリです。

娘達と出掛けようとすると雨なんですよねー、これだけ週末ばかり雨が降ると行くところが無くなってきてしまいます、早いトコ梅雨が明けて毎週末に市民プール通いをしたいです。

6月から入社した山口君の紹介の続きです。

基本データ、35歳、おじさん、店長の後輩。

前号では山口君の前歴と今後の仕事内容をお伝えしましたが、今回は山口君そのものについてクローズアップしていきたいと思います。

まず以前店長が勤めていた会社の後輩ということはお伝えしたと思います。
でも後輩はそれだけではないのです。
もう1つ、社会人アメフトの後輩なんですねー
山口君が前の店長が勤めていた会社に入社してきた時に、その体のあまりの大きさ故に一目ぼれをしてしまいまして、無理やりチームに引っ張り込んだのでした。

その社会人チームは日本鋼管(NKK)のクラブチームで、とんでもない弱小のチームだったのです。
店長が入ったときには、酷い時には練習に4人しか出て来ないなんてこともしばしばで、試合があれば今までに見たこともないチームメートが次から次にやって来て、闘えば連戦連負という救いようのないチームでした。

そのクラブチームの建て直し時期に、身長183cm(くらい?)で細身の(当時の話です、今は見る影なく太っています、結婚後の幸せ太りですか?)、いかにもラインバッカー(守備の要のポジション)という体形でしたから、速攻でナンパして無理やり練習に引き込んだのでした。

学生時代にバレーボールをしていたというだけに、運動神経も良くボールへの反応も早くて、体の小さい店長はあっという間に抜かれてしまいましたが、そういった女衒まがいの人集めによってクラブチームも解散という最悪の事態を防げ、今ではフジテレビのクラブチームとして上位のリーグで大分いいところまでいけるようになったみたいです。

この前までは元の会社とアメリカンフットボールのクラブチームの後輩ということで、年に1~2回くらい会っていた様な状態で(もうアメフトは2人とも卒業してOBになってます) アメリカンビタミンショップのシステムについての相談だとかにのってもらっているうちに、気付いたら今、店長のすぐ後ろでパソコンを打っているような状態になってしまいました。

その他の山口君の特徴ですが
一見、無愛想で無口そうですが慣れると結構、話好きです。
今は空手を習っている求道者です。
家族は2人で、もうじき増えそうです。
以上、簡単な山口君データのご紹介でした。

ビタミンB亜鉛サプリメント

前回の「ハロー!ビタミン」では 亜鉛や ビタミンB群の摂取による 新陳代謝の引き上げによって シミ爆弾が加齢とともに爆発するのを防ごうということで書かせていただきました。

今回は前回に予告した通り、ある マルチミネラルを摂取することで体内で作られる酵素の量を増やして 新陳代謝を活発にする方法をお伝えしたいと思います。

今後しばらくは ビタミンで皮膚の 新陳代謝に関係するものや 成長ホルモンについても「ハロー!ビタミン」のスペースがあれば取り上げさせていただきます。

マグネシウムカルシウム

ここ最近アメリカでブームになっている ダイエット方法に マグネシウム・ ダイエットというものがあります。

このマグネシウムは体内で作られる酵素の基になっている ミネラルで今現在判っているだけで200種類以上の酵素に使われています。

マグネシウムというと カルシウムと一緒に摂る事で骨を形成する ミネラルとして有名ですが、マグネシウム自体には先ほどの酵素の基になったり、体内の水分代謝に関係してむくみなどを解消したりする働きが有名です。
(骨を作るにはカルシウムよりもマグネシウムの補給の方が大事だとする栄養学者さんも多く、カルシウムと共に摂取量の不十分さが指摘される栄養素です)

また筋肉を伸長したり収縮したりするときに カリウムと マグネシウムが使われ、これらの ミネラルが不足する夏などには(汗と一緒に排泄されてしまう量がバカになりません)体を動かすのがだるくなり、夏ばての症状を呈したりすることが知られています。

この項目は ダイエットとは関係ないのに マグネシウムのお話をさせていただいたのは、このマグネシウム・ダイエットの基本的な考え方が、体内の 新陳代謝に深く関係する酵素を使って、新陳代謝を活発にすることで痩せようという、脂肪燃焼などを狙ったダイエットとは一線を画す方法で、その副産物として 美肌スキンケアや免疫力のアップなど、新陳代謝の活発化によって引き起こされる様々なメリットがあるからなのです。

それでは先ほどから出てくる酵素とはなんでしょうか?

酵素とは、主に体内での化学反応を媒介する、解明されていない部分の多い物質です。
ただ、この酵素は肌の細胞が新生するときだけでなく、体内で起こる現象のほとんどに関係するため、この酵素が マグネシウムの不足によって十分な量が作られなくなると、 新陳代謝の不活発が起こるといわれています。

アメリカで行なわれた実験では、肌の基底細胞(28日周期でお肌を作り出す細胞です)の細胞分裂が マグネシウム不足により、不活発、且つ不定期になるとの結果が出ていました。

きめの細かい肌を作るには、肌の基底細胞の規則正しい細胞分裂が大切といわれています。

夏は汗と一緒に体外に排泄されることが多い マグネシウムですし、もともと食品からの摂取量が足らないと指摘される栄養素ですので、 新陳代謝を必要とするこの時期には是非摂取していただきたい栄養素の1つです。

カリウム

●前回同様のご紹介です、汗で失われる マグネシウムを補って酵素を作ってください。

夏バテ防止にもうってつけですよ。

↓ ↓ ↓をクリック!! 読者様限定

カリウム

詳細は次回にお伝えするとして、とりあえずお肌の基底細胞のお話が出ましたので、 マグネシウム以外でこの基底細胞の分裂に関係する ビタミンをご紹介します。

まず、お肌の基底細胞の細胞分裂を正常に行うための栄養素の補給と老廃物の排泄に関係する栄養素です。

お肌の基底細胞の下に拡がる毛細血管の 血流を上げることで栄養素の補給と老廃物の排泄を促します。

●もともとお肌のビタミンと言われていた栄養素です、 アトピー性皮膚炎や 掌蹠膿胞症改善で有名ですがそれだけではないんです。

アレルギー用ビオチン

↓ ↓ ↓をクリック!! 読者様限定

アレルギー用ビオチン