こんにちはー、 アメリカンビタミンショップ店長の阿部好和と申します。

もうお気づきですか?5月18日です。

そうです!ショッピングカートが変更されたんです!

この1年くらいの アメリカンビタミンショップの最大の懸案だったショッピングカートの変更が完了しました~

どうしてもどうしてもポイント還元のシステムが欲しくてレンタルのショッピングカートを本当に探しまくりました。
ポイント還元のシステム自体は多くのショッピングカートでも採用していたのですが、でもショッピングカート全体のシステムを考えると結局思うようなシステムをもつショッピングカートがなくて、一番近いと思われるショッピングカートを別注というかたちでレンタル元の会社さんにお願いして変更してもらいました。

その会社ではそういった変更というのが多いらしく、変更も順番待ちで3~4ヶ月くらいは待たされたんじゃないでしょうか?
システムに関しては店長ではなくうちの山口君が担当していますので詳しくは判らないのですが変更期間を含めれば半年以上かかったのではないでしょうか?

長かったですねー、ショッピングカートの変更は アメリカンビタミンショップだけでできることではありません、別の会社が何社も関係してきますので店長のワガママ通りにはいかないんですよね、店長が地団太踏んでイヤイヤしても半年かかるものは半年かかってしまうんです、最近判ってきたのですが待つことも店長の仕事なんだなって思います。

山口君も各会社との関係調整で疲れ果てたんじゃないですか?
お疲れ様でした、いいショッピングカートをありがとう。

アメリカンビタミンショップという会社は数年前までは店長が一人で運営して来ましたから欠品や業務上のミス、システムの導入なんかは全部店長が自己責任で処理することができましたが、今ではひたすら待つ待つ待つという境遇になってきておりまして、今までたった一人ですべてを処理してきた店長としては環境の変化になかなかついていけないような感じですね。

でも、変化についていけないついでと言ってはなんですが、新しいスタッフが5月10日に入りました~

滝沢さんという女性です、店長としては男ばかりのアメリカンビタミンショップに女性の感覚を取り入れたくて三顧の礼を持って入社していただきました(笑)
基礎的なスキルの高い女性ですので サプリメントのことを憶えてくれれば諸葛孔明のようにアメリカンビタミンショップの強力な武器になってくれると思うんです、特に女性の方、ご期待ください!

でも読者の皆様!彼女に入社してもらって良い面が早速現れてきましたよ。

今回のメルマガでご紹介しますが、実は2つの新商品を先日UPいたしました、これは今まで新商品の商品カタログの説明作りをサボっていた店長のケツ(失礼!)を彼女が蹴り続けて実現したんです(笑)。

両方とも 美肌スキンケア関係のサプリメントなんですが男の店長としては理屈では非常に良いものということは判っているんですが、季節的な需要などまで頭が回りませんが、彼女にアメリカンビタミンショップの環境に慣れてもらうつもりで説明した、それらの サプリメントの話を聞いて「どうして紫外線の多くなる時期の前に商品化してないんですか???」って飛び掛らんばかりに詰め寄られまして、数ヶ月前にはハワイ事務所に既に在庫を持っていたサプリメントをやっと商品化しました。(正直、ケツを蹴られ続けることに辟易して仕上げました(笑))

これからも重症のサボリーの店長のケツを蹴り続けて アメリカンビタミンショップを進歩させていってください。

さてさて、それでは滝沢さんの蹴りの成果をご紹介します。

PABAと ヒアルロン酸の化粧品といいます。

PABAヒアルロン酸

ヒアルロン酸の化粧品については以前から飲む ヒアルロン酸のご紹介をさせていただいていますので何となく使用方法についてはお判りになる方も多いのではないかと思うのですが PABAって何でしょうかね?
なんか恐ろしげな名前ですよね。

でもこれは結構すごいんですよ、本当です、滝沢女史が「どうして、どうして、どうして商品化してないの???」って詰め寄ってきたのがこの PABAなんですよ。

この PABAは 美白サプリメントに分類されます。
正確に言うと体内において紫外線を吸収してメラニン色素が作られないようにするビタミンB群の1つです。

ビタミンB

従来の UVカットのために行っていたUVカット化粧品や日傘、被服などにプラスして紫外線により作られるメラニン密度を薄くして シミを防ぐための新たな武器として使っていただければ幸いです。

PABA(飲む UVカットとしても人気)は1994年にアメリカ食品医薬品局が認めたUVカットの栄養素なんです。

飲むタイプの栄養素としては今でも唯一の紫外線を吸収する性質をもつ栄養素です。

もともとは日焼け止めクリームに他のサンスクリーン素材などと混ぜられて紫外線の吸収を担当していました。

日焼け止めクリームには大きく分けると2種類ありまして、紫外線を反射して皮膚に届かないようにする素材と紫外線を吸収して皮膚に届かないようにする素材です。

PABA以外の素材は通常は経口摂取することができませんがPABAは ビタミンB群の1つですから飲むことができるんですよ。

アメリカには白人が多くいますね、白人はメラニン色素が少ないために皮膚ガンが多いのをご存知ですか?

美肌スキンケアや 美白化粧品の分野ではメラニン色素というと悪鬼羅刹のごとき存在として扱われていますが、慈悲深い仏様のような店長はメラニン色素を弁護したいと思います。

メラニンの存在意義というのは紫外線(UV・ウルトラバイオレット)を吸収して紫外線の持つ強力なエネルギーが表皮の下まで届いて体の細胞のDNAの鎖を断ち切ったりの悪さをしないようにすることなのです。
DNAが断ち切られると遺伝情報に異常が起こって細胞がガン化することも珍しくありません(これが白人に皮膚ガンが多い理由です)。

体の機能としては本当に無駄なものはないんですね、メラニン色素でさえ体にとっては必要なものなんですね、でも 美肌スキンケアや 美白化粧品では邪魔ですね(笑)、難しい問題です。

現代ではフロンガスの影響でオゾン層が破壊されてきていますよね、オゾン層は地球の大気圏の上層において高い波長の強力なエネルギーを持つ紫外線を吸収しています。

オゾン層というくらいですからオゾンでできています、オゾンは酸素原子が3個くっついたものです、ちなみに酸素は酸素原子が2個くっついたものです。

紫外線には波長の比較的低いものもあり、低いものは日焼けでもサンタンという良い日焼けを起こす紫外線で細胞のガン化や シミというのは起こりにくい紫外線です。

やや高い波長の紫外線にはサンバーンという火ぶくれや火傷のような日焼けを起こす特徴があり、サンバーンで作られるメラニン色素には特に シミになりやすいメラニン色素が多いということです。

オゾン層の破壊がこれ以上進むと高い波長の紫外線が地上にまで届いてしまいますので、これからは世界的にも シミの危険や皮膚ガンが増えてくるといわれています。

ますます 美白方法には気をつけていかなければなりませんね。

敵である紫外線はオゾン層の破壊のせいでますます強力になってきますから、今までのUVカットでは十分ではなくなる可能性が高くなりますよね、もちろんUVカットのクリームも進化してSPFも高くなりますけど、体の中からUVカットって女性にとっては魅力ないですか?

PABAは体の中で紫外線(UV)を吸収してメラニン色素を作られにくくしてくれますので、今までの紫外線対策にプラスすることで更に 美白ケアが可能です。

PABAは水溶性という性質のために経口摂取されると全身の水分のある組織に分配されます、皮膚にも多くの水分がありますがこの中にもPABAが溶け込んで紫外線を吸収してくれることがアメリカでの調査でわかっています。

もちろん PABAも ビタミンですのであまりに飲みすぎて体内濃度を高くしても、紫外線の吸収という目的的には良いのでしょうが 過剰症の心配も起こりますので、あくまでもPABAのみで日焼けを防ぐのは実際上は難しいことはお判りください。

PABAの使い方としては、あくまでも従来の方法を補完するものの1つとしてご理解いただきたいと思います。

それからお肌の 新陳代謝にも関係する 葉酸の構成要素として PABA(飲む UVカットとしても人気)が関係しますので、PABAを摂取して体内で葉酸がたくさん作られるようにしてみてください、 美肌スキンケアには間接的ながら良い影響を与えてくれるでしょう。

また、サプリメントで体の中から改善するのとあわせて、外からの改善も同時にやると、効果的です。
アルファアルブチン美白化粧品は医薬品指定の美白成分、ハイドロキノンにブドウ糖をα結合させた、ハイドロキノン誘導体で、メラニン色素を生成するチロシナーゼに作用して、メラニン生成メカニズムを阻害する働きがあります。新たなメラニンを作らせないように、αアルブチン(アルファアルブチン)美白化粧品をサプリメントの摂取とあわせてご使用いただくのもいいと思います。

また 美白サプリメントとしてや 美肌スキンケア以外にも PABA(飲む UVカットとしても人気)には 副腎皮質ホルモンの分泌にも良い影響を与えますので、 パントテン酸を摂取して副腎皮質ホルモンの分泌を促している アトピー性皮膚炎の方には良いものだと思います、なんとパントテン酸の吸収にも関係しますので ビタミンB群などと一緒に十分な量を摂ってみてはいかがでしょうか?

副腎皮質を元気にして ステロイドホルモンを自分で分泌してみてください。

なんか PABA(飲む UVカットとしても人気)の説明が脱線しすぎで長くなってしまったので(何度注意しても治らないよね、少し頭おかしいんじゃないの?:スタッフ註) ヒアルロン酸の化粧品の説明が短くなってしまいそうです、ですので簡潔に説明させていただきますね。

店長として商品採用会議にかけるときに(頑固でものわかりの悪いスタッフ達に:店長註)一番言いたかったのは、飲むタイプの ヒアルロン酸サプリメントではできないピンスポット的なヒアルロン酸の使い方でした。

アトピー性皮膚炎の方の皮膚の炎症を調べてみると比較的に同じ場所が何度も炎症を起こす方が多いそうです、これは炎症が治まった後でもその部分の角質層が薄くて皮膚バリアが弱くアレルゲンが侵入しやすくなるからなのです。

そうなるとなかなか角質層が厚くなってくれずにいつまで経っても良くならないのです。

経口摂取の ヒアルロン酸ではそういった部分のケアが難しいので、そういった炎症を起こしやすい部分に塗るヒアルロン酸の化粧品が欲しかったのです。

皮膚の一部の角質層が薄いためにいつまでもアレルゲンの侵入を防げないという方に是非使っていただきたいです。
皮膚からのアレルゲンの侵入が アトピー性皮膚炎の悪循環を引き起こしていると指摘する識者が多いのですが、このヒアルロン酸の化粧品で悪循環をピンスポットで断ち切ってください。

経口摂取の ヒアルロン酸を補完する目的でお使いください。

●滝沢さん、これでご満足いただけましたか?
もう怖い顔して「まだか、まだか」って毎日言うのやめてください、お願いします(笑)。

今回のメルマガ・バーゲンの第1弾は UVカットのPABAです。

今までの 美白サプリメントというと、できてしまった黒色メラニン色素を白色メラニン色素に変えたりする L-システインと ビタミンC(ビタミンP)の組み合わせが多かったですよね。
できてしまったメラニンには今までどおりにL-システインや アントシアニン、 MSMサプリメントなどでも良いのですが、まずはメラニンができないようにするのが先決ですよね、店長はこれからの美白を変える革命的なサプリメントが UVカットのPABAだと思っています。

これからの紫外線の強くなる時期に シミになりやすいアメリカ人女性の多くに支持される新しい 美白サプリメントを皆さんも体感してください。

UVカットのPABA

新商品のためバーゲン品としての数に限りがあります、どうかご容赦ください。

↓ ↓ ↓をクリック!! 読者様限定

UVカットのPABA

●今回のメルマガ・バーゲンの第2弾は自重の6000倍もの水分をジェル化する能力をもつ ヒアルロン酸の化粧品です。

ヒアルロン酸の化粧品を目尻や口元などの動きの多い部分に塗っておけば顔の小ジワ防止にもなりますし、飲むタイプの ヒアルロン酸と併用することでお肌の 老化防止にも役立つと思います、みずみずしいお肌のために店長はこのヒアルロン酸化粧品をあなたにオススメします。

ヒアルロン酸

新商品のためバーゲン品としての数に限りがあります、どうかご容赦ください。

↓ ↓ ↓をクリック!! 読者様限定

ヒアルロン酸の化粧品