ダイエットはこちら
ダイエット法に関するQ&Aはこちら

★その他の夏までにダイエットリバウンド無しでラクに痩せられる方法をご紹介しますについてのページ★
・ 夏までにダイエットリバウンド無しでラクに痩せられる方法をご紹介します その1はこちら
・ 夏までにダイエットリバウンド無しでラクに痩せられる方法をご紹介します その2はこちら
・夏までにダイエットリバウンド無しでラクに痩せられる方法をご紹介します その3(このページです)

皆さんもご経験があると思いますが ダイエットって難しいですよね。

アメリカでもなかなか結果が出ずにダイエットを諦めてしまう方の率というのは非常に高くて、この率をいかにして引き下げるかということを研究している方も多いのです。

こういった研究をしている栄養学者さんの大部分が共通して言っていることには

・まずは、ダイエットの正しい知識を持つこと
・次に、1つの ダイエット方法にこだわらないこと
・第3に、 血流を引き上げること
というようなことを重要視しています

・ダイエットの正しい知識とは

食事制限を中心としたダイエットだけを行わずに、有酸素運動と無酸素運動を取り入れて脂肪燃焼しやすい体質を作るダイエット方法のことです。

正しい ダイエット方法を理論的に知ることで、自分のやっているダイエット方法に自信を持てますので、ダイエットの途中で諦めてしまうことが少なくなります。

・1つのダイエット方法にこだわらないということとは

体質的に有効だと思えるダイエット方法を重ねて行うということです。

例えば、運動不足の方は 共役リノール酸などで肩の褐色脂肪細胞を活発にしてあげると同時に、細胞レベルでエネルギーを効率よく使えるように カルニチンなどを摂取する、とか、上記のエネルギー消費を促す方法に低炭水化物ダイエットなどを加えて摂取カロリーを減らしたりというように、いくつかの ダイエット方法を重ねていくことで結果を早く出して、ダイエットの初期の段階での諦めを減らすのです。

共役リノール酸カルニチン

文中参考商品

共役リノール酸

カルニチン

・ 血流を引き上げることとは

今回の「ハロー! ビタミン」の内容になりますが、ほとんどのダイエットに関係するコエンザイム(補酵素)やエンザイム(酵素)、ホルモンや脂肪やブドウ糖などは血流によって運ばれます、この運搬の部分で滞るようでは効率の良い ダイエットは望めないということになります。

ちなみにキチンとした運動や ダイエットサプリメントを摂っても痩せないという方を集めて調査をしたところ、その大部分の方に血流が悪いという体質があったそうです、太っているので血中脂質が高くドロドロ血で、運動不足のため心臓のポンプの能力が低く、尚且つ、血管が全体的に細いという体質の方が多いのです。

先にも書いていますが、ダイエットに関係する酵素や補酵素、ホルモン、ブドウ糖、遊離脂肪酸などの物質は大部分が血液によって運ばれます、 血流が悪いために手足という太い筋肉をたくさん持っている組織にまで、これらの物質が運べない体質というのは効率の良いダイエットにとっては最悪の体質と言ってよいでしょう。

例えば、血流が悪い体質の方が運動を伴うダイエットを行うと、肩の辺りだけで脂肪燃焼が起こります、女性で ダイエットを始めると胸から痩せていくという現象は、手足への血流が悪い女性に起こりやすいのです。

肩で作られた脂肪燃焼リパーゼというホルモンは血流によって全身に運ばれなければならないのですが、手足への 血流が悪ければ肩を中心にして脂肪燃焼リパーゼが重点的にバラ撒かれます、肩に一番ちかい脂肪組織が女性の場合は胸なので胸から痩せるという現象が起こります。

女性でも男性でも運動不足の方は心肺機能が低下しており血流は悪くなりがちです、逆に、全身で運動をしている方は全身に酸素やブドウ糖や遊離脂肪酸を運ばなければならないので心肺機能や血管組織は、それらの運搬に適した状態に保たれます。

つまり、効率の良いエネルギー消費ができる体質を望むなら、全身の細胞に遊離脂肪酸やブドウ糖が運べるように血流に関係する組織の機能を高めることが重要です。

運動不足で心肺機能が弱い方なら タウリンと コエンザイムQ10が良いでしょう。

タウリンも コエンザイムQ10ももともとは心臓にたくさん必要な栄養素で、心臓のポンプ機能を高めます、心臓のポンプが強くなると1回に送り出せる血液の量が増えて血流が良くなりますので運動を始める方は摂られるといいと思います、心臓を強くするということは運動によって疲労する度合や運動量にも違いがでますので、ダイエットにおける精神的なケアの1つだと考える専門家も多くいるのです。

例えば心臓に問題を抱える方にもこれらの サプリメントは使われていて、1回に送り出せる血液の量が増えれば、心臓の鼓動数が減り心臓が休む機会が増えて心臓に負担がかかりにくくなります。

文中参考商品

タウリン

コエンザイムQ10

それから30歳代以降で運動不足の方は血管が硬くなってしまっていて、運動を始めてもなかなか血管が太くならないということもあるらしいので、血管を太くするコエンザイムQ10や いちょう葉エキスを使ったり、改善に時間はかかりますが血管の柔軟性を高めるためにMSMサプリメントを摂ってみるのもいいかもしれませんね(高血圧や動脈硬化、脳疾患や心疾患の予防にもなるので)

特に コエンザイムQ10には足の血管を太くして足痩せの効果があるだけではなく、足という最も太い筋肉を持つ組織に重点的に血液を送り込むことで、効率の良いカロリー消費に結びつくという利点があります。

先にも書いていますがコエンザイムQ10の心臓の鼓動を強くする働きと足の血管を太くする働きは効率の良いダイエットにおいて欠かすことができない要素だと思います。

いちょう葉エキスMSMサプリメント

文中参考商品

コエンザイムQ10

いちょう葉エキス

MSM

ダイエットが必要な方の多くはコレステロールや中性脂肪などの血中脂質が多いために血液がドロドロになっています。

そうなると血流改善は遠い夢になってしまいますので、血液をサラサラにするために EPAや ググル(血中脂脂質抑制ハーブ)を使ってみてください、更に、生活習慣の中で水分の補給を多くすると血液がサラサラする可能性があります、これなんかはお金がかかりませんし試す価値ありだと思いませんか?

EPAとDHA(オメガ3)ググル

文中参考商品

EPA+ DHA

血中脂質抑制ハーブ・ググル(血中脂脂質抑制ハーブ)

最後に 血流を高めるのに必要なものとしては、まずエネルギーを恒常的に消費するという生活習慣です、その生活習慣で最も重要なのは有酸素運動です。

体が常に酸素とブドウ糖などを必要としている状態にできれば理想ですが一日中体を動かしていることもできませんので、1日30分~1時間くらいの運動をされると良いと思います。

例えば、通勤や通学に自転車を多く用いるのです、何駅分かの距離を自転車で通うというのが時間を無駄にしない方法かなと思いますね、もちろん、帰宅後に運動をしに出掛けるというのもありますが長く続けるのが難しいというのも経験的にあるのではないでしょうか?、どうしても必要なもの(つまり通勤や通学です)に無理やり運動を組み込んでしまえば、その生活習慣にもいつの間にか慣れてしまうものですよ。

——————————————————————–

今回の「ハロー! ビタミン」のバーゲンの第1弾は血流改善に重点を置いて書いていますので、 コエンザイムQ10です。

もうコエンザイムQ10なら摂っているよッ!って思われた方も多いと思います、摂ったけど効かなかったよッ!って方もきっといらっしゃいますね・・・

でも、今摂っているコエンザイムQ10の性能は大丈夫ですか?

サプリメントの性能って気にされない方が多いなというのが長年 アメリカンビタミンショップをやっていて店長が思うことの1つなのですが、価格ばかり気にして性能に関しては気にしないのが日本人なのかと諦める訳にはいきません!

もちろん、アメリカンビタミンショップで扱っているサプリメントに関しては安全性、性能、価格という順で商品選びの基準としていますので性能に関しては最高性能のものをご提供しているつもりです。

例えば、 コエンザイムQ10に関しては、どんな点に気をつけたら良いのでしょうか?

コエンザイムQ10の場合は吸収の問題が非常に大きく、性能の悪いサプリメントでは吸収される前に胃酸で壊されてしまうか、油と混じっていないために吸収効率が非常に悪いかという点です。

アメリカではコエンザイムQ10が非常に売れています、なのにアメリカで販売されているコエンザイムQ10は日本で販売されている日本メーカーのコエンザイムQ10よりも高価なんですよ、おそらく販売量からするとアメリカのコエンザイムQ10の販売量の方が日本の コエンザイムQ10の販売量よりも2桁か3桁は間違いなく多いはずです(多分もっと多いと思いますが日本の統計というものが存在しないので判りません)

たくさん売れているのに金額が高いってどういうこと?

コエンザイムQ10

アメリカ人は儲け主義だから利益をたくさん加えて商品価格を決めているのか?

いえいえ、それは違います。

アメリカではメーカーが万の単位でありますので価格競争が非常に激しいのです、そんな中で足並みを揃えて価格カルテルを結ぶなんてことは不可能です。

アメリカ人の抜け駆け主義は病気と言ってもいいくらいですので、価格カルテルを結んでもすぐに適正価格で売り出すメーカーが出てきます。

それではナゼ高価なのか?

それは胃酸で壊れないような加工や吸収効率を考えて加工を施しているからなのですよ、 コエンザイムQ10の原料は日本の製薬会社が製造しています、それを日本やアメリカの各メーカーが買ってサプリメントに作り直しているのですが、製薬会社から買った原料をそのままカプセルに詰めてしまうと、ほとんど効果の得られないコエンザイムQ10になってしまいます。

アメリカでアレだけ売れている コエンザイムQ10の価格と、販売量が全然少ない日本のコエンザイムQ10の価格が逆転していること自体が、コエンザイムQ10の性能について多くを語っていると思えるのは店長だけでしょうか?

50歳代を超えている方で コエンザイムQ10を摂取してまったく効果を感じなかった方はいらっしゃいませんか?、アメリカでは50歳代以上の方で性能の高いサプリメントを摂取した方の90%以上が何らかの効果を感じているのです、アメリカ人と日本人の差だろうと考えることもできますが、基本的には同じ人間ですのでそれほどの差はないと思います。

まずは性能重視のコエンザイムQ10を試してから効くか効かないかを判断してください。

アメリカンビタミンショップのコエンザイムQ10なら、正しい摂取方法で3ヶ月も使用していただければ、体質的に コエンザイムQ10が必要な方ならその効果を実感していただけると信じています。

サプリメント教の敬虔な信者である店長は、性能の悪いサプリメントを摂ってサプリメントはやはり効果なしと判断されるのに耐えられません、アメリカで人口の半分が摂取している サプリメントの実力は、やはりあるのです。

——————————————————————–

CoQ10

★『 コエンザイムQ10』

 

 

 

 

 

——————————————————————–

今回の「ハロー! ビタミン」のバーゲン品の第2弾は「 タウリン」です。

タウリンというとドリンク剤に多く入っている成分で、 疲労回復なんかをイメージされる方も多いのではないでしょうか?、でも、タウリンは疲労回復に関しても心臓の機能を高めることで疲労回復の効果を出していますし、タウリンが示す効果に関しては、ほとんどの場合、血流改善によって引き起こされる現象なのです。

店長は日頃からメールやお電話でダイエットについてのご質問を頻繁に受けています、その中で高い確率で相談されるのが部分太りや部分痩せに関する事柄です。

部分太りというのはすべてと言って良いくらいに 血流の悪さが関係しています。

部分痩せを希望する方の特徴として、肩こりや冷え性、運動不足などの体質や生活習慣が共通していて、こういった方ならタウリンと運動によって血流を上げられることが判っています。

体の機能の多くは血流によって保たれている部分が多く、心臓の機能を高めて血流を引き上げる タウリンは広い範囲で緩やかに効率よく体の機能を向上させます。

魚に含まれる アミノ酸の一種で食事からの摂取が十分には行えない栄養素です。

必須アミノ酸

安全性も高く安価なことからアメリカではマルチビタミンなどのように基礎的なサプリメントの1つとして好んで摂られています。

タウリンは健康効果と美容効果を高める補助的な役割のサプリメントですが必ずあなたのお役に立てると思います、是非、摂取を検討してみてください。

 

 

——————————————————————–

タウリン

★『 タウリン』

 

 

 

 

 

——————————————————————–