Just another WordPress site

太る体質を決定する時期

  • HOME »
  • 太る体質を決定する時期

太る体質を決定する時期 1

ヒトが太りにくい体質になるためには、成長過程のある時期の食事のコントロールが有効といわれています。

ダイエットに興味のある方でしたら、聞いたことがある言葉に、褐色脂肪細胞と白色脂肪細胞というものがあると思います。

脂肪というものは、皮膚と内臓の間に、バターのような形で溜められているのではなく、脂肪細胞というものの中に取り込まれ、蓄積されるわけです。

この脂肪細胞の中でも、白色脂肪細胞の数は、一生の間、減ることはありません。

白色脂肪細胞は、余分なカロリーを中性脂肪という燃やしにくい脂肪に換えて蓄積するため、太りやすい体質というのは、この白色脂肪細胞がたくさんある体質をいうのです。

次項も続きをお送りします。

ダイエットカロリーコントロール

太る体質を決定する時期 2

先の章では白色脂肪細胞は減らないといいましたが、褐色脂肪細胞については、幼児期には100gほどあったものが、成人になると40g前後に減ってしまいます。

褐色脂肪細胞は、溜まった脂肪を燃焼しやすい遊離脂肪酸に換えて、血中に放出する働きがあり、この褐色脂肪細胞が、 アドレナリンの影響を受けることで、大量の遊離脂肪酸が作られ、熱エネルギーなどに換えられて、脂肪を減らしてくれるのです。

つまり、成人前の太りにくい体質というのは、この褐色脂肪細胞がたくさんあったためであるともいえるのです。

しかし、この褐色脂肪細胞は、成人すると半分以下に減ってしまい、それを元に戻す方法は、今のところ発見されていません。

次項も続きをお送りします。

太る体質を決定する時期 3

それでは、本題の、太りやすい体質を作ってしまう時期についてです。

まず、ヒトには、その時期は3回あるといわれています。

まず、初めに、胎児の時期、妊娠8~9ヶ月の時期に、母親が炭水化物や脂質を過剰に摂りすぎると、胎児の白色脂肪細胞の数が増えるといわれています。

次の時期が、乳児期、生後1歳の時に、炭水化物を中心とした栄養素を、過剰に摂取することで白色脂肪細胞の数は増えるといわれています。

最後に、思春期、13~15歳の時にも、炭水化物を中心とした栄養素を、過剰に摂取することで白色脂肪細胞の数が増えるといわれています。

次項も続きをお送りします。

ダイエットサプリメント

太る体質を決定する時期 4

「太る体質を決定する時期3」を読まれて、手遅れと思われた方もいらっしゃるのではないかと思います。

しかし、そうではありません。

アメリカで、ダイエット専門の医師やインストラクター達は、まず、3つの時期に太っていたかどうかを確認します。

その後、その方に合ったダイエット方法を探していくのです。

つまり、効率よく、ダイエットを行うためにはどうしても必要な情報だということになります。

3つの時期に太っていた方は、白色脂肪細胞の数が多く、脂肪が蓄積しやすいと判断し、脂肪の蓄積を防ぐような、ダイエットサプリを中心にします。

また、3つの時期に太っていたことが無い方は、比較的、脂肪が蓄積しにくいと判断し、脂肪の蓄積を防ぐサプリメントより、白色脂肪細胞に溜め込まれた脂肪を燃焼させるダイエットサプリメントを中心にします。

太る体質を決定する時期 5

クロムサプリメント(クロミウム)

今回は、3つの時期に太っていた方に合った、脂質の蓄積を防ぐサプリメントをご紹介します。

脂質の蓄積にはインシュリンというホルモンが関係しています。

生物の多くは、食事のすぐ後からインシュリンを分泌し始めます。
このインシュリンは、食事が分解吸収された物質であるブドウ糖を筋肉に運ぶ役割を持ちますが、同時に、過剰なカロリーを脂肪として蓄積しようとするホルモンでもあります。

そのため、朝食後や昼食後など、体を動かす時間帯のインシュリン分泌は、筋肉に糖分を運ぶことで、カロリーの消費を促しますので、ダイエットには必要なもの(この時間帯に クロムサプリメント(クロミウム)を摂ると、インシュリンの分泌を促し、消費カロリーをUPさせてくれます)なのですが、夕食後などの、体をあまり動かさない時間帯にインシュリンを分泌させてしまうと、余分なカロリーを脂肪として白色脂肪細胞に蓄積しようとします。

次項も続きをお送りします。

太る体質を決定する時期 6

例えば、3つの時期に太っていた方でも、脂肪の蓄積を防ぐには、前回でご紹介しました、インシュリンの分泌を抑制してあげれば良いのです。

最近では、 低インシュリンダイエットという名前で、ダイエット関係の記事として、取り上げられることが多いので、ご存知の方もいらっしゃると思います。

食事のメニューによって、インシュリンを抑えることは、実際にはほとんどできず、たとえインシュリンの分泌を抑えられたとしても、脂肪の蓄積抑制には、ほとんど影響がないくらいの量しか抑制されないといわれていますの。
インシュリンを抑えるのであれば、もっと積極的にサプリメントに頼るしか方法は無いといって良いと思います。

つまり、夕食後に摂取して、インシュリンの分泌を抑えるには、以下のサプリメントを利用するしか方法はありません。

・ ファセオラミン
・大量の 食物繊維
( オオバコ、 腸内洗浄ハーブ&ファイバー、 雑穀と果物と野菜の食物繊維、りんごペクチン(アップルペクチン))

次項も続きをお送りします。

食物繊維 オオバコ 雑穀と果物と野菜の食物繊維 りんごペクチン(アップルペクチン)

太る体質を決定する時期 7

ファセオラミン

今回からは、前回紹介いたしました サプリメントの詳細について、ご紹介します。

・ ファセオラミン

アメリカでは、 低インシュリンダイエットといいますと、このサプリメントを指すくらいに有名なサプリメントです。

最近、日本のテレビでも白インゲン豆を炒って粉にしてご飯にかけて・・などと言う番組を放送して、腹痛を起こす人が続出したと言うのがあったと思います。
その、白インゲン豆に含まれる、ファセオラミンという炭水化物の分解を妨げる成分を抽出して、サプリメントとしたものが、 ファセオラミンです。

日本人の大好きな炭水化物の分解を妨げることにより、腸からの栄養分の吸収が出来なくなる。
と言う仕組みです。

夕食30分前に、この ファセオラミンをお摂りいただきますと、夕食に含まれる炭水化物の吸収を阻害してくれます。

次項も続きをお送りします。

太る体質を決定する時期 8

・大量の 食物繊維
( オオバコ、 セルフ腸内洗浄キット(コロンクレンズ)、 雑穀と果物と野菜の食物繊維、 りんごペクチン(アップルペクチン))

最近一番人気のダイエット法である、 低インシュリンダイエットというダイエット法は、もともと、この 食物繊維ダイエットから派生したものなのです。

ファセオラミンが、食事によって体内に入った炭水化物の分解を阻害し、それにより、炭水化物が腸から吸収されなくなるのに対し、 食物繊維は、食事による腸からの糖分や脂質の急速な吸収を抑えて、急激な血糖値の上昇を防ぐことで、インシュリンが分泌されるのを抑制するという 低インシュリンダイエットだったわけです。

この 食物繊維ダイエットは、アメリカでは、もう20年以上のキャリアのある サプリメントです。

次項も続きをお送りします。

お気軽にお問い合わせください TEL 0120-077-273 平日 10:00~17:00
携帯からは03-6277-0346

PAGETOP
Copyright © Since 1999-2016 AMERICAN VITAMIN SHOP. All Rights Reserved.