Just another WordPress site

子供が風邪をひいたら

  • HOME »
  • 子供が風邪をひいたら

子供が風邪をひいたら

日本では、風邪から肺炎や結核を併発する人が増えています。特に抵抗力の弱い 子供と年輩の方は、たかが風邪と侮らずに、早めに医師の診察を受けてください。
ここでは、医薬品の服用以外に有効と思われる、 サプリメントによる対処方法をご紹介します。病気はお医者様の領域ですから、この方法は食事の一環と捉えていただければと思います。

風邪の兆候が現れたら、 ビタミンC(ビタミンP)1gを30分おきに、体調が落ち着くまで摂ってみてください。
また、 亜鉛は風邪の感染期間を短くすることが知られています。
アメリカでは、風邪の予防や引き始めの風邪に、ハーブの エキナセアがよく使われています。
ビタミンB群は免疫たんぱく質の合成を促します。風邪のシーズンには、少し多めに摂ってみてください。
風邪の間は、脂っこい食事や 食物繊維の多い食事は控えた方が良いようです。

子供の健康

子供の健康のために意識したいサプリメント

マルチビタミン
ビタミンC(ビタミンP)
ベータカロチン(ビタミンA)
ビタミンE
ビタミンB群
パントテン酸
葉酸
MSM(コラーゲン生成促進)
亜鉛
エキナセア
アストラガルス
朝鮮人参(高麗人参)

マルチビタミン パントテン酸 葉酸 MSMサプリメント

子供の成長 骨格編

カルシウムは、それ単独では体内で利用されず、骨にもなりません。ビタミンDやマグネシウムと一緒に摂取することで、初めて骨となります。このような形で協働する栄養素は驚くほど多く、昔からいわれてきた「1日30食品を食べなさい」の意味が、科学的にも証明されてきています。

成長期の 子供の栄養摂取量を考えた場合、大人と同じに考えてはいけません。
大部分の サプリメントは、体重60kgの大人(45~75kgをカバーします)を基準にして、子供の体重の割合で減らせばいいのですが、カルシウムとマグネシウムとビタミンDは、逆に大人よりも多く必要とします。サプリメントの理想的な摂取量のページに、その摂取目安量は示してありますが、カルシウムで900mg、マグネシウムはカルシウムの半分で450mg、ビタミンDは400IUとなります。
カルシウム不足による 骨粗しょう症(骨粗鬆症)が、若年層にも増えてきていますので、ご注意ください。

また 骨組織を丈夫にしてくれるものに、 ビタミンC(ビタミンP)があります。 骨は結合組織といわれる コラーゲンの網の目の上に、カルシウムが沈着して作られます。そのコラーゲンの合成に必要なのが、ビタミンCです。コラーゲンが丈夫ならば、骨に柔軟性が生まれ、現代人に多いタイプの骨折を防いでくれます。たんぱく質が不足しても、骨組織は弱くなります。 子供の食事には、良質のたんぱく質をたくさん摂れるよう、メニューを工夫してあげて下さい。軟骨成分の中心にもコラーゲンが存在しますので、ビタミンCは欠かせません。運動選手には、軟骨の故障が多く報告されています。野球やサッカーなどの激しい運動をしている子供には、特にビタミンCの摂取をおすすめします。

骨の代謝や形成には、多くの ビタミンや ミネラルが関係しています。骨組織を出入りして働くミネラルは、かなりの種類に及びます。ぜひ マルチビタミンでまんべんなく補給することををおすすめします。

カルシウムサプリメント マグネシウムサプリメント 骨粗しょう症サプリメント(骨粗鬆症) マリンコラーゲン

子供の成長 基礎栄養素編

ビタミンC(ビタミンP)は皮膚や粘膜組織を丈夫にし、細菌やウィルスの侵入による感染症を防いでくれます。

ヨード(ヨウ素)が不足すると、 成長ホルモンの分泌が悪くなります。キャベツやもやし、ナッツ類には、身体がヨード(ヨウ素)を使うのをジャマする物質が含まれています。(決してキャベツなどがいけないと言う意味ではありません。それぞれに必要な栄養素が含まれていますから)それらを多く食べる 子供は、ヨード(ヨウ素)が不足しやすくなります。対処法として、若布や昆布などの海藻類を多く食べるようにしましょう。基本的には、お子様の場合 サプリメントでヨード(ヨウ素)を摂取するのは、医師の監督下で行う時以外はおすすめできません。ヨード(ヨウ素)の摂取には、 ミネラルや 食物繊維も豊富な海藻類がおすすめです。お味噌汁の具や酢の物、和え物などで、 子供がたくさん食べられるように工夫をしてあげてください。

ビタミンB群と 亜鉛、 マグネシウム、マンガン、 ベータカロチン(ビタミンA)、ビタミンUには、細胞分裂を活発にして正常な細胞が作られるのを助ける働きがあります。
一般的に、皮膚や胃腸が弱い 子供はビタミンB群が不足している可能性が高く、成長不良の子供は亜鉛欠乏を起こしているケースが多いといわれています。
ビタミンUはキャベツに多く含まれます。たくさん食べた方が良い野菜の代表ですから、欠点は海藻で補うようにして、積極的に食卓に出してください。
鉄分やビタミンC、ビタミンB群が不足すると 貧血症状の原因になります。思春期に多い立ちくらみなどは、栄養不良の典型的な症状ですので、ご注意ください。

その他にも、成長に伴う代謝には多くの ビタミンや ミネラルが関係しています。ぜひ マルチビタミンでまんべんなく補給してあげてください。

ヨード(ヨウ素) 亜鉛サプリメント ベータカロチン(ビタミンA) 貧血予防サプリメント

お気軽にお問い合わせください TEL 0120-077-273 平日 10:00~17:00
携帯からは03-6277-0346

PAGETOP
Copyright © Since 1999-2016 AMERICAN VITAMIN SHOP. All Rights Reserved.