Just another WordPress site

子供の脳に必要な栄養素

  • HOME »
  • 子供の脳に必要な栄養素

子供の脳に必要な栄養素 1

子供の脳は、重さ1kgちょっとという軽い器官ですが、身体全体の酸素要求量の10%を必要とする、非常に動きの活発な器官です。

あるアメリカの大学の研究チームは、この様な研究結果を発表しています。
「最近の子供達の中には、栄養不足による脳の発達の遅れの目立つ 子供が増えてきている」

脳はブドウ糖をエネルギーにして活動を行ないます。
ただし、チョコやケーキなどの精製されすぎた砂糖を使った砂糖菓子は、ブドウ糖の補給源としては適していますが、脳の活動に必要な ビタミンや ミネラルをほとんど含みませんので、こればかりを摂取していると、脳にはビタミン・ミネラルの欠乏症状が表れます。

次回も続きをお送りします。

子供の健康

子供の脳に必要な栄養素 2

それでは、 子供の脳で欠乏しやすい ビタミンとは何でしょうか?

ビタミンBビタミンB1
糖分を代謝(身体が糖分をうまく使えるようにすること)するには、多くのビタミンB1が必要になります。つまり、砂糖の摂りすぎは、ビタミンB1の欠乏を招き、 子供の情動に異常が現れるとしています。

ビタミンB2
ビタミンB2が不足すると、気持ちが落ち込みがちになり、鬱症状を招くとされています。

ビタミンB6
ビタミンB6が不足すると、イライラなどの神経過敏症を引き起こすとされています。

ビタミンB12
ビタミンB12が不足すると、 記憶力や集中力、認識力の低下が起こりやすくなります。また、ビタミンB12の欠乏は 貧血症状の原因となります。貧血のせいでやる気が低下するケースもあります。

次回も続きをお送りします

子供の脳に必要な栄養素 3

前項では子供の脳で欠乏しやすい ビタミンをご紹介しましたが、欠乏しやすい ミネラルやその他の栄養素とは何でしょうか?

カルシウム
カルシウムには神経の興奮を抑制する働きがあり、欠乏することによって、 ストレスに弱くなり、すぐイライラしたりカッとなりやすくなります。いわゆる「キレる」 子供の原因の多くは、カルシウム不足であると結論づけている論文も多数あります。

マグネシウム
マグネシウムは、カルシウムの働きを助けるために、常に必要なミネラルです。欠乏するとカルシウムの吸収効率が落ち、結果的にカルシウム欠乏を引き起こします。

コリンとイノシトール
ビタミンB群の仲間であるコリンとイノシトールは、神経伝達物質の原料になります。不足すると神経伝達が不活発になり、思考が混乱したり落ち着きを失ったりします。

EPAと DHA( オメガ3)
不飽和脂肪酸であるDHAは健脳食とも呼ばれ、脳の機能を正常にし、知能指数を引き上げる作用で知られています。DHAが不足すると、 認知症の発症率が高まるというデータもあります。

カルシウムサプリメント マグネシウムサプリメント コリンとイノシトール EPAとDHA(オメガ3)

お気軽にお問い合わせください TEL 0120-077-273 平日 10:00~17:00
携帯からは03-6277-0346

PAGETOP
Copyright © Since 1999-2016 AMERICAN VITAMIN SHOP. All Rights Reserved.