Just another WordPress site

子供の花粉症を防ぐには離乳食がオススメです

  • HOME »
  • 子供の花粉症を防ぐには離乳食がオススメです

子供の花粉症を防ぐには離乳食がオススメです 1

(この内容は以前に取り上げた別の項目で使用した内容ですが、読者様の反応が大きかったので別の項目名で再度お載せします)

アレルギー性鼻炎の方ですと、どの種類の花粉がアレルゲンとなっているかを探すためにパッチテストなどを行った方も多いと思います。

スギの花粉にアレルギーがあると思っていたら、 ヒノキの花粉にもアレルギーがあったり、そのほかの ブタクサや最近では白樺やイネ科の植物、バラ科の桜などの花粉にもアレルギー性鼻炎を起こしたりする方が増えてきているようですし、食品にも アレルギーがあった、などと言う場合もあるのではないでしょうか。

食品にもアレルギーが出た方の場合は、アレルゲン除去の食事をされている方もいると思いますが、多くの場合、アレルゲン除去の食事よりも粘膜の状態を改善していく方が重要だと指摘するドクターがアメリカでは多くなってきています。

アレルギー性鼻炎の場合、空気中に花粉が舞っているので、食品のように簡単にとり除くことや摂取をしないと言うことは出来ません。
マスクやめがねなどを使用し、花粉が粘膜につかないようにするしか、方法がないと言うこともあります。

ただし、食品にもアレルギーがあるお子様にはアレルゲン除去の食事は有効です。

次項も続きをお送りします。

花粉症のビオチン

子供の花粉症を防ぐには離乳食がオススメです 2

必須アミノ酸サプリメントアメリカの大人ではあまり重要視されないようになってきている食事のアレルゲン除去も発症前のお子様には非常に有効です。

それはお子様は腸の機能が十分ではなく、たんぱく質(花粉もタンパク質です)などが アミノ酸に分解されずにそのまま吸収されてしまい免疫系を刺激することが明らかになってきているからです。

次項も続きをお送りします。

子供の花粉症を防ぐには離乳食がオススメです 3

アメリカでは親に アレルギー性鼻炎などの アレルギーを持つ子供の場合、消化の良い離乳食を長く続けることが多いのです。

十分に機能する消化器官が作られてから普通の食事をすれば、先ほどのアレルギー性鼻炎を引き起こす悪循環を防げ、 花粉症の発症を防げる可能性が高くなることを指摘するアレルギー学者も多いのです。

次項も続きをお送りします。

花粉症

子供の花粉症を防ぐには離乳食がオススメです 4

アレルギー性鼻炎の子供は、粘膜の痒みに我慢ができませんから掻き崩しが起こると、どんどん悪化していってしまいます。

消化器官が正常になっても粘膜から花粉などのアレルゲンが入ることで治らなくなってしまうそうです。

初めのきっかけをできるだけ作らな いということがお子様には肝心です。

アレルギー性鼻炎の発症する可能性の高い乳幼児(片親もしくは両親が 花粉症などの アレルギー体質の場合)にはできるだけ長く消化のよい離乳食をあげるようにしてみてください。

そういったことで子供のアレルギー性鼻炎などのアレルギー発症を少なくできるとする栄養学者がたくさんいます。

お気軽にお問い合わせください TEL 0120-077-273 平日 10:00~17:00
携帯からは03-6277-0346

PAGETOP
Copyright © Since 1999-2016 AMERICAN VITAMIN SHOP. All Rights Reserved.