Just another WordPress site

子供の虚弱体質を改善

  • HOME »
  • 子供の虚弱体質を改善

子供の脳の発達 3

WHO(世界保健機構)が調べたデータでは、日本人の 子供は、平均的に睡眠時間が短いそうです。それも、世界のワースト1にあげられているのですから、心中穏やかではいられません。店長は子供時代、夜更かしも偏食も当然のことという家庭環境で育ったのですが、他のスタッフ達の話を聞くと、子供の頃は夜8時以降は「大人の時間」で、自分達はサッサと歯を磨いて寝るよう、それはそれは口酸っぱく親御さんに言われて、しぶしぶ寝ていたそうです。
子供には、少なくとも10時間以上の睡眠時間を与えてあげてください。
睡眠不足は脳の休息を奪い、脳の発達に悪い影響を与えます。また、 成長ホルモンは深夜1時から明け方5時の間、空腹の状態で眠っていることで分泌が促進されますので、睡眠不足は成長を遅れさせ、低身長の原因にもなりかねません。

子供が幼いうちは、勉強やテレビや親子の娯楽よりも、脳の発達を優先させてあげてください。脳神経シナプスの形成は大人になってからでは望めませんし、勉強などはモトさえ良ければ、後で充分挽回できますから…

子供の虚弱体質を改善 1

風邪をひきやすく元気が無い、顔色が青白く食が細い、かんの虫が強いなど、小さい時からこのような傾向のある 子供を、一般的に虚弱児と呼びます。

通常、虚弱体質は、成長とともに改善されるので、あまり気になさることはありませんが、幼い頃に虚弱体質があると、大きくなって運動や勉強が苦手になる場合もあります。 子供の自信を深めてやるのも重要です。
虚弱体質と聞くと、痩せた子供を連想する方が多いと思いますが、実は太っていても虚弱体質の子供はいるのです。虚弱体質の原因は様々なものが挙げられていますが、今、多くの注目を集めているレポートがあります。

次回はそのレポートを要約してお届けします。

子供の健康

子供の虚弱体質を改善 2

子供の虚弱体質の原因として、多くの注目を集めているレポートです。

リボゾームは、細胞内に存在するたんぱく質の製造工場です。
虚弱体質の人は、細胞内でアミノ酸をたんぱく質に作り変えるリボゾームの働きが充分でない(正常のヒトの約半分)場合があります。 いくら肉や魚を食べて吸収しても、細胞内でたんぱく質がうまく作れないのでは、免疫を担当するたんぱく質だけではなく、細菌やウィルスの侵入を防ぐための粘膜や皮膚が作れず、その結果病気がちになります。
また、太った 子供で虚弱体質の場合、たんぱく質がうまく使えないため、アミノ酸がエネルギーに変えられて運動に使われてしまうので、本来エネルギーとして使われるはずの脂質や糖質が余ってしまい、体内に脂肪として溜まってしまうことが考えられます。

次回は、虚弱体質に有効とされる サプリメントをレポートします。

お気軽にお問い合わせください TEL 0120-077-273 平日 10:00~17:00
携帯からは03-6277-0346

PAGETOP
Copyright © Since 1999-2016 AMERICAN VITAMIN SHOP. All Rights Reserved.