Just another WordPress site

心臓にやさしいオリーブオイル

  • HOME »
  • 心臓にやさしいオリーブオイル

心臓にやさしいオリーブオイル

EPAとDHA(オメガ3) ビタミンE ビタミンC(ビタミンP) ピクノジェノール

脂肪には飽和脂肪酸と 不飽和脂肪酸という2種類があります。
飽和脂肪酸は、リノール酸に代表される食用油がそれにあたります。
不飽和脂肪酸は、魚油である EPAやDHA、ヨーロッパでは最も一般的な食用油であるオリーブオイルなどがそれにあたります。

アメリカ心臓病協会(AHA)は、心臓病や動脈硬化を引き起こす悪玉コレステロール(LDL)は飽和脂肪酸をたくさん摂ることで増えるとし、できるだけリノール酸などの飽和脂肪酸を避け、オリーブオイルなどの不飽和脂肪酸をたくさん摂ることを奨励しています。
ただし、不飽和脂肪酸は酸化しやすいため、できるだけ ビタミンEや ビタミンC(ビタミンP)、 ピクノジェノールなどの抗酸化作用のある栄養素と一緒に摂ることをおすすめします。

心臓にやさしい食物繊維1

最近の日本人の食生活でよく指摘されることに、 食物繊維の量が足りないということがあります。すべては、食生活が洋食化したことに原因があります。
日本の厚生労働省も、 生活習慣病と関連して日本人の食生活を調査した結果、日本人の食物繊維の摂取量が必要量の半分も満たしていないと指摘しています。

食物繊維は不溶性と水溶性に分けられます。
不溶性食物繊維は、主に植物の細胞壁から取られるセルロースやヘミセルロース、ペクチン、リグニンと、甲殻類(カニなど)の殻から取れるキチンやイヌリンに分けられます。
水溶性食物繊維は、主に植物細胞内に貯蔵される多糖類の海藻多糖類と植物ガム、ペクチンなどに分かれます。

次回も続きをお送りします

生活習慣病

心臓にやさしい食物繊維2

心臓病を引き起こす原因の1つに、リノール酸などの食用油に含まれる飽和脂肪酸があることを以前お伝えしましたが、 オオバコや ペクチンなどの 食物繊維は、食物と一緒に摂取した飽和脂肪酸をうまく包み込んで、腸から吸収するのを防ぐ働きがあります。

また、主にカニの甲羅から取れる食物繊維で キトサンというものがありますが、この食物繊維は ビタミンC(ビタミンP)と一緒に摂ることで、顕著な飽和脂肪酸の包み込みの性質が発揮されます。
キトサンはその他にも、コレステロールから作られる胆汁酸を包み込んで腸からの再吸収を防ぎ、体外に排泄する性質もありますので、心臓に最も良くないといわれる コレステロールを減らす働きが期待できます。

飽和脂肪酸の吸収抑制とコレステロールの低減という、心臓にとって最高の組み合わせで心臓疾患を防いでくれるキトサンは、アメリカでは人気の高いサプリメントの1つと言っても良いでしょう。

オオバコ りんごペクチン 食物繊維 キトサン

お気軽にお問い合わせください TEL 0120-077-273 平日 10:00~17:00
携帯からは03-6277-0346

PAGETOP
Copyright © Since 1999-2016 AMERICAN VITAMIN SHOP. All Rights Reserved.