Just another WordPress site

掌蹠膿疱症はアレルゲンに対するしきい値を上げることで良くなる

  • HOME »
  • 掌蹠膿疱症はアレルゲンに対するしきい値を上げることで良くなる

掌蹠膿疱症はアレルゲンに対するしきい値を上げることで良くなる 1

最近の掌蹠膿疱症関係のアレルギーの文献を読んでおりますと、しきい値という言葉が盛んに使われています。
しきい値を上げる、とか、しきい値が低いなどと使います。

免疫のシステムが作動し、B細胞がグロブリンAという抗体を作り出す値を言い、アレルギー体質の方はアレルギーを持たない方と比べると、しきい値がかなり低いという研究結果があります。

グロブリンAは、人間の長い歴史から見ると、必要不可欠なものでした。
本来、グロブリンAは寄生虫に対する有効な防御手段として、太古の昔から人類を守ってきたのです。

そういった理由で、 衛生状態の悪い国では、アレルギーというものはあまり見られないそうです。

次項も続きをお送りします。

掌蹠膿疱症のビオチン

掌蹠膿疱症はアレルゲンに対するしきい値を上げることで良くなる 2

最近の農薬の発達や、その他保健機構の努力により、先進国では寄生虫を持っている方はほとんどいなくなっています。

その行き場を失ったグロブリンAが、本来無害な物に対して反応してしまうのが掌蹠膿疱症です。

花粉に反応すればアレルギー性鼻炎、ハウスダストやダニに反応するのが掌蹠膿疱症などと、アレルギーも様々です。

最近では、そのしきい値を上げて、免疫システムが誤動作をしないようにする研究が進んでいます。

多くの研究により、コエンザイムQ10(CoQ10)、ベータカロチン(ビタミンA)やケルセチン、イラクサ(ネトル)などによってしきい値が高くなることが確認されています。

コエンザイムQ10 ベータカロチン(ビタミンA) ケルセチン イラクサ(ネトル)

お気軽にお問い合わせください TEL 0120-077-273 平日 10:00~17:00
携帯からは03-6277-0346

PAGETOP
Copyright © Since 1999-2016 AMERICAN VITAMIN SHOP. All Rights Reserved.