Just another WordPress site

日本の大学でも栄養学的な掌蹠膿疱症へのアプローチが始まった

  • HOME »
  • 日本の大学でも栄養学的な掌蹠膿疱症へのアプローチが始まった

日本の大学でも栄養学的な掌蹠膿疱症へのアプローチが始まった 1

鹿児島大学医学部において、栄養学的な掌蹠膿疱症へのアプローチが始まりました。

このまま、アレルギーの栄養学的な研究がアメリカ並みに進んで、どこの病院でも良質な治療が受けられるようになる日が、いつか来るのでしょうか?
そうなることを心から願わずにはいられません。

同大学の研究チームによりますと、ビタミンC(ビタミンP)、ベータカロチン(ビタミンA)、ビオチン(ビタミンH)などのビタミンを投与し、脂肪(リノール酸、動物性脂肪(ショートニング)など)の摂取や、糖質(砂糖など)の大量摂取を控えることで、かなりの重症の掌蹠膿疱症にも改善が見られたとしています。

次項も続きをお送りします。

ビタミンC(ビタミンP) ベータカロチン(ビタミンA) ビオチン

日本の大学でも栄養学的な掌蹠膿疱症へのアプローチが始まった 2

鹿児島大学の研究チームによりますと、掌蹠膿疱症をもつ方の血液を詳細に調べると、脂質と糖質の代謝が悪いことがわかりました。

掌蹠膿疱症の症状を抑えるには、脂質や糖質の摂取をできるだけ控えると同時に、それらの代謝を活発にしてやることが大切であるとしています。

食事療法としては、リノール酸と砂糖、牛乳、卵の摂取を控え、野菜を中心に魚介類を摂取することを勧めています。

上記の食事療法に、ビタミンC(ビタミンP)、ベータカロチン(ビタミンA)、ビオチン(ビタミンH)などを加え、3〜5ヶ月継続したところ、重症の症状を呈している方にも、掌蹠膿疱症の改善に顕著な効果が見られたということです。

次項も続きをお送りします。

掌蹠膿疱症のビオチン

日本の大学でも栄養学的な掌蹠膿疱症へのアプローチが始まった 3

先の研究チームによる、血液検査等により、掌蹠膿疱症の方は、脂質と糖質の代謝が悪いだけではなく、活性酸素による各部の炎症を抑えるための酵素の働きも弱いことがわかりましたので、積極的な活性酸素対策をする必要があります。

日本の大学の推奨するビタミンC(ビタミンP)やベータカロチン(ビタミンA)などの抗酸化作用のあるビタミンに加え、最近アメリカやヨーロッパでもかなりの注目を浴びている、ブドウの皮や種から抽出されるアントシアニンという物質やコエンザイムQ10(CoQ10)、ピクノジェノールなど、強力な抗酸化サプリメントサプリメントの併用で、掌蹠膿疱症による炎症をかなり軽減できるとする、欧米の研究者は多くいます。

脂質の代謝を引き上げるための方法として、EPAとDHA(オメガ3)、ガンマリノレン酸(γリノレン酸)と月見草オイルの摂取や、ビオチン(ビタミンH)の摂取がお勧めです。

糖質の代謝を引き上げるには、ビタミンB群、αリポ酸(アルファリポ酸)、食物繊維、クロムサプリメント(クロミウム)などが有効です。

コエンザイムQ10 ガンマリノレン酸(γリノレン酸)と月見草オイル αリポ酸(アルファリポ酸) クロムサプリメント(クロミウム)

お気軽にお問い合わせください TEL 0120-077-273 平日 10:00~17:00
携帯からは03-6277-0346

PAGETOP
Copyright © Since 1999-2016 AMERICAN VITAMIN SHOP. All Rights Reserved.