Just another WordPress site

日本の小中学生の情動の実態

  • HOME »
  • 日本の小中学生の情動の実態

鉛中毒は子供の身体と知能の発達を遅らせる 3

食事と一緒に摂取することで有害なミネラルの吸収を防ぐ サプリメントは、 子供の成長にとってだけでなく、健康管理の上でも有効です。

オオバコや アルファルファなどの大量の 食物繊維は、有害なミネラルを吸着して便として排泄させます。 善玉菌( 乳酸菌  腸内細菌)を併用すれば、腸内環境が正常になり、更に デトックスの効率が高まります。

体内に取り込んだ有害物質の排泄経路は主に尿になりますので、積極的な排泄を行うため、これらの サプリメントを摂取している時は、できるだけたくさんの水を飲んでください。
また、汗も排泄経路と考えられますので、ゆっくりとお風呂に浸かって、汗をたくさんかくことも有効です。

オオバコ アルファルファ 善玉菌サプリメント

日本の小中学生の情動の実態 1

最近の若い人たちの間では、自分の情動を抑えきれずに暴力行為に走ってしまう人が増え、しかもそれは、だんだん低年齢の 子供に拡がっているようです。

文部省が発表した統計調査でも、教師に対する暴力事件は毎年10%くらいずつ増加する傾向にあり、生徒間の暴力事件もやはり10%の増加を続けているそうで、そういった事件の発生件数も、過去最多記録を年々更新しているとしています。

厚生労働省も、今の 子供たちの異常行動について憂慮し、授業中に集中できずにウロウロしたり、イライラしたり、落ち着きのない行動をする「注意欠如性多動性障害(ADHD)」についての調査を始めたということです。

次回も続きをお送りいたします。

子供の健康

日本の小中学生の情動の実態 2

マルチミネラル多くの有識者による連絡会議では、日本人の 子供の異常行動について、以下の結論を出しています。

「脳は、体重の割合では全体の2%ほどでしか無いが、エネルギー消費の割合では全体の20%前後を消費する、非常に多くのエネルギーを必要とする器官である。
筋肉や他の内臓器官であれば、自ら持つたんぱく質や脂質を分解し、ブドウ糖にしてエネルギーとして使うことが出来るが、脳にはそうした機能は無く、脳を正常に活動させるには、食事によるブドウ糖の栄養補給が必須である。
特に、朝食を抜くことは、最後の食事(前日の夕食)からの時間がかなり経過しているため、脳に廻るエネルギーが少なくなり、 ミネラルなどの微量栄養素の補給も出来ないため、脳は一時的な栄養不良状態に陥る。
WHO(世界保健機構)の調査結果からも、成長期にある 子供は、軽い栄養不良状態になっただけでも、知能の低下と精神的な不安定を引き起こすことが十分に考えられる。」

次回も続きをお送りいたします。

お気軽にお問い合わせください TEL 0120-077-273 平日 10:00~17:00
携帯からは03-6277-0346

PAGETOP
Copyright © Since 1999-2016 AMERICAN VITAMIN SHOP. All Rights Reserved.