Just another WordPress site

日焼け対策

  • HOME »
  • 日焼け対策

日焼け対策

ビタミンC(ビタミンP)PABA日焼けは見た目は健康的ですが、実際に体に与える影響はかなり大きく、それもどちらかというと害の方が大きく、できれば美肌スキンケアや美白だけでなく、健康面を考えても差し控えた方が良いとする、研究者が大部分です。

日照によって皮膚でビタミンDが作られ、骨の形成を行いますが、最新の報告では日照はごく日常的な量でよく、それ以上は皮膚に負担をかけるだけであり、慎むべきであるとしています。 (北欧などの極端に日照が少ない場所にお住みの方は別ですが、日本にお住みの方でしたら、スキンケア美肌を考えた場合、慎んだほうがいいと思います。)

しかし、チョコレート色に焼けた肌には、多くの人がひきつけられるのも事実ですし(何を隠そう、この私が夏の間は真っ黒ですし・・・・・)、夏の海水浴やプールはレジャーとしても楽しいものです。

そこで、美肌スキンケアにとって重要な、UVカット対策が必要となってきます。
できるだけSPFの大きなサンオイルを塗って、皮膚にとって有害な紫外線をカットしてください。
波長の短い紫外線は、サンバーン(日焼けによる水ぶくれなど)を起こし、皮膚からの感染症を起こすこともあり、非常に危険です。

ただ、プールなどではサンオイル禁止のところもあるようですが、水おちしないタイプのものも売っていますので、そんなのを使ってみるのもいいかもしれません。

また、焼けてしまった後の美肌スキンケアですが、これを怠ると年齢を重ねていく程、大きな差が出てきますので、特に女性は気をつけてください。

PABA(飲むUVカットとしても人気)(ビタミンBの仲間で皮膚や髪の毛を正常に保つ働きをします)をサプリメントとして経口摂取し、PABA配合のクリームを塗ってください。
皮膚を正常に戻す助けになると思います。

また、新陳代謝を活発にし、皮膚の自己補修力を上げるには、1日3回ビタミンC(ビタミンP)を1000mgほど摂取してみてください。
ビタミンCは比較的即効性があります。

ビタミンEは即効性は無いですが、皮膚に血液を送りやすくしたり、色々な作用で補修を助けてくれるでしょう。
外用で塗布したり、経口摂取してください。
全体的には、サプリメントの基本とも呼ぶべきマルチビタミン・ミネラル剤の摂取をおすすめします。

美肌スキンケア

シミを消すスキンケアサプリメント

葉酸の不足で、シミができるとの報告があります。
逆に葉酸を多めに摂取することで、シミが消えたとの報告もあります。
葉酸は他のビタミンと協同で働くことが多いため、他のビタミンが不足しても葉酸の活性が失われシミになります。 ビタミンC(ビタミンP)を毎日2000mg以上摂取する方は、葉酸を多めに摂った方が良いでしょう。

ビタミンCは、美肌にも有効ですし、活性酸素の害を防いだり、さまざまなスキンケアや健康効果がありますが、大量摂取で他のビタミンやミネラルの不足が起こることも知られています。
多くの識者がビタミンCの摂取量については、1日1000mg~5000mgを推奨していますので、マルチビタミン・ミネラル剤を併用するなどの対策も必要です。

その他、他の項目でも書かせていただいていますが、L-システインとビタミンC(ビタミンP)を一緒にとっていただきますと、黒色メラニンを白色メラニンに変える効果により、シミを消してくれます。

EPAとDHA(オメガ3)とヒアルロン酸の組み合わせもおすすめです。
この組み合わせは、水分と油分を補うことにより、皮膚の角質層を適度に厚くしてくれますので、皮膚が薄くなってシミが目立つといったことを防いでくれます。

マルチビタミン L-システイン EPA ヒアルロン酸

お気軽にお問い合わせください TEL 0120-077-273 平日 10:00~17:00
携帯からは03-6277-0346

PAGETOP
Copyright © Since 1999-2016 AMERICAN VITAMIN SHOP. All Rights Reserved.