Just another WordPress site

最新の緑茶によるダイエット理論

  • HOME »
  • 最新の緑茶によるダイエット理論

最新の緑茶によるダイエット理論 1

ダイエットブームによる知識の浸透で、カフェインによるダイエットについてはご存知の方もいらっしゃるのではないでしょうか?

カフェインは、エフェドリンなどの病的な肥満に対処する薬として、アメリカで使われているものにも入っていまして、その主成分であるマオウ(漢方薬)ほどではないのですが、体の熱生産量を引き上げる働きがあります。

熱を発生させる元となるエネルギーは、体脂肪や摂取した過剰な糖分ですので、それによってダイエット効果を生み出します。

最近、スイスの研究施設で発見された緑茶に関するダイエット効果では、このカフェイン以外にも、非常に重要な働きをする物質があることが判ってきました。

次回も続きをお送りします。

ダイエットカロリーコントロール

最新の緑茶によるダイエット理論 2

今までにも、体の新陳代謝を活発にするための、脳内伝達物質があることが知られていました ノルエピネフリンという物質です。

こういった作用のある物質には、その作用を抑えるための物質というものがやはり存在します、そうしなければ無制限に 新陳代謝が活発化してしまうからです。

新陳代謝を活発にするノルエピネフリンを抑える酵素を抑制する物質が緑茶の中に発見されたのです エポガロカテキンという抗酸化物質です。

このエポガロカテキンが、 新陳代謝を活発にするのを防ぐ酵素の働きを抑制すること(ややこしいですね)で、新陳代謝が活発になって、熱生産をより刺激し、脂肪の燃焼が活発化します。

その熱生産を上げる能力ですが、お茶(お茶の葉ではありません)600gを基準にして、50~90カロリーの熱生産を増やすことが期待できます。

お気軽にお問い合わせください TEL 0120-077-273 平日 10:00~17:00
携帯からは03-6277-0346

PAGETOP
Copyright © Since 1999-2016 AMERICAN VITAMIN SHOP. All Rights Reserved.