ダイエットはこちら
ダイエット法に関するQ&Aはこちら

★その他の白いんげんの低炭水化物ダイエットでカロリーコントロールし夏へ追い込みダイエットについてのページ★
・ 白いんげんの低炭水化物ダイエットでカロリーコントロールし夏へ追い込みダイエット その1はこちら
・白いんげんの低炭水化物ダイエットでカロリーコントロールし夏へ追い込みダイエット その2(このページです)

今回の「ハロー! ビタミン」は夏直前の追い込みダイエットの第2弾でお送りいたします。

6月10日にお送りした第1弾では、しろいんげん豆を使った ダイエットカロリーコントロールの内容が中心で、通常のサプリメントと運動による脂肪燃焼ダイエットに加えて、しろいんげん豆に含まれるファセオラミンという栄養素を使って炭水化物の消化を邪魔して吸収できないようにする ダイエット方法をご紹介しました。

テレビ番組で紹介された方法といえば思い出していただけると思います。 しろいんげん豆の調理方法が悪くてお腹が痛くなった方が続出してかなり問題になりましたよね。

低炭水化物ダイエット(ファセオラミン)

どうも日本のメディアが紹介する方法ってこんなのが多いと思うのです。

店長はアメリカの方法が全部いいとは思いませんが、少なくとも同じしろいんげん豆を使ったダイエット方法が15年以上前から広く行われていたのだから、アメリカで行われている方法をそのまま持ってきて紹介すればいいと思うのです。アメリカではしろいんげん豆を調理してご飯にかけるなんて方法は誰もしていないと断言できますよ。

アメリカで15年も行われている ダイエット方法は、しろいんげん豆からファセオラミンという栄養素を抽出し濃縮して、それをサプリメントとして使っているのです。

もし仮にしろいんげん豆を調理してご飯にかけたとしても、ダイエットカロリーコントロールがそれでできるとは思いません。しろいんげん豆に含まれるファセオラミンの量なんて非常に限られていますから、少ないファセオラミンがアミラーゼという消化酵素を中和して、炭水化物の分解を邪魔できるとは思えないのです。

ファセオラミンを濃縮しているサプリメントであれば、アメリカでの15年の実績が効果を証明していると言ってよいでしょう。(効かないサプリメントやダイエット方法はアメリカでは長く生き残っていけないんです。専門のダイエット雑誌などのメディアが栄養学を多く紹介していて、それを読んでいる国民が多いからダイエットなどの栄養学にシビアな国なんです、アメリカは・・・・)

店長がどうしてページを費やしてこんなことを書いているかといいますと、先日、インターネット界で有名なある大手メディアから商品を紹介して欲しいと依頼がありました。

8月に行われるサイトのリニューアル等でちょっと忙しかったのですが、せっかくのオファーですからありがたくお受けして、しろいんげん豆抽出のファセオラミンを使った サプリメントの紹介文を書いたのですが、しろいんげん豆は問題があるからダメだと言うのですよ。

店長はアメリカで製造販売をされてから15年以上の実績があるし、そもそも日本のテレビで紹介された方法とは違うのだということを大手メディアの担当者に丁寧に説明をして安全性を示したのですが、結局、別の商品紹介に変えてくれと言われました。

テレビのメディアとインターネットのメディアは媒体そのものが違うということは店長も判っているのですが、情報を扱うメディアとしては同じだと思うのです。

間違った方法を紹介していて問題が起きて、正しい情報でそれを修正しようとしたら、それを断るということが店長は理解ができません。

しろいんげん豆を使った ファセオラミンというサプリメントは日本でもかなり人気が上がってきているのですが、これが今後のメディアの影響で尻すぼみにならないことを祈っています。

しろいんげん豆のファセオラミンを使った ダイエット方法は、ダイエットカロリーコントロールの方法としては非常に有効な方法であることはアメリカで証明されています。6月10日の「ハロー!ビタミン」でもしろいんげん豆のファセオラミンをご紹介しましたが、夏に向けての短期の追い込みダイエットでは断食にも負けない効果を発揮しますし、断食よりは体にかかる負担が少ないので、ダイエットが長続きします。

しろいんげん豆の ファセオラミンを使ったダイエットカロリーコントロールについては前の「ハロー!ビタミン」をお読みください。詳しくはこちらをクリックしてください。

メールマガジンバックナンバーをご覧いただけます。

今回の「ハロー!ビタミン」の主題である、追い込みダイエットはダイエットカロリーコントロールをプチ断食で行うと同時に、お腹の中の余計なものを出して、お腹周りをスッキリしてしまおうというコンセプトで書いていきたいと思います。

ダイエットは長期にわたって行ったり、限度を超えたカロリーコントロールを行うと ダイエットリバウンドを起こします。リバウンドとは1日の消費カロリーを大きく下回る摂取カロリーしか補給できない状態が続くと、脂肪が減ると同時に同量の筋肉も減ってしまうという現象です。

クロムサプリメント(クロミウム)

脂肪が減るのはダイエットとしてはいいのですが、筋肉まで減ってしまってはダイエット後の1日の消費カロリー(基礎代謝カロリー)が減ってしまい、ダイエット後に再び太り始めてしまいます。

ある程度まで太れば再び ダイエットを行うでしょう。また限度を超えた無理なカロリーコントロールを行えば脂肪以外にも筋肉が減ってしまいます。
リバウンドとはこうした状態を何度も繰り返すことをいいます。リバウンドを何度も繰り返すと筋肉がどんどん減って基礎代謝カロリーが減ってしまい本当に痩せない体質を作ってしまいます。

リバウンドからの回復には筋肉を増やす無酸素運動をかなりハードに行わなければならないため、普通のダイエットの何倍もの努力が必要になります。 アメリカン ビタミンショップとしては、できるだけリバウンドを起こさないためにキチンとコントロールされたダイエットカロリーコントロールの方法をお伝えしていきたいと思います。

プチ断食は何度も連続して用いてはよろしくないのですが、お腹のポッコリを改善するためにはプチ断食はかなり有効です。
断食自体、宗教的な儀式としての歴史も古く栄養学的にも研究が行われてきていて、その利点は多いのです。日本では最近は断食道場などで断食が盛んに行われていますが、そこまで本格的な断食を行わなくてもハリウッドダイエットを使って2日ほどのプチ断食でかなりお腹も引っ込みますよ。

アメリカではプチ断食とは言わずにファスティングと言っていますが、ファスティングを1~3日くらい行うことで、腸の動きが活発になることが判っているんです。腸の動きと ダイエットは関係ないと思われがちですが、日々のカロリー消費で大きな割合を占めているのが胃腸の動きなんですよ。動きの良い腸と動きの悪い腸で1日何100カロリーも消費カロリーが違ってくるってアメリカの胃腸関係の研究をしている栄養学者が書いているのを読みましたよ。

ファスティング(プチ断食)で少し胃腸を休ませてあげるだけで、その後の胃腸の動きが活発になってカロリー消費が上がるのですから、ダイエット方法としては結構いいですよね。先の栄養学者さんが書いていることによると2~4ヶ月に1回程度の割合で1~3日間のファスティング(プチ断食)を行うだけで効率よくカロリー消費を行ってくれる胃腸を手に入れることができるそうです。例えば少しずつでもいいので無酸素運動をして筋肉を増やすなど、こうした小さい努力を積み重ねて痩せやすい体質を作っていくのがいいのではないかと思いますよ、店長は。

小さい努力を効率に結びつけるサプリメントでしたらいつでもご紹介できますので、この「ハロー!ビタミン」をいつまでも読んでいてくださいね。

話は元のプチ断食に戻しますが、そもそも腸内には何kgもの排泄物が溜まっていて、ファスティング(プチ断食です)を行うだけで、この排泄物の多くがお腹から排泄されます。

お腹は骨格がほとんどありませんので、腹筋が減ってしまっている方(だいたい ダイエットが必要な方は腹筋は少ないと思います)は腸の中に溜まっているものがお腹の出っ張り具合に非常に影響をします。夏などの薄着の季節にはファスティングでお腹の余計なものを出してしまうだけで結構見た目も変わってくると思いますよ。

それからお腹の中の排泄物を効率よく出すとなると、忘れてはいけないのが食物繊維サプリメントと 善玉菌です。アメリカの多くの断食道場で使われているサプリメントですから信頼してもらっていいと思います。

腸内細菌

食物繊維に関しては 便秘の改善や 美肌スキンケアなどでかなりの長いスパンで研究が進められてきていますから、ご存知の方も多いと思いますが、お腹の中に溜まった排泄物を押し出すためには 食物繊維などを使って腸壁を刺激してあげなければなりません。腸壁には10個前後の排泄物を感知するセンサーがついていて、これらのセンサーが排泄物によって刺激を受けると腸が脳に排泄物がありますという情報を送って、脳からは腸を動かせという命令が帰ってきます。

そこで腸を構成する筋肉が元気であれば腸は蠕動運動を繰り返して排泄物を前へ前へと押し出して行くのです。

そこでお腹に溜まった排泄物を素早く、効果的に、残さずに、排泄するために、腸壁にあるセンサーを刺激してあげなければならないのですが、吸収しやすいものばかり食べている方が多いため、便の大きさが小さくなってしまい腸壁にあるセンサーを反応させることが難しくなっている方が多いのです。便の大きさが小さかったり、便の中に入っている排泄物の性質がセンサーを刺激しにくいものばかりだと常に排泄物が腸内に残っているような状態になってしまいます。

便の体積を大きくして、腸のセンサーを刺激しやすい便を作るには食物繊維が欠かせません。

食物繊維は人が分泌するアミラーゼなどの消化酵素によってブドウ糖に分解することができず、便の体積(嵩)を大きくすることに役立ちます。また、腸壁にあるセンサーは食物繊維に反応しやすくできていますので、食物繊維をサプリメントで摂取すれば十分な量の食物繊維で便を満たすことができるためセンサーの反応が非常に敏感になり、脳に便の情報が伝わり、脳から便を押し出すように腸に指令がいきやすくなります。

食物繊維

最近の日本人の平均的な食事を見ると食物繊維が足らず(実際に厚生労働省も健康に必要な食物繊維の摂取量が半分くらいしかないということを発表しています) 便秘ではない方でも常に便が腸内に残っている状態の方が多いはずなのです。

日本の医学界では宿便や腐敗便というものは腸管内に存在しないというようなことを発表しているようですが、小型のカプセル型無線カメラなどが開発されて生体の腸管内を観察できる様になってから、アメリカでの研究が急速に進んで腐敗便の存在が明らかになってきました。

腸管の内側には絨毛という栄養素を吸収するための細かい毛のようなものが無数に生えていて、食物繊維の摂取量が少ない方は、この絨毛の間に少しずつ便がこびり付いているような状態になってしまっている方も多いそうです。

この腐敗便が出す悪い物質や悪玉菌が出す悪い物質には腸壁にあるセンサーの感度を鈍らせる働きがあり、定期的な大量の食物繊維の摂取によって腐敗便を定期的に排泄させていないと、徐々にセンサーが鈍ってしまい、加齢性の 便秘などにもなりかねないのだそうです。

食物繊維の摂取量が少ない割りに便秘になっていないような方は、単に腸の筋力が強いために排泄ができているだけで、 腸内環境は決して良い状態とはいえないような方も多いようです。

自分は便秘ではないからと安心して食物繊維の摂取を怠っていると、腐敗便がたくさんある状態が長く続いて便秘を引き起こしたり、腸内に悪玉菌が増えてしまい、様々な健康と美容での問題が発生することも考えられます。

店長は腸内改善系のサプリメントマニアなのでファスティング(プチ断食)でのダイエットのお話が、どうしても腸内環境のお話になってしまいますね(笑)これまでに書いたものを読みなおしてみると主題からずれてしまっています。

とにかく、お腹周りをスッキリさせる方法としてはハリウッドダイエットを使ったファスティングにプラスして、宿便取りの 腸内環境の改善が理想的です。

腸内環境の改善には食物繊維の摂取と善玉菌の摂取がセットで行われることが重要です。

腸内に生息する善玉菌と悪玉菌の量は2kg~3kgくらいだといわれています(便の体積の1/3~1/2は腸内細菌の死骸だといわれています)これらの腸内細菌は腸の中で活動をするときには我々が食事から摂取したカロリーを横取りしているのですが、腸内に善玉菌が多い場合と腸内に悪玉菌が多い場合では、その横取りするカロリーの量が全然違うのです。

善玉菌は酸素を好む菌種が多く概して活動的です。よって消費するカロリーも非常に高く、善玉菌が我々から横取りするカロリーも多いのです。善玉菌は ダイエットに役立つサプリメントなのです。

悪玉菌は酸素を嫌う嫌気性気味のものが多く、活動にそれほどカロリーを消費しません。
よって我々から横取りするカロリーも低いのでダイエットカロリーコントロールではあまり役に立ちません。

善玉菌が夏の追い込みダイエットでどのように役立つかは、この下のバーゲン品の説明で詳しくさせていただきます。

7月25日の「ハロー! ビタミン」には紫外線の強い時期に大切な目を守ろうということで特集を組ませていただきます。

目の健康を気にされる方が増えていると先日の新聞にも書いていましたが、アメリカでも目の健康に関係するサプリメントは非常に売れ行きがいいですし、アメリカ人の食事と同じような内容の食事をここ30年ほど続けている日本人は、そろそろ気をつけた方がいい時期にきているのかもしれません。

——————————————————————–

今回の「ハロー! ビタミン」のバーゲン品はファスティング(プチ断食)という内容でしたので、本来ならハリウッドダイエットにしたいところですが、やり方によってはリバウンドを起こす可能性が高いので、今回のバーゲン品は「 便秘改善サプリメント」にしたいと思います。

店長が腸内改善系のサプリメントマニアだからということではないのですが、このサプリメントはいいですよ~

便秘改善サプリメントは何10種類ものハーブと食物繊維を独自の配合で混ぜており、腸の動きを活発にさせて便秘を改善したり、宿便を排泄するためにアメリカでは多くの方に使われています。コロンクレンズとかパワークレンズというような商品名でこのハーブと食物繊維の配合サプリメントが多くのメーカーから発売されており、たくさんの専門誌に紹介されたり、専門のムックとして出版されています。

店長は便秘ではありませんが、 便秘改善サプリメントはここ5年くらいは使用しています。

アルファルファとキトサン、オオバコなどの食物繊維サプリメントと一緒に週に2回くらいの割合で大量摂取し、宿便を排泄するように心がけています。

もちろん善玉菌サプリメントも使っていますが、それはこの下のバーゲン品の第2弾でご紹介いたします。

「ハロー! ビタミン」のバーゲン品は以下のリンクをクリックして、そのページからご注文下さい。

——————————————————————–

便秘改善サプリメント

★『 便秘改善サプリメント』
腸内改善系サプリメントマニアの店長を虜にするお腹ポッコリ改善の食物繊維サプリメントです。

 

 

 

 

——————————————————————–

今回の「ハロー! ビタミン」のバーゲン品の第2弾は「 善玉菌(乳酸菌 腸内細菌)」です。

先にも書いていますが、腸内を善玉菌で満たしてあげることは、1日の消費カロリーを増やすという意味において十分にダイエットカロリーコントロールの手法の1つなのです。
が・・・

ここでは ダイエットという切り口ではなく、宿便を排泄してお腹ポッコリを改善する即効性重視のダイエットということでお話したいと思います。

便秘でない方で食物繊維を摂ってもあまり効果が見られないとか、便秘が長く続いている方が食物繊維が効かないという現象ですが、これには2つの理由があります。

1つめは、 便秘によって腸が動かない状態を長く続けたために、腸を動かすための筋力がなくなってしまい、食物繊維を摂っても腸が蠕動運動をしてくれないという状態です。このタイプの方は便秘に多く、その場合は時間をかけて腸の筋力をつけていくしか方法がありません。
腸の筋トレに重点を置いて頑張りましょう。そのためには先のバーゲン品の腸内洗浄ハーブ&ファイバーやアルファルファなどの食物繊維サプリメントを常時摂取して腸のセンサーを刺激し続けたり、筋肉をつける働きのあるクロムや共役リノール酸、カルニチンなどのサプリメントを併用するのもお勧めです。

食物繊維が効かない2つめの理由ですが、アメリカの研究成果を日本の現状に当てはめてみるとこの理由がピッタリと当てはまる方が多いのではないかと思います。

便秘でも便秘ではなくても、今の日本人の腸内環境は9割がたは悪玉菌優勢になっているのではないでしょうか?食事中に占める食物繊維の割合がかなり低いという現状とストレス社会であるという現状は決して腸内環境に良い状況とはいえず、同じような生活をしているアメリカではかなり高い確率で悪玉菌優勢になっている方が多かったという調査結果から、店長は皆さんの腸内環境が心配です。

宿便が多く善玉菌が少ない腸内環境においては、腸壁に存在するセンサーの感度が鈍ってしまうことが判っており、食物繊維の多い便でもセンサーが感知しきれていないという現象が起こるそうです。これを長期間放っておくと更に 腸内環境が悪化して、更にセンサーの感度が鈍り、定期的に排便が行われなくなってきて、徐々に便秘になっていってしまうことは防げません。

加齢性の便秘を防いだり、夏のダイエットで効率よくお腹をへっこましたり、お肌のトラブルを減らしたり、肝臓への負担を軽くしたりと、腸内環境の改善には非常に広い範囲で健康と美容の効果が期待できます。アメリカの様々な栄養学を長年勉強してきている店長が傾倒している腸内改善に皆さんも興味を持っていただけないでしょうか?

ハロー! ビタミン」のバーゲン品は以下のリンクをクリックして、そのページからご注文下さい。

——————————————————————–

腸内細菌

★『 善玉菌サプリメント』
1錠でヨーグルト数kgを食べたのと同量の善玉菌が生きて腸に届くサプリメントです。
善玉菌摂取は健康と美容の切り札だと店長は考えます。

 

 

 

 

——————————————————————–