Just another WordPress site

米国食品医薬品局が認める飲む日焼け止めスキンケアサプリメント

  • HOME »
  • 米国食品医薬品局が認める飲む日焼け止めスキンケアサプリメント

米国食品医薬品局が認める飲む日焼け止めスキンケアサプリメント 1

PABAPABA(飲むUVカットとしても人気)は<美白サプリメントに分類されます。
正確に言うと体内において紫外線を吸収して、メラニン色素が作られないようにするビタミンB群の1つです。
従来のスキンケアで主流の、UVカットのために行っていたUVカット化粧品や日傘、被服などにプラスして、紫外線により作られるメラニン密度を薄くしてシミを防ぐための新たなスキンケアの武器として使っていただければ幸いです。

PABA(飲むUVカットとしても人気)は1994年にアメリカ食品医薬品局が認めたUVカットの栄養素なんです。
飲むタイプの栄養素としては今でも唯一の紫外線を吸収する性質をもつ栄養素です。
もともとは美肌スキンケアの日焼け止めクリームに他のサンスクリーン素材などと混ぜられて紫外線の吸収を担当していました。
日焼け止めクリームには大きく分けると2種類ありまして、紫外線を反射して皮膚に届かないようにする素材と紫外線を吸収して皮膚に届かないようにする素材です。
PABA以外の素材は通常は外用のスキンケアクリームなどで使用され、経口摂取することができませんがPABA(飲むUVカットとしても人気)はビタミンB群の1つですから飲むことができるんですよ。

米国食品医薬品局が認める飲む日焼け止めスキンケアサプリメント 2

アメリカには白人が多くいますね、白人はメラニン色素が少ないために皮膚ガンが多いのをご存知ですか?
スキンケアや美白化粧品の分野ではメラニン色素というと悪鬼羅刹のごとき存在として扱われていますが、店長はメラニン色素を弁護したいと思います。

メラニンの存在意義というのは紫外線(UV)を吸収して紫外線の持つ強力なエネルギーが表皮の下まで届いて体の細胞のDNAの鎖を断ち切ったりの悪さをしないようにすることなのです。
DNAが断ち切られると遺伝情報に異常が起こって細胞がガン化することも珍しくありません。(これが白人に皮膚ガンが多い理由です)
体の機能としては本当に無駄なものはないんですね、メラニン色素でさえ体にとっては必要なものなんですね、でも美肌スキンケアや美白では邪魔ですね(笑)、難しい問題です。

美肌スキンケア

米国食品医薬品局が認める飲む日焼け止めスキンケアサプリメント 3

現代ではフロンガスの影響でオゾン層が破壊されてきていますよね、オゾン層は地球の大気圏の上層において高い波長の強力なエネルギーを持つ紫外線を吸収しています。
オゾン層というくらいですからオゾンでできています、オゾンは酸素原子が3個くっついたものです、ちなみに酸素は酸素原子が2個くっついたものです。
オゾン層の破壊により、年々強力な紫外線が地上にまで届くようになってしまい、紫外線対策の美肌スキンケアが重要になってきています。

紫外線には波長の比較的低いものもあり、低いものは日焼けでもサンタンという良い日焼けを起こす紫外線で細胞のガン化やシミというのは起こりにくい紫外線です。

やや高い波長の紫外線にはサンバーンという火ぶくれや火傷のような日焼けを起こす特徴があり、サンバーンで作られるメラニン色素には特にシミになりやすいメラニン色素が多いということです。

オゾン層の破壊がこれ以上進むと高い波長の紫外線がどんどん地上にまで届いてしまいますので、これからは世界的にもシミの危険や皮膚ガンが増えてくるといわれています。
ますます美肌スキンケアには気をつけていかなければなりませんね。

米国食品医薬品局が認める飲む日焼け止めスキンケアサプリメント 4

PABA美肌スキンケアの敵である紫外線は、オゾン層の破壊のせいでますます強力になってきますから、今までのUVカットだけでは十分ではなくなる可能性が高くなりますよね。
もちろんUVカットのクリームも進化してSPFも高くなりますけど、体の中からUVカットって女性にとっては魅力ないですか?

PABA(飲むUVカットとしても人気)は体の中で紫外線(UV)を吸収してメラニン色素を作られにくくしてくれますので、今までの外用のスキンケアによる紫外線対策にサプリメントをプラスすることで更に美白ケアが可能です。

PABAは水溶性という性質のために経口摂取されると全身の水分のある組織に分配されます。
皮膚にも多くの水分がありますが、この中にもPABA(飲むUVカットとしても人気)が溶け込んで紫外線を吸収してくれることがアメリカでの調査でわかっています。

米国食品医薬品局が認める飲む日焼け止めスキンケアサプリメント 5

もちろんPABA(飲むUVカットとしても人気)もビタミンですので、あまりに飲みすぎて体内濃度を高くしても、紫外線の吸収という目的的には良いのでしょうが過剰症の心配も起こります。
紫外線対策として、PABAのみで日焼けを防ぐのは、実際上は難しいことはお判りください。
PABAの使い方としては、あくまでも従来の方法(外用による美肌スキンケア対策)を補完するものの1つとしてご理解いただきたいと思います。

それからお肌の新陳代謝にも関係する葉酸の構成要素としてPABA(飲むUVカットとしても人気)が関係しますのでPABAを摂取して体内で葉酸がたくさん作られるようにしてみてください。
スキンケアには間接的ながら良い影響を与えてくれるでしょう。

美肌スキンケア

米国食品医薬品局が認める飲む日焼け止めスキンケアサプリメント 6

また美白やスキンケア以外にもPABA(飲むUVカットとしても人気)には副腎皮質ホルモンの分泌にも良い影響を与えますので、パントテン酸を摂取して副腎皮質ホルモンの分泌を促しているアトピー性皮膚炎の方には良いものだと思います。
なんとパントテン酸の吸収にも関係しますのでビタミンB群などと一緒に十分な量を摂ってみてはいかがでしょうか?
副腎皮質を元気にしてステロイドホルモンを自分で分泌してみてください。

今までのサプリメントによるスキンケアや美白というと、できてしまった黒色メラニン色素を白色メラニン色素に変えたりするL-システインとビタミンC(ビタミンP)の組み合わせが多かったですよね。

できてしまったメラニンには今までどおりにL-システインやアントシアニン、MSMサプリメントなどでも良いのですが、まずはメラニンができないようにするのが先決ですよね。
店長はこれからの美白を変える革命的なサプリメントがPABA(飲むUVカットとしても人気)だと思っています。
春から夏にかけての紫外線の強くなる時期に、シミになりやすいアメリカ人女性の多くにスキンケア用として支持される新しい美白のサプリメントを皆さんも体感してください。

パントテン酸 L-システインアントシアニンMSMサプリメント

お気軽にお問い合わせください TEL 0120-077-273 平日 10:00~17:00
携帯からは03-6277-0346

PAGETOP
Copyright © Since 1999-2016 AMERICAN VITAMIN SHOP. All Rights Reserved.