Just another WordPress site

老化と脳血管性痴呆症

  • HOME »
  • 老化と脳血管性痴呆症

老化と脳血管性痴呆症

脳血管性痴呆症は、主に動脈硬化や脳卒中、脳梗塞によって引き起こされる場合が多いようです。食事療法を中心に、サプリメントによって足りない栄養素を充分に補ってください。
生活習慣病との関係も深い病気なのでそれらを予防することも重要です。「 生活習慣病」もご覧ください。
以下でご紹介しているものの中には、実際に病院で治療に使われ実績をあげているサプリメントもあります。有効に使ってください。

アンチエイジングのために意識して摂りたいサプリメント

ベータカロチン(ビタミンA)、 EPAと DHA( オメガ3)、 ビタミンB群、イチョウ葉エキス、 大豆レシチン、 マルチビタミン、 コリンとイノシトール(ホスファチジルコリン)

ベータカロチン(ビタミンA) イチョウ葉エキス 大豆レシチン コリンとイノシトール

老化とアルツハイマー病

アルツハイマー病に関しては、体内に蓄積されたアルミニウムが原因とする報告もありますが、まだハッキリしていません。ただ、実際に治療である程度効果をあげているサプリメントもありますし、アルツハイマー病に罹りやすいタイプの方というのも、ある程度解るようになってきています。
アルツハイマー病の予防として、食事は低脂肪・低コレステロールを心がけ、 EPAと DHA( オメガ3)を多く含む魚などを意識して摂りましょう。
シスチン( lシステイン)やメチオニンなどの含硫アミノ酸を欠乏させやすい方に、アルツハイマー病発症の可能性が高まるという報告もあります。

アンチエイジングのために意識して摂りたいサプリメント

EPAと DHA( オメガ3)、 lシステイン、 タウリン、 ビタミンC(ビタミンP)

EPAとDHA(オメガ3) lシステイン タウリン ビタミンC(ビタミンP)

老化と骨粗しょう症(骨粗鬆症)

骨粗しょう症(骨粗鬆症)は、年齢の影響だけではなく、ムリな ダイエットカロリーコントロールや偏食によって、若年層の骨密度が低下する傾向もあります。
骨粗しょう症(骨粗鬆症)は何よりも予防が大切ですが、サプリメントの摂取によってあらゆる年齢層で骨密度の改善が報告されています。
ただし、 カルシウムや マグネシウムなどのミネラル類は過剰症の恐れがありますので、「理想とするビタミンやミネラルの 摂取量」で、 ビタミンや ミネラルの一般的な摂取量と過剰摂取量を必ずチェックしてください。
砂糖の摂りすぎはカルシウムの排泄を促しますから、できるだけ控えてください。
軽い運動に適度な日光浴、たんぱく質の摂取にサプリメントによる栄養補給をおすすめします。

ペクチンは植物性の 食物繊維です。ペクチンに多く含まれる シリカ(ケイ素)は、人にとって必須性が明らかになりつつある元素のひとつで、 コラーゲンを束ねて結合組織を強化します。
シリカ(ケイ素)が不足すると、爪が割れる、髪が抜ける、皮膚がたるむ、腱や血管が弱くなるなど、健康と美容の両面でイロイロと問題が起こります。
骨粗しょう症(骨粗鬆症)の方の骨が弱くなるのは、シリカ(ケイ素)の不足と関係があると指摘する報告もあります。

アンチエイジングのために意識して摂りたいサプリメント

カルシウム、 マグネシウム、 亜鉛、 MSMサプリメント、 コラーゲン、 グルコサミンとコンドロイチン、 必須アミノ酸のサプリメント、 鉄分、 ベータカロチン(ビタミンA)、 ペクチン、 マルチビタミン

マグネシウムサプリメント シリカ(ケイ素) MSMサプリメント マリンコラーゲン

お気軽にお問い合わせください TEL 0120-077-273 平日 10:00~17:00
携帯からは03-6277-0346

PAGETOP
Copyright © Since 1999-2016 AMERICAN VITAMIN SHOP. All Rights Reserved.