Just another WordPress site

脂肪が女性の健康の敵 冷え性の原因!?

  • HOME »
  • 脂肪が女性の健康の敵 冷え性の原因!?

脂肪が女性の健康の敵 冷え性の原因!? 1

体温を調整する機能に遊離脂肪酸というものがあります。

通常、褐色脂肪細胞をアドレナリンが刺激することで、自分の体内である程度の量が作られています。

この体内で作り出される遊離脂肪酸は、筋肉が直接使える脂肪で、筋肉を動かすチカラになるだけではなく、筋肉や褐色脂肪細胞のある肩や脇の下、首などで熱産生を上げる働きがあります。
外気温などの環境や体調に対して、健康維持の必要に応じて体内で産出量が調整され、体温の維持などに使われているのです。

脂肪が女性の健康の敵 冷え性の原因!? 2

太っている女性は、体の周りを脂肪が覆っています。
脂肪は熱が体外に排泄されるのを防ぐ働きがありますので、体表面の温度の割りに、体内での温度というものが簡単に上がってしまうのです。

すると脳は、健康維持のため、必要以上の体内の温度上昇を避けるためにアドレナリンの分泌を抑え、遊離脂肪酸の産出量を低く抑えてしまうのです。

そうなると、溜まっている脂肪から遊離脂肪酸があまり作られず、基礎代謝が低くなってしまいます。

女性の健康

脂肪が女性の健康の敵 冷え性の原因!? 3

太っている女性の冷え性(末端冷え性)の場合、内臓部分が脂肪で覆われているため、内臓の温度上昇を防ぐために遊離脂肪酸が作られず、手足の先に遊離脂肪酸が運ばれにくいために引き起こされます。

遊離脂肪酸は筋肉に取り込まれ、熱エネルギーとして使われますので、手や足などの筋肉に遊離脂肪酸が運ばれなければ、手先や足先が冷えてしまうわけです。

また、痩せている女性でも、内臓の周りに脂肪のついている隠れ肥満といわれる女性も多く、このタイプの女性も末端冷え性に陥りやすいといわれています。

お気軽にお問い合わせください TEL 0120-077-273 平日 10:00~17:00
携帯からは03-6277-0346

PAGETOP
Copyright © Since 1999-2016 AMERICAN VITAMIN SHOP. All Rights Reserved.