前回、 ファスティング(プチ断食の正式名称です)と 腸内環境の改善ということでお話させていただきましたね。

腸内環境の改善をすることで、細胞の新生を邪魔するインドールなどの悪い物質が減って、 新陳代謝が上がるという内容でした。

多くの栄養学者さんが試算したところ、 腸内環境が悪化している人が腸内改善をするだけで、1日の消費カロリーが10~50%(カロリーにすると200~1000カロリー)位、増えるといわれています。

前回の「ハロー!ビタミン」の発刊から、この方法についての問い合わせが結構来ているので、今回は、この方法論の有効性だけではく詳細な実施方法をお届けします。

善玉菌(乳酸菌 腸内細菌)

アメリカでは多くの栄養学者が、現代人の 腸内環境の悪化による美容被害を訴えております。

アメリカ人だけではなく、日本人も統計的に見ると、必要な 食物繊維の摂取量の1/3位しか摂取していませんし、 ストレスの影響により悪玉菌優勢になる腸内環境の悪化は多くの栄養学者が確認しています。

まず腸内環境を 善玉菌優勢にするには、食物繊維の摂取が肝心です。

食物繊維

平均的な日本人の 食物繊維の摂取量は約15g(今は調査当時より減っているといわれています)、1947年の調査では27gもありましたので約半分に減っています。

厚生労働省でも1日あたり20~25gの食物繊維摂取を勧めていますし、アメリカでも 腸内環境に詳しい栄養学者の多くが30~40gの摂取を推奨しています。

食物繊維についても日本ではあまり知られていないようなのですが、食物繊維の種類というのがとても大切で、1種類だけをたくさん摂るよりも、食物繊維の種類をバランスよく摂ることが肝心だといわれています。

食物繊維は大きく分けると不溶性と水溶性に分けられます。
不溶性は主に植物の細胞壁から取られる セルロースやヘミセルロース、 ペクチン、リグニンと甲殻類(カニなど)の殻から取れるキチン( キトサン)やイヌリンに分けられます。
水溶性は主に植物細胞内に貯蔵される、多糖類の海藻多糖類と植物ガム、ペクチンなどにわかれます。

セルロースやリグニンなどの不溶性食物繊維は、水に溶けず、腸壁を刺激し腸にこびり付いた腐敗便をこそぎ落とす役割が強いようです。

便の主要構成物となり便のカサを増やして通じを良くします、 食物繊維を摂った場合と摂らない場合で、食物摂取から排便までの時間が大きくかわります。
ある実験によると、たくさん食物繊維を摂った方が、摂らなかった方の半分の時間で、排便できたそうです。
腸を通過する時間が短ければ、それだけ腐敗便を吸収しなくて済みます、 デトックスという意味においても、食物繊維は多く摂ってください。

食物繊維が ダイエットや 美肌スキンケアに繋がるという有効性は以上にして、それでは食物繊維サプリメントの摂取について書いていきますね。

オオバコ

まず日常的に摂取する 食物繊維としては オオバコが良いと思います。

当ショップの オオバコはカプセル状になっていますので、一昔前に流行った水で溶くものと違いますので飲みやすいです。

できれば朝昼晩の食後のそれぞれに400~1000cc位の水と一緒に2~6錠ずつ摂ってください。

雑穀と果物と野菜の食物繊維というサプリメントも先ほど出てきた理想的な 食物繊維バランスを保っていますので、 オオバコとの併用ということではお勧めしたいですね。

雑穀と果物と野菜の食物繊維

それから一番大切なことです。

アメリカでは コロンクレンズという商標名で知られている、ハーブと 食物繊維を主体にしたサプリメントで、当ショップでは便秘改善サプリメントと名づけられたサプリメントがあります。

この サプリメントは主に 便秘を改善したい方が使用するサプリメントとして登場したのですが、今、アメリカの多くの方が便秘改善ではなく、腸内の宿便を取り除くことによって 腸内環境の改善を試みる目的で使っています。

この 便秘改善サプリメント(ご使用方法に関しましては左のリンクをクリックして商品詳細ページをご覧ください。)は体質さえ合えば、摂取することによって1日数回の便意を催します。(使用してみるしか合うか合わないかを判断することができないのです、スミマセン)

これは便の色や見た目などを仔細に見ていただければ、いつもと違ったモノが出ているなと感じていただけるのではないかと思います。(それが宿便だそうです)

この サプリメントを1ヶ月の間に5日~10日使用し、1ヶ月の間に溜まった宿便を排泄します。

もちろん、毎日使用することも可能ですが、その場合、12週間使用したら1週間ほど休むと効果が持続するといわれています。

このサプリメントはアロエやセンナは使っていませんので、習慣性はありません。

ただ、 腸内環境がかなり悪化している方ですと、 食物繊維のためにお腹にガスが溜まったようになり、お腹が張ることがあります。

その場合、後ほど紹介します アシドフィルス菌を先に摂って、多少なりとも腸内環境を改善してから食物繊維を摂るとよいということです。

食物繊維を摂ることで腸内環境を改善する場合、多くの水分を摂取してください。

食物繊維が水分を吸って膨らみ、腸内の壁を擦ることが多くなり、その結果、宿便がこそぎ落とされます。

また、 腸内環境を悪化させるモノには宿便の他にも悪玉菌がいますので、それに対抗するために 善玉菌を摂る必要があります。

このメールを読まれている方はご存知だと思いますが(店長がしつこく書いているので・・・・)、腸内細菌には善玉菌(コッカス菌や腸内細菌)と悪玉菌に分けられ、善玉菌の代表が アシドフィルス菌です。

温度管理が楽なため、アメリカでの 善玉菌販売では90%以上のシェアを持ちます。

ヨーグルトに使われる菌は胃酸によって死んでしまう場合が多いのですが、 アシドフィルス菌は胃酸に強く、生きて腸まで届く率が高いため、同じ善玉菌を摂るのでも効率が良いといわれています。

もちろんヨーグルトには 善玉菌の餌になる栄養素がたくさん含まれていますので、積極的に摂ることは非常に有効です。
(ビフィズス菌は世界的には悪玉菌に分類されていますが、 腸内環境を改善する菌としては、やはり乳酸菌ですので優秀です、店長はビフィズス菌の摂取が悪いのではなく、ビフィズス菌ばかりを摂るのが問題なのだと思います)

ここで紹介しましたサプリメントを上手に使って 腸内環境の改善をすることで、 新陳代謝が活発な体を手に入れて、痩せやすい体質を獲得してください。

先にも書きましたが、腸内環境の改善が1日の消費カロリーを200~1000カロリー増やしてくれるという調査結果もありますので、チョット運動するのと同じくらいの効果を期待できるのです。

現代人の大部分が、 腸内環境が悪くなっているといわれていますので、 ダイエットの方法としてだけでなく、 美肌スキンケアや健康維持のためにも、是非 腸内環境の改善を行ってください。

腸内洗浄ハーブ&ファイバー

●アメリカで人気のハーブと 食物繊維で腸内改善をするサプリメントです。

↓ ↓ ↓をクリック!! 読者様限定

便秘改善サプリメント

●「ハロー!ビタミン」お馴染みの 善玉菌です、店長のイチオシです

アシドフィルス菌

↓ ↓ ↓をクリック!! 読者様限定

アシドフィルス菌