Just another WordPress site

腸内細菌のバランスを取り戻し花粉症を克服する

  • HOME »
  • 腸内細菌のバランスを取り戻し花粉症を克服する

腸内細菌のバランスを取り戻し花粉症を克服する 1

善玉菌サプリメントビオチンビオチン( ビタミンH)の大量投与と共に、ビフィズス菌やその他悪玉菌を腸内から駆逐することで、アレルギー性鼻炎を根本から治す治療が行われていることは以前にも報告しています。

では、どのようにしたら腸内細菌のバランスを整え、 善玉菌( 乳酸菌  腸内細菌)優勢の 腸内環境にして 花粉症を根本から治すことができるのでしょうか?

まず、対症療法として、不足するビオチン(ビタミンH)を供給するために、大量のビオチン(ビタミンH)を摂る必要があります。

しかし、このビオチン(ビタミンH)を大量に摂ることによって、ビオチン(ビタミンH)を餌に増殖するビフィズス菌をも腸内で増やしてしまうことになります。
つまり、ビオチン(ビタミンH)の大量摂取と共に、ビオチン(ビタミンH)の欠乏を引き起こす腸内細菌(ビフィズス菌その他)も増えてしまうので、このままでは アレルギー性鼻炎を治すことが出来ません。

次項も続きをお送りします。

腸内細菌のバランスを取り戻し花粉症を克服する 2

そこで善玉菌(乳酸菌 腸内細菌)と 食物繊維、ビタミンCサプリメントの摂取によって、腸内細菌のバランスを善玉菌優勢に換えてやることで、 アレルギー性鼻炎を克服するのです。

善玉菌は、ビオチン(ビタミンH)を作り出しますし、善玉菌が増えることで、ビオチン(ビタミンH)を餌に増えるビフィズス菌などの増殖を抑えることができます。

ここで非常に大切なのは、ビフィズス菌などを減らすことを考えるのではなく、 善玉菌( 乳酸菌  腸内細菌)を増やしてやることを考えるのです。

腸内細菌は、善玉菌(乳酸菌 腸内細菌)が増えれば悪玉菌が減るというように、シーソーのような関係にありますので、 アシドフィルス菌のような善玉菌(アメリカでは善玉菌というとアシドフィルス菌です)を経口摂取して、その餌となる 食物繊維をたくさん摂ります。

また、 ビタミンCサプリメントを1日2g以上摂ることで、アシドフィルス菌は驚くほどの速さで増殖してくれます。

次項も続きをお送りします。

花粉症のブロメライン

腸内細菌のバランスを取り戻し花粉症を克服する 3

ヒトによっては、 ビタミンCサプリメントを大量に摂ると下痢する方もいらっしゃいますが、これは、急激に善玉菌(乳酸菌 腸内細菌)が増えるために起こる現象ですので、ビタミンCの大量摂取で下痢される体質の方は、ビタミンCの量を減らしてみてください。

また、 善玉菌( 乳酸菌  腸内細菌)をバランス良く増やしてあげるためには、 食物繊維のバランスも非常に重要です。

不溶性の食物繊維は主に6種類に分けられます。
セルロース、 ペクチン、植物ガム、マンナン、へミセルロース、リグニンなどの食物繊維をバランスよく摂ることで、善玉菌(乳酸菌 腸内細菌)がはじめてバランス良く増殖できるのです。

そのためには、日常的に食物繊維を多く含む食品を、イロイロな種類食する事と、バランスを意識して作られている食物繊維サプリメントを併用することで食物繊維バランスを整えてあげてください。腸内改善が進めば、 アレルギー性鼻炎の症状を抑えていくことも可能なのです。

次項も続きをお送りします。

ビタミンCサプリメント 食物繊維サプリメント 雑穀と果物と野菜の食物繊維 りんごペクチン

腸内細菌のバランスを取り戻し花粉症を克服する 4

ちなみに厚生労働省は日本国民の 食物繊維摂取を1日25gとしています。

最近の調査では日本人の、食物繊維摂取の平均値は13gです、圧倒的に摂取量が不足していると言ってよいでしょう。

以下の当ショップの食物繊維サプリメントや 善玉菌サプリメントをうまく使って、食物繊維の摂取量を上げて 腸内環境の改善をはかって ください。

・ 腸まで届く善玉菌12
・ 腸内洗浄ハーブ&ファイバー(コロンクレンズ)、アメリカでも便秘対策として最も人気高
・ オオバコ
・ アシドフィルス菌
・ 雑穀と果物と野菜の食物繊維 バランスは最高(カプセル)

次項も続きをお送りします。

腸内洗浄ハーブ&ファイバー オオバコ アシドフィルス菌

腸内細菌のバランスを取り戻し花粉症を克服する 5

最期に、善玉菌の アシドフィルス菌についてです。

日本では 善玉菌といえばビフィズス菌などの乳酸菌ですが、アメリカや他のほとんどの国の善玉菌というと、アシドフィルス菌をいいます。

アシドフィルス菌は、通常の場合、腸内に常駐しています、しかし、ビフィズス菌や悪玉菌が優勢の 腸内環境では、その数が圧倒的に少なくなっています。

そこで、アシドフィルス菌のサプリメントを摂取して補ってやるのですが、腸内細菌全般にいえることですが、食後に経口摂取すると、そのほとんどが胃酸によって死滅してしまいます。

その死滅を防いで、腸内で元気に増殖してもらうために、最近では胃酸で死なないようにアシドフィルス菌の入ったカプセルをコーティングしてやる技術が発達しています。
アシドフィルス菌のサプリメントを購入される時は、胃酸で死なないコーティングがされているサプリメントをご購入いただくか、空腹時に多目のお水でお摂りいただくことをおすすめいたします。

次項も続きをお送りします。

花粉症

腸内細菌のバランスを取り戻し花粉症を克服する 6

セントジョーンズワートまた、 ストレスを感じる生活をしていると、 善玉菌( 乳酸菌 腸内細菌)が減って、悪玉菌が増える傾向があるようです。

できるだけ気持ちを楽に持って、ユッタリと生活できると、 アレルギー性鼻炎にも良いという実験結果もあります。
現代の生活ではなかなか難しいことですが、気をつけて生活してみてください。

セントジョーンズワートなどは多くのストレスをカバーしてくれる、昔から使われているハーブです。
こういったものも、ストレスを減らして、 腸内環境を正常化するのにも役立ちます。
アレルギー性鼻炎の方は試してみるのも良いかもしれませんね。

お気軽にお問い合わせください TEL 0120-077-273 平日 10:00~17:00
携帯からは03-6277-0346

PAGETOP
Copyright © Since 1999-2016 AMERICAN VITAMIN SHOP. All Rights Reserved.