Just another WordPress site

自律神経の失調で起きる掌蹠膿疱症

  • HOME »
  • 自律神経の失調で起きる掌蹠膿疱症

自律神経の失調で起きる掌蹠膿疱症 1

最近、アメリカでは自律神経失調症と判断される方が多くなってきているようです。

この自律神経の不調が、掌蹠膿疱症を引き起こす原因の1つになるとして、研究が進んでいます。

自律神経は、内臓などを無意識の状態でコントロールし、生命活動が正しく行われるようにしてくれます。

自律神経がストレスなどにより不調をきたすと、胃腸の動きが悪くなり、腸内の状態が悪化することが判っています。

次項も続きをお送りします。

自律神経の失調で起きる掌蹠膿疱症 2

善玉菌サプリメントビオチン以前にも何度も書かせていただいておりますが、 掌蹠膿疱症やアトピー性皮膚炎など様々なアレルギーがありますが、これらのアレルギーの原因と機構は1つといわれ、その症状が出る部位によって、名前が違っているのです。

その原因の多くが、腸内環境バランスが悪くなることで起こるといわれ、自律神経の不調で腸の動きが悪くなり、善玉菌(乳酸菌 腸内細菌)が減り悪玉菌が増えることで、掌蹠膿疱症を防ぐ働きのビオチン(ビタミンH)の産生が減り、アレルギーが発症するといわれています。

次項も続きをお送りします。

自律神経の失調で起きる掌蹠膿疱症 3

この場合、ストレスなどによる自律神経の不調が、即、掌蹠膿疱症につながるわけではありませんが、腸の動きの悪さが、腸内環境のバランスを崩すことは間違いがなく、腸内細菌のバランスの乱れが、ビオチン(ビタミンH)の産生量に関係することから、アレルギー体質の方は、特に気をつけるべきだと、アメリカのアレルギー関係の識者は結論付けています。

腸の動きというのは、自律神経や交感神経、副交感神経の緊張と弛緩によって、操られるのですが、ストレスなどによってこの神経は不調をきたしてしまうのです。

腸には自律神経が集中しているので、ストレスや過労、睡眠不足に最も弱いと考えられています。

次項も続きをお送りします。

掌蹠膿疱症のビオチン

自律神経の失調で起きる掌蹠膿疱症 4

朝鮮人参(高麗人参)ビタミンE自律神経の失調に有効な、サプリメントをご紹介します。

ビタミンEは血流を上げると同時に、ホルモンの分泌を促します。

血流が良くなり、ホルモンの分泌が正常化しますと、自律神経の働きが活発になり、毛細血管の血流が更に良くなり、よりホルモンの分泌を促します。

最近、アメリカの自律神経関係の改善には、朝鮮人参(高麗人参)が使われるようになってきていて、かなりの効果を上げているようです。

即効性はなく、長期摂取の必要なサプリメントですが、体の内部からキチンと治してみたい方にはお勧めです。

次項も続きをお送りします。

自律神経の失調で起きる掌蹠膿疱症 5

自律神経を不調にさせるのがストレスですが、生物の体はこのストレスがかかると、大量のミネラルを消費します。

この消費されるミネラルをキチンと補給してあげないと、ミネラルの不足が、更に体のストレスを招き、自律神経の不調を助長させ、それが悪循環となり、ついには自律神経失調症になるといわれています。

つまり、ストレスにより失われるミネラルを十分に補給してやることは、ストレスの悪循環から抜け出す、非常に良い方法なわけです。

次項も続きをお送りします。

掌蹠膿疱症

自律神経の失調で起きる掌蹠膿疱症 6

亜鉛サプリメントマルチミネラル前回の章でミネラルの不足が自律神経の不調を引き起こすというのはご理解いただけたと思います。

それでは、どのミネラルの補給をすれば、ストレスの悪循環から免れるのでしょうか?

最近の食事からは亜鉛やカリウムの補給ができにくくなってきているのですが、これらのミネラルが不足すると、ストレスによる耐性が弱くなることが知られています。

これらのミネラルを十分摂取することで、内的要因のストレスを効率よく解消することができるのです。

次項も続きをお送りします。

自律神経の失調で起きる掌蹠膿疱症 7

ビタミンCサプリメントストレスはミネラルだけではなく、ビタミンも大量に消費します。

特に、ストレスビタミンと呼ばれるものにビタミンB群があり、アメリカでは、ビタミンB群にビタミンCサプリメントなどを加えて、ストレスBコンプレックスなどと名前をつけて、商品化しているほどに有名です。

ビタミンB群は1種類でも不足するものがあると、すべてのビタミンBが、その最低ラインでの性能しか発揮することができないという性質があるため、バランスの良いビタミンBコンプレックスを摂る必要があります。

次項も続きをお送りします。

自律神経の失調で起きる掌蹠膿疱症 8

ビタミンBビタミンBはそれぞれのビタミンBが様々な働きを持ち、協働して体のバランス(恒常性)を保っているのですが、特にビタミンB1を不足させる実験では、1週間で精神状態に異常が生じ(イライラ)、共同生活を送ることが困難になり、3週間で脚気になり歩行困難になったとの報告があります。

ビタミンB1は精神のビタミン、神経炎のビタミンともいわれ、日本人に不足がちなビタミンといわれています。

ビタミンB群はストレスに打ち勝つには特に必要なビタミンです。

タバコやアルコール、コーヒーはビタミンB1を消費します。
また、運動量の多い方、お菓子の好きな方も不足しがちになります。
ご注意ください。

次項も続きをお送りします。

お気軽にお問い合わせください TEL 0120-077-273 平日 10:00~17:00
携帯からは03-6277-0346

PAGETOP
Copyright © Since 1999-2016 AMERICAN VITAMIN SHOP. All Rights Reserved.