Just another WordPress site

花粉症が始まる前にしておく事 粘膜を鍛えヒスタミンを作らせない

  • HOME »
  • 花粉症が始まる前にしておく事 粘膜を鍛えヒスタミンを作らせない

花粉症が始まる前にしておく事 粘膜を鍛えヒスタミンを作らせない 1

日本人の アレルギー性鼻炎は10%といわれ、年々そのパーセンテージは増えているそうです。

つまり花粉症が治る方よりも突然に 花粉症に罹る方の方が多いということで、これは食事からの様々な栄養素
(特に 硫黄が不足しています、硫黄は吸収が難しい ミネラルですがお肌や粘膜を作る コラーゲンの材料になりますし、体内に侵入した毒物の 解毒(デトックス)を行っています)
の補給が難しくなってきているからだといわれています。

アメリカやヨーロッパでは、日本のパーセンテージを遥かに超えるアレルギー性鼻炎(枯れ草熱といいます)が蔓延しています。
日本人の洋食化による栄養不足や、 ストレスの強い生活などを考え合わせると、今後日本の花粉症発症率も、どんどん欧米に近づいていくと思われます。
これからは花粉症の改善だけでなく、予防も考えないといけない時期にきているのかもしれません。

花粉症は外気に触れやすい粘膜を中心に アレルギー症状が現れますから、今年は粘膜を強化して花粉の侵入を許さないようにしてみてはいかがでしょうか?

次項も続きをお送りします。

マルチミネラル マリンコラーゲン MSMサプリメント

花粉症が始まる前にしておく事 粘膜を鍛えヒスタミンを作らせない 2

ブロメライン外気に触れやすい粘膜としては空気の通り道の鼻とノドです、それから アレルギー性鼻炎で辛いのは目ですね。
目の結膜(まぶたの上下の部分)の粘膜は組織としても弱く、チョットした掻き崩しでも炎症が悪化しやすくなります。
炎症が悪化して粘膜を傷つけてしまうと、更にそこから花粉が侵入して症状を悪化させます。

また意外と盲点ですが、胃腸も気をつけたほうがいいです。
胃腸も粘膜でできており、 花粉症の方だと食事や口呼吸から口腔内に取り込まれた花粉が胃腸まで送られてしまい、胃腸に存在する最強といわれる免疫機構を刺激して、全身の免疫機構を暴走させている方も多いみたいなんです。

アメリカでの調査だと花粉症や アトピー性皮膚炎の方には、タンパク質を消化する胃酸( ブロメライン)の分泌が鈍い方が多いらしく、胃でキチンと花粉が消化されないために、腸まで花粉が届いてしまい、腸の免疫機構を刺激してしまうのだそうです。

次項も続きをお送りします。

花粉症が始まる前にしておく事 粘膜を鍛えヒスタミンを作らせない 3

まず第1に、こういった状況に陥らないためにも粘膜の強化は必要です!

粘膜は比較的弱い組織でチョットしたことで傷ついてしまいます、特に アレルギー性鼻炎や アトピー性皮膚炎などの アレルギーの方は花粉などのアレルゲンの侵入により、グロブリンE(IgE)という免疫抗体が異常分泌して肥満細胞を刺激して、ヒスタミンという炎症物質を作りやすい体質で、ヒスタミンが粘膜部分の血管に働きかけて、血管の浸透圧を高めて水分や白血球を滲み出させて、目や鼻の粘膜部分が腫れぼったくなる 花粉症症状を示してしまいます。

花粉症の時期に目の周りを赤く腫らしている方は、ヒスタミンによって粘膜の血管が炎症を起こして、目の回りで水分や白血球が水漏れを起こしやすい方だと思っていただいて良いと思います。
そういった方は丈夫で強い粘膜を作るために、粘膜の材料となる 硫黄を補給してください。

次項も続きをお送りします。

花粉症

花粉症が始まる前にしておく事 粘膜を鍛えヒスタミンを作らせない 4

硫黄は「ハロー!ビタミン」の長期ご購読者様でしたら、頻繁に登場する MSMサプリメントというサプリメントの事だなとすぐにお判りいただけると思います。
硫黄は先にも少し登場しましたが コラーゲンを作る材料になります。
コラーゲンは皮膚の70%を占める組織でスプリング状をした弾性組織(お肌の弾力の元はコラーゲン)です。コラーゲンはまさに全身に分布しており アレルギー性鼻炎で重要な粘膜だけでなく内臓組織や骨なんかにもタップリと必要です。

コラーゲンが作れないとお肌は しわになりますし骨は簡単に折れてしまいます。
ご年配者が比較的にシワが多く、チョット転ぶだけで 骨が折れるのは カルシウムが足りないということもありますが、その原因の多くはコラーゲンを作れていないからだと言っていいと思います。

コラーゲンが作られない理由としては、食事から摂る硫黄は無機硫黄という吸収しにくい硫黄で、20歳~25歳を過ぎる頃から吸収量がガクッと減ってしまうからなのです。
硫黄は体内の比率でいくとカルシウムや マグネシウムの次に多いミネラルで非常に多くの量が必要です。
食事から吸収ができない硫黄を有機硫黄(MSMサプリメント)というサプリメントで補うことで、花粉症に大切な粘膜に弾性を持たせて、掻き崩しによる欠損が起こりにくくすることができます。

次項も続きをお送りします。

マリンコラーゲン カルシウム マグネシウム

花粉症が始まる前にしておく事 粘膜を鍛えヒスタミンを作らせない 5

もともと浸透圧が普通の皮膚と較べて高い粘膜は、花粉などのアレルゲンに反応してヒスタミンを作りやすい組織ですから、コラーゲンを十分に作って花粉の侵入を許さない強い粘膜を作りましょう。
ビタミンB群や 亜鉛でタンパク質の代謝を上げて、粘膜の細胞の入れ替わりの新陳代謝を引き上げることもアレルギー性鼻炎の時期が近づいている時は重要です。

MSMサプリメントなどで密度の濃い粘膜を作ったら、花粉や 活性酸素などの粘膜に対する攻撃から粘膜を守るベータカロチン(ビタミンA)も非常に重要です。

ベータカロチン(ビタミンA)は粘膜の組織全体に分布して花粉や活性酸素から粘膜を守ります。
アメリカでは米国食品医薬品局が、インフルエンザによる肺炎や多臓器不全(内臓は粘膜でできています)の危険から、ご高齢者を守るために、冬の時期には特にお年寄りに摂取を薦めています。

粘膜である肺や内臓を守るという意味においてはベータカロチン(ビタミンA)はそれほど評価されているのです、 アレルギー性鼻炎のためにもベータカロチン(ビタミンA)で粘膜強化を行いましょう。

次項も続きをお送りします。

ビタミンB 亜鉛サプリメント ベータカロチン(ビタミンA)

花粉症が始まる前にしておく事 粘膜を鍛えヒスタミンを作らせない 6

次に、ヒスタミンを作らない方法についてです。

ヒスタミンというのは アレルギー性鼻炎の方なら間違いなく聞いたことがあるのではないでしょうか。
そうです、あのかゆみの元凶ですね。
1度でも 花粉症を経験されている方なら、親の敵よりも憎い存在ではないでしょうか・・・

日本だと花粉症用の医薬品として一番使われるのが 抗ヒスタミン剤です。

先ほどの粘膜のところにも出てきましたが、ヒスタミンは花粉症による腫れぼったい目の原因であり、またヒスタミンは目の角膜にある神経組織を刺激して、強い かゆみを引き起こしたりで、花粉症の時期には暴れ放題やり放題の炎症物質です。

ヒスタミンを抑えるために使われる医薬品は、人によって眠気を誘ったり不快な気分にしたりで、全面的に歓迎できないところがありますね。
でもご安心下さい、ヒスタミンというのはアメリカの研究で、十分に分泌抑制が可能だと証明されています。

次項も続きをお送りします。

花粉症

花粉症が始まる前にしておく事 粘膜を鍛えヒスタミンを作らせない 7

アレルギー性鼻炎は アトピー性皮膚炎と同じタイプのアレルギーに属します。
同じタイプというのは花粉などのアレルゲンの侵入によって、分泌される免疫抗体の種類によって分けられており、 花粉症はアトピー性皮膚炎と同じ、グロブリンE(IgE)という免疫抗体が分泌されるのです。

まず花粉の侵入が起こります、これは主に鼻や目、ノドや胃腸への侵入です。

花粉症の方は花粉が体外の粘膜部分に触れると(胃腸も医学的には体外なのです)グロブリンE(IgE)が分泌されます。
その分泌量は花粉症などの アレルギーではない方の数100倍~数万倍です。

グロブリンE(IgE)は血液中に放出され肥満細胞という細胞のレセプター(鍵穴)に差し込まれ、肥満細胞の内部に大量のヒスタミンが作られます。
肥満細胞は名前の通りでヒスタミンを内部に抱えたまま丸々と太り、限界に達すると肥満細胞が破れて大量のヒスタミンが血液中にバラ撒かれます。

次項も続きをお送りします。

お気軽にお問い合わせください TEL 0120-077-273 平日 10:00~17:00
携帯からは03-6277-0346

PAGETOP
Copyright © Since 1999-2016 AMERICAN VITAMIN SHOP. All Rights Reserved.