Just another WordPress site

花粉症についてのアメリカでの研究成果

  • HOME »
  • 花粉症についてのアメリカでの研究成果

の研究成果 6

Ⅰ型アレルギー( アレルギー性鼻炎、 アトピー性皮膚炎)で判っている5つの炎症の原因。
(ただし今後も様々な原因が発見される可能性が高い、つまり未発見の原因もあるので以下の原因を改善すれば花粉症が完治するというものではありません。現時点での最高位の情報です)

【1】腸内の善玉菌バランスの乱れによる、 ビオチン( ビタミンH)の不足。
【2】ビオチン(ビタミンH)を使って脂肪酸から消炎系のプロスタグランジンが作れない。
【3】免疫系の異常により、閾値の問題や 活性酸素が大量発生し、それを処理できない。
【4】たんぱく質を消化する 消化酵素の分泌が悪く、未消化のまま吸収される。
【5】 亜鉛などの栄養素の不足により細胞分裂が鈍くなりアラキドン酸が大量に流出する。

次項も続きをお送りします。

ビオチン(ビタミンH) 亜鉛サプリメント

花粉症についてのアメリカでの研究成果 7

前項の原因とその対策サプリメントはこちらの「 アレルギー性鼻炎」に載せております、よろしければ理論と一緒にご覧ください。

先ほども出てきました閾値の問題は【3】に分類されますし、上記の5つの炎症の原因だけで解決するのではなく、実際に鼻や目で起こってしまっている現象を和らげる方法もアメリカやヨーロッパでは研究が進んでいます。

日本では花粉症を和らげるために肥満細胞から流れ出るヒスタミンを抑制する 抗ヒスタミン剤が医薬品として投与されることが多いようですが、抗ヒスタミン剤はヒトによっては眠気などを引き起こすこともあり仕事や社会生活に支障がでるとしてアメリカではあまり使われません。

アメリカでは閾値を引き上げる栄養素や鼻や目の炎症を緩和する ケルセチンというハーブが使われるこ とが多く、アレルギー性鼻炎(枯れ草熱)の時期になると大量に売れる栄養素やケルセチンのようなハーブをできれば日本でも使ってみてはいかがでしょうか。

次項も続きをお送りします。

花粉症についてのアメリカでの研究成果 8

実用本位のアメリカ人が アレルギー性鼻炎用として選んだサプリメントですので、それなりの結果を期待できる方も多いのではないでしょうか?

サプリメント補給以外で気をつけていただきたいのは、花粉症の時期だけでも、規則正しい生活習慣を実践するとか、食習慣においても野菜を中心にした日本食の食事を心がけるだけでも症状の出方は違ってくる、という栄養学者は多いようですから気をつけてみてください。

とりあえずアメリカでアレルギー性鼻炎(枯れ草熱)の時期に大幅に売り上げを伸ばすサプリメントを次項でご紹介します。
自分の体質にあった 花粉症用サプリメントを探してみてください。

次項も続きをお送りします。

花粉症

花粉症についてのアメリカでの研究成果 9

・ パントテン酸
ビタミンB群の1つ、副腎皮質を強化して抗アレルギーホルモンの分泌を促すとして人気。

・ ケルセチン
ハーブ、閾値を上げるのに貢献、ヨーロッパでは一部医薬品として認める国もあり。花粉症が始まる前に飲むのがコツ。

・ ブロメライン
たんぱく質消化酵素、鼻や目の炎症を起こすフィブリンという物質を溶かして血流を良くし花粉症の不快感を消す、対症療法としてアメリカで人気が高い。

・ 霊芝(レイシ) マイタケ シイタケエキス
ガンテリックオシドが主成分、ヒスタミンの流出を抑える、長期摂取でグロブリンE(IgE)の分泌を抑制して花粉症を改善。

・ EPAと DHA( オメガ3)
魚の油免疫抑制効果があり炎症を起こすプロスタグランジンを抑制して花粉症を改善。

・ 共役リノール酸( トナリン CLA)
リノール酸に微量含まれる脂肪酸、グロブリンE(IgE)の分泌を抑制する働きのあるグロブリンAやグロブリンGの分泌を促進して花粉症を改善。

次項も続きをお送りします。

パントテン酸 ブロメライン 霊芝(レイシ) マイタケ シイタケエキス 共役リノール酸

花粉症についてのアメリカでの研究成果 10

ところで アレルギー性鼻炎のメカニズムって最近は大分究明されてきていまして、皆さんもよくお聞きになると思うのですが、ヒスタミンって聞いたことがありませんか?

テレビCMでもよくやっていますが、ヒスタミンが花粉症の鼻や目の粘膜を炎症させる最大の原因といわれていますね。
このヒスタミンをやっつけるのが 抗ヒスタミン剤でイロイロな種類が医薬品になっていますし、実際に効果はかなり高いものも多くなっています。

でもこの抗ヒスタミン剤はご使用になられた方はご存知だと思うのですが、人によっては 花粉症症状ではなく、眠気やダルさなど様々な日常的な別の問題を引き起こすんですよね。

次項も続きをお送りします。

お気軽にお問い合わせください TEL 0120-077-273 平日 10:00~17:00
携帯からは03-6277-0346

PAGETOP
Copyright © Since 1999-2016 AMERICAN VITAMIN SHOP. All Rights Reserved.