Just another WordPress site

花粉症に有効なアントシアニンの粘膜の再構成効果

  • HOME »
  • 花粉症に有効なアントシアニンの粘膜の再構成効果

花粉症に有効なアントシアニンの粘膜の再構成効果 1

アレルギー性鼻炎の改善効果のあるサプリメントを摂取して、 花粉症を改善していきますが、炎症により傷ついた粘膜から 花粉が侵入し、なかなか粘膜が戻らないという問題も起きているようです。

アレルギー性鼻炎によって引き起こされる粘膜の炎症は、細胞レベルで見てみると、 活性酸素が細胞膜を攻撃し、細胞膜の脂質が酸化されて細胞そのものが壊されて、炎症を引き起こしています。

この炎症により破れた細胞の間からスギ花粉やヒノキ花粉などの 花粉がどんどん侵入してきて、炎症が治まらないというのが原因のようです。

次項も続きをお送りします。

花粉症のブロメライン

花粉症に有効なアントシアニンの粘膜の再構成効果 2

・ ビタミンCサプリメント
・ ビタミンP
・ ベータカロチン(ビタミンA)
・ ビタミンB群
・ 亜鉛
・ オルニチン
・ MSMサプリメント

以上の栄養素はお互いを補完しあい、足らないものがあれば、別の栄養素がその役割を取って換わることが可能です。

ベータカロチン(ビタミンA)やMSMサプリメントを取ることで丈夫な膜組織を作ってくれます。

次項も続きをお送りします。

ベータカロチン(ビタミンA) 亜鉛サプリメント オルニチン MSMサプリメント

花粉症に有効なアントシアニンの粘膜の再構成効果 3

ビタミンPというと、蕎麦やバラの実に含まれるルチンやフラボノイドをいいますが、その中に特に強い コラーゲン生成能力をもつ栄養素があります。

アントシアニンという抗酸化作用が有名な物質です。

フランスの海岸松から抽出される ピクノジェノール、 ブドウ種子エキスや赤ワインなどに多く含まれる物質で、今最も注目を集めている健康物質といっても良いと思います。

このアントシアニンは「栄養学とサプリメント」のアレルギーの項目などで、イロイロ紹介させていただいておりますので、詳しくはそちらをご覧いただくとして、今回は コラーゲンとエラスチンの合成と成熟を助ける栄養素として紹介させていただきます。

粘膜が新生する場合、粘膜の真皮にあたる基底細胞の、規則正しい分裂が必要です。
その時にはコラーゲンを生成し、粘膜を構成する要素として成熟させる必要があるのですが、アントシアニンには非常に強い効果が確認されています。

多くの実験でも、 ベータカロチン(ビタミンA)と一緒にアントシアニンを摂取することで、粘膜を守る効果が期待されています。

また、ベータカロチン(ビタミンA)自体にも、 活性酸素を抑制し、侵入してきた花粉を無害化し、 アレルギー性鼻炎による粘膜の炎症を抑える働きがあります。

ビタミンC(ビタミンP) マリンコラーゲン ピクノジェノール ブドウ種子エキス(アントシアニン)

お気軽にお問い合わせください TEL 0120-077-273 平日 10:00~17:00
携帯からは03-6277-0346

PAGETOP
Copyright © Since 1999-2016 AMERICAN VITAMIN SHOP. All Rights Reserved.